大会情報

  • 日程 2022年02月27日(日)
  • 会場 東京体育館
  • 開催日時概要

    11:30開場/12:00プレリミナリーファイト開始/13:00本戦開始
    ※開場・開始時間が変更になりました

大会概要

  • 概要

    ※観戦時の主な注意事項※
    https://www.k-1.co.jp/news/35896/

  • 主催・後援

    ◆主催・著作 K-1実行委員会
    ◆企画・制作 株式会社M-1スポーツメディア
    ◆後援 日刊スポーツ新聞社/スポーツニッポン新聞社
    ◆運営 株式会社グッドルーザー

  • アクセス

    〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目17−1
    ※JR総武線「千駄ケ谷駅」から徒歩1分

対戦カード

プレリミナリーファイト第1試合/-52kg契約/3分3R


大久保 琉唯 Okubo Rui

プレリミナリーファイト第1試合/-52kg契約/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:26/30:27
  • ×
x

西林 翔平 Nishibayashi Shohei

昨年のK-1甲子園王者&K-1アマチュア全日本王者で、K-1 AWARDS 2021のアマチュアMVPにも選ばれた大久保がプロデビュー。1R、オーソドックスの両者。大久保がワンツーボディからハイキック気味の右ヒザでダウンを奪取。立ち上がった西林をコーナーに詰め、大久保が右バックスピンキックを浴びせる。西林が距離を詰めワンツーを見せると、大久保はリーチの長い左ジャブから右カーフキックと上下に散らす。

2R、左右のパンチを振る大久保に西林が打ち合いに応じる。距離を取ると大久保がワンツーから左ハイキック。西林の入り際に大久保は右ヒザを顔面に合わせる。西林は頭から突っ込み左右フックをボディへ集中。頭を振りながら西林がオーバーハンドの右フックを浅くヒットする。

3R、距離を詰める西林が左ジャブから左右ボディ。大久保は西林の入り際に右ヒザ、左ミドルを合わせ突き放す。西林は頭から入り距離を詰めフックを上下に散らす。多くぼっは打ち下ろす右ストレートで突き放すが、西林が前に出て距離を詰める。両者パンチを交換するまま試合終了のゴング。判定は30-27、30-26、30-27でが大久保が判定勝利を飾った。

プレリミナリーファイト第2試合/K-1フェザー級/3分3R


天野 颯大 Amano Sota

プレリミナリーファイト第2試合/K-1フェザー級/3分3R

  • ●
  • KO
    • 3R 2分51秒
  • ×
x

田中 聡 Tanaka Satoshi

昨年のK-1甲子園王者・天野とK-1アマチュア王者・田中の対戦。1R、両者細かいスイッチを見せながらジャブ、ローを交換。田中の右カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)で天野の左足がやや流れる。天野は距離を詰めワンツー。オーソドックスに構えた天野が右カーフキックを織り交ぜる。ラウンド終盤にはコーナーを背負う田中に天野がワンツーで飛び込む。

2R、開始早々、天野がワンツーをヒット。コーナーを背負った田中へワンツーから右飛びヒザ蹴り。リング中央に戻った田中は左フックをヒットし天野がぐらつく。ロープを背負った天野へ田中が右フック、右ハイキックで追撃。鼻血を流す天野は足を使い回復。ワンツー右ヒザ蹴りで押し返すも、ラウンド終了直前に田中が打ちおろしの右ストレートで大きくぐらつく。

3R、前に出る天野へ田中が右カーフを合わせる。天野の打ち終わりにパンチ、左ミドルを合わせる田中。入りきれない天野へ田中が長い右ストレート。奥足への左ローで天野が右足にダメージを抱える。鼻血を流す天野にドクターチェックが入るも試合再開。飛びヒザ蹴りを見せた天野へ、田中が奥足への左ローを立て続けにヒット。足を引きずる天野をコーナーに詰め田中がパンチから左ローを上下に散らすとレフェリーが天野にスタンディングダウンを宣告する。ダメージ大とみたレフェリーがそのまま試合を止め、田中が3R2分51秒でKO勝利を収めた。

プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R


古宮 晴 Furumiya Haru

プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:28/30:28/30:28
  • ×
x

下村 泰平 Shimomura Taihei

K-1甲子園王者(古宮)vsK-1アマチュア全日本王者(下村)となった一戦。1R、古宮の左ローに下村が右ストレートを合わせる。圧力をかける下村へ古宮はスイッチしながら左右のジャブ。古宮の入り際に下村が左ジャブ、右ストレートを合わせていく。古宮が左ジャブを突き刺すと、下村も上体を振りながら右フックを被せていく。

2R、下村が圧力をかけ前進。スイッチした古宮は右ジャブ、右ローを細かくヒット。上体を振る下村へ古宮が左を伸ばし浅くヒット。下村の入り際に右ロー、左ストレート。左ミドルで距離を取る。古宮の飛びヒザ蹴りに合わせた下村の右ミドルがローブローとなり一時中断。再開後に再び下村の右ローがローブローとなり再中断となり、下村の注意が与えられる。再開後、圧力をかける下村へ古宮が右フックを合わせる。前進する下村に古宮が右ジャブをヒット。返す下村の右ストレートは空を切る。

3R、サウスポーの古宮へ下村が圧力をかけワンツー。古宮は左ストレート、左ミドルで下村の前進を押し返す。鼻血を出しながら前に出る下村へ古宮は左ストレート。左ジャブから左ハイキックを浴びた下村が一瞬動きを止める。左ストレートから右を返す古宮がヒット数を稼ぎ、下村のパンチは空を切る。手を止めずに前に出る下村を古宮がさばききるまま試合終了のゴング。判定はジャッジ三者とも30-28で古宮が勝利を収めた。

プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R


光佑 Kosuke

プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R

  • ●
  • KO
    • 3R 1分19秒
  • ×
x

“狂拳”迅 "Kyoken" Jin

1R、開始早々、迅が飛びヒザ蹴り。リング中央に陣取る光佑が左ジャブから右ロー。足を使う迅が左ジャブ。右カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)で光佑の足を流す。ガードを固め右ローを放つ光佑へ迅が右ロー、右前蹴り。光佑の入り際に迅が右ボディから上下にパンチを散らす。

2R、外から鋭い右カーフ、右ストレートを放つ迅。ガードを固め前に出る光佑へ右カーフ。左ローと散らし光佑の左足を削る。光佑の重いローに迅が左前蹴り、右ストレートから左フックとコンビーネーション。ホールディングで警告を受けた光佑を迅が右ボディ、右アッパーと多彩な攻撃で攻め立てる。

3R、光佑の入り際に迅が右カーフ、右フック、右バックスピンと多彩な技を合わせる。光佑へのローブローで一時中断。再開後に右ストレートから右カーフキックで迅がダウンを奪う。立ち上がった光佑が前に出るも迅が再び右カーフ。追撃のワンツーが空を切るもそのまま光佑が2度目のダウン。レフェリーが試合を止め、迅が2年振りの復帰戦を3R1分19秒KO勝利で飾った。

K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R


倉田 永輝 Kurata Eiki

K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 1R 2分28秒
  • ×
x

愛瑠斗 Eruto

K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイトとして行われる一戦。1R、開始早々、倉田が左ハイキック。左ジャブから右ローと積極的に手数を出していく。愛瑠斗は強引に前に出て距離を詰めると、コーナーを背負った倉田へ左飛びヒザ蹴り。前に出る愛瑠斗へ倉田は右フックを合わせる。飛び込む愛瑠斗に倉田が左ジャブ、左フックで愛瑠斗の動きを止め、後退する愛瑠斗に右フックの2連打を浴びせ愛瑠斗からダウンを奪う。立ち上がった愛瑠斗は左ミドル、右バックスピンと蹴りを連打。左前蹴りから右フックで距離を詰めるも、倉田のパンチからつないだ左ハイキックが直撃。愛瑠斗が2度目のダウンを喫し、倉田が1R2分28秒KO勝利でリザーバーの権利を手にした。

■試合後の倉田のコメント
「(試合の感想は?)自分の殻を破れたじゃないですけど、一つ壁を越えられたなというのは感じます。(試合前と後での対戦相手の印象は?)特に変わってないですかね。同い年というのもあったので、絶対負けられないなという気持ちで挑めました。(グイグイ押せていたと思いますが)ギリギリのオファーでスタミナにちょっと不安があったので、1Rで決着つけたいなと思っていたので、よかったと思います。(トーナメントに入れたことについては?)もともとやってた階級よりは1個上の階級で、特にライバル視とかはしてなかったんですけど、今回から階級とかも改めて考えたいなとは思ってます。(ファンにメッセージを)今日一つ、自分の中で壁を越えれたなと思うので、今後はこのまま軌道に乗って勝ち続けたいと思うので、変わらず応援よろしくお願いします」

■試合後の愛瑠斗のコメント
「(試合の感想は?)シンプルに相手が強かったなという感想です。(試合前と後での対戦相手の印象は?)試合前も試合後も、パンチが強いという印象です。(パワーと圧力で、やりたいようにさせてもらえなかった?)圧力はそんなに感じなかったんですけど、パンチできたので焦っちゃって自分もパンチでいっちゃって、もらっちゃったという感じですね。(ファンにメッセージを)こういう情けない試合をしてすみませんでした。次はもっとパワーアップして帰ってくるので、応援よろしくお願いします」

第1試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R


金子 晃大 Kaneko Akihiro

第1試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 1分17秒
  • ×
x

黒田 勇斗 Kuroda Yuto

 武尊、武居由樹に続く第3代スーパー・バンタム級王者を決めるトーナメント。優勝候補の一角である金子と、番狂わせを狙う黒田の対戦。1R、長身の黒田へ金子が左右ローで様子見。金子が右ハイキックをガードさせると、黒田の左ハイキックをスウェーでかわす。圧力をかける金子が飛び込んで左フック。下がる黒田へ金子が左ボディを突き刺す。黒田の左ジャブに合わせ、金子が距離を詰めワンツー。コーナーへ下がる黒田へ右飛びヒザ蹴りを浴びせる。黒田はガードを固めながら右ローを返す。

2R、金子が圧力をかけ前進。左右ローを黒田の左足へ集中させる。黒田の右ローをすかした金子が右ロー。黒田は左ローの2連打。飛びヒザ蹴りと大技を見せるが、金子はガード。圧力をかける金子が右ローを重ね、黒田のバランスを崩す。

3R、金子が左右ローから左ミドル。黒田が前進しワンツーを見せると、カウンターで合わせた金子の左フックがクリーンヒットし黒田がダウンを喫する。黒田は右ハイ、右ストレートと手数を増やす。金子は左ローからオーバーハンドに右フック。コーナーを背負った黒田に左ボディ。最後は右ストレートをねじ込み2度目のダウンを奪取。3R2分17秒で金子がKO勝利を収め、トーナメント準決勝進出一番乗りを果たした。

■試合後の黒田勇斗のコメント
「(試合の感想は?)あんまり覚えてなくて、いまちょっとずつ思い出してるところなんですけど。まあ、相手のほうが強かったんだなって思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)印象はべつに試合前と試合後で変わらないですけど。まあ、ちょっと覚えてないんで、これから映像とか見直したいと思います。(前半はペースを保てていたと思うが記憶にない?)そうですね、1Rはちょこちょこ覚えてるんですけど、2R終わってセコンドに戻ったときとかは思い出せないですね。1Rはまだなんとなく覚えてるんで、自分のペースじゃないですけど、やろうとしてたことは出せてたかなと思います。(トーナメント初戦敗退については?)これが世界の実力で、いまの僕の実力だと思うので、しっかり映像とか見直して、この舞台でしっかり戦っていけるように。僕の目指してるところはK-1の世界チャンピオンなんで。そこ目指して、またイチからやっていきたいなと思ってます。(ファンにメッセージを)応援していただいたかた、ありがとうございました。結果は残念なかたちになってしまったんですけど、ここからまた這い上がってチャンピオンになるんで、みなさんこれからも応援よろしくお願いします」

第2試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R


璃明武 Riamu

第2試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:29/30:29/30:29
  • ×
x

一航 Ikko

 昨年10月に第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントを制し、現役王者としてトーナメントに出場する璃明武。2連続のワンデートーナメントでKrush、K-1の連続戴冠を目指す。対する一航は若干20歳でムエタイ三冠を誇る実力者。K-1初参戦で四天王食い、そしてK-1王座戴冠を目指す。

 1R、開始早々璃明武が右ローキック。リングの中央に位置する一航へ璃明武が強い右ローを放つ。上半身でリズムを取るムエタイ風の構えから一航が右ミドル。一航の右ローに璃明武が左右フックを合わせる。左ジャブを突き刺す璃明武に合わせた一航の右は空転。その打ち終わりに璃明武が左ジャブを再び合わせる。先に手を出す一航に、打ち終わりに合わせる璃明武の図式。

 2R、上半身を揺らす一航へ璃明武が左右のロー。璃明武の左ジャブ連打へ一航が左ミドル。ガードを固める一航へ璃明武が左右フックのコンビネーションをまとめる。一航の蹴りにパンチを合わせる璃明武。左ドルの打ち終わりにジャブを顔面に突き刺し、一航の打ち返す左フックはバックステップで空転させる。

 3R、蹴りで圧力をかける一航へ、璃明武は鋭い左ジャブでけん制。一航が左のミドル、ハイをバックステップで空転させる璃明武。パンチで距離を詰め、左ミドルを着実にヒットさせる。さらに左ジャブで距離を測り、右ロー、右ミドル。左ボディで飛び込む一航にバックステップで距離を取ると、璃明武は前蹴りでで突き放し、終了直前に右ストレートをヒット。試合終了のゴングがなると璃明武は真っ先に右手を挙げ勝利をアピールした。ジャッジは三者とも30-29で璃明武の勝利を支持。ムエタイ三冠王に勝利して、金子晃大が待つ準決勝へコマを進めた。

■試合後の一航のコメント
「(試合の感想は?)K-1という舞台に立ててすごくうれしかったんですけど……けっこう自信もあって、本気で優勝する気でいて、コメントとかでも『こいつ誰?』とか『噛ませ犬』とか言われてて、それがちょっとイヤで、本当は試合で見せたかったんですけど、こういう結果になってしまって本当に悔しいです。でも、全然こんなもんじゃないんで、次、呼んでいただけたら試合で見せます。(試合前と後での対戦相手の印象は?)けっこうガツガツくるイメージがあったので、自分も打ち合いにいこうと思ってたんですけど、たぶん自分の対策をされてて、やりづらい方向でやられて。やっぱりKrushのチャンピオンはそういうところすごくうまいんだなあと思って、ハメられたという感じです。

(K-1ルールと、それに慣れた相手についてのやりづらさは感じた?)もし総合ルールとかでルールを増やすとかだったらちょっと大変だと思うんですけど、減らす分には、全然苦労はしなかったですね。やっぱりヒジとかはなかなか出すものじゃないんで。首相撲は、無意識に組んじゃって『あっ!』っていう場面はあったんですけど、そんなに難しくはなかったですね。また呼んでほしいです。そのときにはもっともっと、K-1に近いムエタイをしたいです。(ファンにメッセージを)今回は口だけになってしまったんですけど、もっともっとやれるので、自分を信じて応援してください。ぜひよろしくお願いします。すみませんでした」

第3試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R


玖村 将史 Kumura Masashi

第3試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 1R 1分24秒
  • ×
x

鬼山 桃太朗 Kiyama Momotaro

 2019年のK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント決勝で武居由樹に敗れて以降4連勝と圧倒的な強さを見せる玖村。優勝候補筆頭の呼び声を受けながらトーナメント1回戦に挑む。対する鬼山は第6代Bigbangスーパー・バンタム級王者の肩書きを持ち、昨年10月の第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントでは準優勝の実績を誇る。

 1R、リングの中央に陣取りべた足の玖村。距離を詰める鬼山に右から左のフック。入り際に左ボディから左フックのダブルを放つ。下がる鬼山に右三日月蹴りを突き刺しコーナーを背負わせると、さらに左三日月蹴りを直撃。ワンテンポ遅れて鬼山がうずくまるようにダウンを喫する。鬼山の悶絶の表情を見たレフェリーは即座に試合をストップ。玖村が優勝候補筆頭の評価に恥じない1R1分24秒のKO劇で、準決勝への切符を手にした。

■試合後の鬼山のコメント
「(試合の感想は?)何もできなかったかなという印象ですね。(試合前と後での対戦相手の印象は?)予想通り強かったかなと、別に前と後でそんなに変わらないですけど、自分の問題かなと思います。(早い段階から下がらされた?)最初の三日月蹴りがすごくイヤで、前に出るという作戦だったんですけど、そこで足を止められたというか。(それがフィニッシュの三日月にもつながった?)そうですね。1発目からイヤで、三日月は全部もらったので。(玖村選手は1年ぶりの試合でしたが、それ以前と違った部分は?)いや、別に1年前と比べて違うとは思わなかったですね。強かったです。一番は左の蹴りが予想よりも速くて、見えづらかったです。(ファンにメッセージを)何回もいろんな人を裏切ってしまったので、自分の中でいろいろ考えたいと思います」

第4試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R


佐々木 洵樹 Sasaki Junki

第4試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 3-0
      10:9/10:9/10:9
  • ×
x

内田 晶 Uchida Sho

 前戦で一度は引退を匂わせるも、再びリングに舞い戻った佐々木。盟友・武居由樹が巻いていたK-1スーパー・バンタム級のベルトを再びPOWER OF DREAMへ持ち帰えることができるか。対する内田は昨年行われた第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントで優勝候補の一角・小倉尚也を下す波乱を巻き起こしたダークホース。東北へ初のK-1王座を持ち帰るために四天王・佐々木へ挑む。

 1R、サウスポーの佐々木が軽いステップから伸びる左ストレート。スイッチを見せる佐々木に内田が右ミドル。入り際にタイミングを合わせた右ストレートで、佐々木が尻餅をつくが、これはスリップ。入りながら放つ佐々木の左ストレートに、内田は右を合わせる。

 2R、佐々木の入り際に内田が右のインロー。足を使い位置を変え続ける佐々木に、内田は右ロー、右ミドルで追う。繰り返されるもみ合いの中で、佐々木が右目尻を小さくカット。さらに左ストレートで飛び込む佐々木と内田がそのままもつれ込むシーンが増える。

 3R、佐々木が右ジャブから左ミドル。スイッチしオーソドックスから左前蹴りを内田の顔面へ蹴り込む。コーナーを背負う内田へ左ボディの連打を見せるのは佐々木。内田が口を切り、口内に鮮血が見える。右ジャブ、右前蹴りで距離を取る佐々木。内田へのローブローで一時中断。再開後に内田が放つ右ハイキックは佐々木がスウェー。距離を詰めた佐々木に内田の右ストレートが浅くヒットしたところで試合終了のゴング。判定は1者が29-30で内田を支持するも、2者が30-30のドロー。トーナメント初の延長戦へも連れ込む。

 延長R、内田の右ミドルに佐々木は右前蹴りで距離を作る。パンチの交錯からもつれ合う展開の両者。青コーナーを背負う内田の右ストレートへ佐々木が左フック。内田も佐々木の前進に右ストレートを合わせる。佐々木の前蹴りに内田も前蹴りで応戦。終了直前に内田の右ストレートが浅く佐々木の顔面を捉えたところでゴングが鳴った。延長戦のジャッジは3者とも佐々木勝利を支持。大接戦を制した佐々木が玖村が待つ準決勝へ歩を進めた。

■試合後の内田のコメント
「(試合の感想は?)ただただ悔しい、それだけです。(試合前と後での対戦相手の印象は?)やっぱ一緒で、パンチの技術がうまいなと思いました。(延長までいく接戦でしたが、手応えは?)3Rまで戦っていけるかなという気持ちはあったんですけど、そこで延長で負けてしまったので、気持ちで負けたかなと思います。(ファンにメッセージを)四天王と言われてる4人が全部勝ち上がって、自分としても悔しいし情けない気持ちなんですけど、このトーナメントをしっかり目に焼き付けて、自分もまた考えてやっていきたいと思います」

第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R


里見 柚己 Satomi Yuzuki

第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 2-1
      9:10/10:9/10:9
  • ×
x

龍華 Ryuka

 里見は昨年9月のKrushライト級王座決定トーナメント決勝で瓦田脩二に敗北して以来の再起戦。対する龍華は目下8連勝と絶好調。本大会で組まれた3つのライト級戦の1試合目で存在感を示すのはどちらか。

 1R、両者サウスポー。圧力をかけるのは里見。上体を振る里見に龍華はフェイントをかけながら細かい右ローを放つ。ゆったりした構えから里見が左ハイを見せると、龍華は右ミドルで応戦。龍華の右ローが里見の下腹部に入り一時中断する。再開後の交錯で再び龍華の右ローがローブロー。再開後には龍華が左ローを里見の内ももに叩き込む。ラウンド終了直前には龍華が左ハイキックから右バックブローを放ち、里見がダッキングでかわす。

 2R、ジリジリと距離を詰める龍華。両者とも細かいローの交換でけん制しあう。龍華が遠い距離から重い左ミドル。右ジャブから繋げた左ハイが里見の側頭部をとらえ里見の動きが止まる。ガードを固めて耐え忍んだ里見は左ローの打ち合いで龍華のバランスを崩し転倒。立ち上がったところでラウンド終了のゴング。

 3R、里見が飛び込んで左ストレート。龍華は細かい右ローから重い左ローをヒット。龍華は左ミドル、左ハイを散らし里見を前に出させない。里見が大きく左フックを振るも龍華が空転させ、さらに左の蹴りでプレッシャーをかける。終盤に里見が飛び込み左ストレートを浅くヒット。ロープを背負った龍華に放った里見の右フックが顔面を捉え、龍華が棒立ちになったところで試合終了のゴングが鳴った。ジャッジは1者が29-30で龍華を支持するも、残り2者が29-29のドロー。延長Rに突入する。

 延長R、プレッシャーをかける里見が左のストレートをボディに伸ばす。ロープを背負った龍華が左右ロー、左ハイを放つも里見はスウェーで回避。コーナーにジリジリと下がる龍華へ里見が左ストレートを放つ。ラスト10秒にパンチで迫る里見。赤コーナーを背負った龍華も手数を出し、クリーンヒットがないまま試合終了のゴングが鳴った。ジャッジは1者が龍華を支持し、残り2者が里見。2Rの劣勢をはね除けた里見が逆転勝利で再起成功。龍華は連勝を8でストップした。

■試合後の里見のコメント
「(試合の感想は?)龍華選手が本当に強くて、K-1での初勝利になったんですけど、延長までいった勝利ですし、何より倒せなかったことがとても悔しく思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)動画とかで見てたよりも、蹴りがとにかく重くて、空手出身だったと思うんですけど。自分も足をケガしていると思うんですけど、試合やってみて、すごく強いなっていう印象です。(途中攻め込まれた場面もありましたが、勝てた要因は?)2R、あんまり覚えてないんですけど本当に倒される寸前まで効かされたと思うんですけど、今までの自分だったらあそこで倒れてたかもしれないです。でも今はたくさんの人に支えてもらって、本当に応援してくれる方が増えて、そういう気持ちが自分の背中を押してくれて、最後の延長の勝利になったかなと思ってます。

(K-1初勝利が、連勝中で王座挑戦にも近いと言われる龍華選手への勝利になりましたが)龍華選手はライト級トップクラスだったので、まあ延長で勝ったのであまり生意気なことは言えないんですけど、でも自分は、試合には勝ったんですけど、僅差だったので、自分は勝ったと思ってないですし、もっと上の舞台で龍華選手ともう一回戦えたらなと思ってます。(ファンにメッセージを)いつも応援ありがとうございます。ホントあれだけ『KOする』とか『やられるなら失神』とか発言してましたけど、これも里見柚己らしいかなって感じで、またもっと強くなって戻ってきて、次はK-1らしい試合ができるように準備してくるので、応援お願いします」

■試合後の龍華のコメント
「(試合の感想は?)え~と、まあ、そうっすねえ……。まあ、ダメダメでしたね。(試合前と後での対戦相手の印象は?)左ストレートを試合前から警戒してたんですけど、見えづらかったっていうイメージです。(2Rに攻め込んでいたが?)いや、一瞬効いたのかなと思ったんですけど。抱えられて耐えてたんで、次いけるかなと思ってっていう感じです。(延長の手応えは?)最後、来たんで、自分的には合わせてやったつもりだったんですけど、アグレッシヴさがたぶん足りなかったです。(3R最後の里美選手の攻撃は効いた?)そうですね、たぶん効いたっすね。(それが延長の動きにも影響を?)いや、それを警戒しすぎたのもあって、延長はラスト1分くらい、セコンドからも前に出ろって言われてたんですけど、逆に相手が出てきたんで、そこを打ち合うんじゃなく、打ち終わりを自分的には狙ったつもりだったんですけど、自分からいってないからそれが負けた原因かなって思います。(これで十代でのチャンピオンという目標からは遠ざかったが?)今日の映像をしっかりと見直して、イチからまた作り上げていこうかなと思います。(ファンにメッセージを)今回は負けてしまったんですけど、次の試合はいつになるか全然わかんないんですけど、しっかりと作り上げて、また強い姿を見せるんで応援よろしくお願いします」

第6試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R


瓦田 脩二 Kawarada Shuji

第6試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      29:30/29:30/29:30
  • ×
x

篠原 悠人 Shinohara Yuto

 昨年9月に第6代Krushライト級王座決定トーナメントを制した瓦田。8連勝を引っさげ約1年ぶりのK-1本戦へ出場する。対する篠原はライト級トップファイターに3連敗を喫するも、直近は2戦勝と復調の兆しあり。ライト級トップ戦線への復帰を目指す。

 1R、静かな立ち上がりから、瓦田が左ジャブで全身。左ロー、左三日月でプレッシャーをかける。瓦田の入り際に右フックのカウンターを合わせるのが篠原。瓦田のガードの合間に右ストレートをねじ込む。頭から押し込み距離を詰める瓦田へ、篠原は至近距離でパンチを上下に散らす。

 2R、ガードを固める瓦田へ、コーナーを背負った篠原が重いワンツー。ヒザから上下に揺れる瓦田が体ごとかぶせる右フックを叩きつける。篠原はワンツー、至近距離で右アッパーをみせ瓦田を押し返すが、瓦田の圧力は弱まらない。篠原はワンツーから右ボディ。ガードを叩かれながらも瓦田が前進を止めず至近距離で右ストレートを打ち抜く。

 3R、前進する瓦田に右フックを引っかけ回る篠原。ロープ際でのバッティング後、篠原が左で距離を測り右ストレートで突き放す。瓦田はフェイントをかけるも手が出ないか。篠原は飛び込んでワンツー。ガードのスキマを狙って左アッパー、左インローと攻撃を散らす。カモンジェスチャーで気合いを見せる瓦田へ、長いワンツーを伸ばして試合終了を迎えた。ジャッジは3者とも1ポイント差で篠原。瓦田の突進をさばききった篠原が3連勝を達成。瓦田は連勝を8でストップとなった。

■試合後の瓦田のコメント
「(試合の感想は?)ホントに、みっともない試合をしたなという感じです。(試合前と後での対戦相手の印象は?)まあ相手がどうこうというイメージは特に変わらないんですけど、自分がちゃんとした動きができなくて、いつもと違う動きをしてしまって、自分としても何がしたかったのか、よく分からない試合でした。(最初から距離を詰めるのは作戦だった?)そうっすね、ワンパターンでいってしまうと、カウンター取るのがうまい選手だったので。自分の中では、いろいろリズムを変えて入っていこうかなと思って、それがうまくハマらなくて。もっともっとジャブとか手数出して、いつもみたいに戦えば……。対策しすぎて、自分のペースで自分を出して戦うんじゃなくて、相手に合わせて戦ってしまったんだろうなあという感じです。

(迷ってしまった?)相手がカウンターを合わせてくるだろうから、自分がずらして打ちにいかないとなあと思いすぎちゃって。自分のリズムを乗せるというよりも相手に警戒し過ぎちゃってという感じですね。(ファンにメッセージを)ベルトを獲って1試合目、たくさんの方が期待して会場まで足を運んでくれて、遠くから来てくださった方もいるのに、このような情けない試合をしてしまって、ホントにみっともないと思ってますし、これを取り返せるのは試合しかないと思っているので、次の試合、全力で頑張りたいと思うので、ぜひ、これからも応援よろしくお願いします」

■試合後の篠原のコメント
「(試合の感想は?)相手もKrushチャンピオンということだったので、ここはしっかり勝ってライト級の中でもアピールしたいと思ってたので、結果として勝ててよかったなと思ってます。(試合前と後での対戦相手の印象は?)試合前からやりづらそうな相手やなと思ってたんで、そこの印象は変わらず。ガード固めて長身というのがあったので、やりづらさというのはありましたね。(相手が距離を詰めてくるのは想定していた?)瓦田選手の試合映像を見ていて、何パターンか攻めのパターンがあるのかなと思っていたので、その一つとして詰めてヒザというのはしてくるかなと予想はしていました。(試合前、新しい戦い方をしたいと言っていましたが、できましたか?)いや、もう少し蹴りも混ぜていかないと、やっぱりキックボクシングなので、そこはまだまだ課題として残ったかなとは思いますね。やっぱり僕はパンチに固執しちゃうというのがあるので、そこは次の試合までの課題かなと思います。

(同じ階級で、前の試合では龍華選手が敗れました。また今日はライト級王者も試合しますが、その中で自分の位置は?)龍華選手が8連勝ぐらいしてたと思うんで、けっこういい位置にいるのかなと思ってたら里見選手が勝ったので、そこも混沌としてきたかなという印象があって。今日の朝久選手の試合は、個人的には朝久選手が普通に勝つのかなと思ってます。ライト級はレオナ選手が階級を上げてきたりもしてるんで、選手層もけっこう厚くなってきてると思うんですけど、その中で自分は試合を一つひとつ結果で残していって、ポジションを上げていくという段階ですかね。

(先ほど美川憲一さんと一緒に囲み取材もありましたが?)もともと、誕生日が一緒というのを知ってたので、ぜひ勝って写真を撮りたいなと思ってたんで、勝って撮れてうれしかったですね。(ファンにメッセージを)今日は応援していただいた方、ありがとうございました。まだまだチャンピオンには届かないですが、1個ずつ試合をクリアしていって成長していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」

第7試合/【サイクリー Presents】スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R


小澤 海斗 Ozawa Kaito

第7試合/【サイクリー Presents】スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      29:30/29:30/29:30

  • ×
x

玖村 修平 Kumura Shuhei

 1年の空白を挟む連敗から前戦で復活の狼煙を上げた小澤。「感覚をつかむ」と位置づけた2021年を経て、2022年は王座へ一直線と宣言する。対する玖村は弟・将史と共に活躍を続ける玖村兄弟・兄。昨年5月に当時のK-1フェザー級王者・椿原龍矢に敗れるも、12月には才賀紀左衛門をKOに葬り再起を果たした。

 1R、サウスポーの小澤がガードを固め左ロー。玖村が距離を詰め右ローからガードの上へワンツーを叩き込む。ジリジリと距離を詰める玖村に真っ向から迎え撃つ小澤。飛び込んでの右ヒザ蹴りを玖村のボディへ突き刺す。ミドルの打ち合いから玖村が左バックハンドブローを放つも、小澤はダッキングで回避。

 2R、中間距離で玖村はワンツー、小澤は左ミドル。小澤は小さな右ジャブから左ミドル、左ヒザ蹴りを強打する。玖村の右ミドルに左ローを返していく小澤。ロープ際で玖村の右フックを浴びぐらつくも、小澤は手を出しゴングまでしのぎきる。

 3R、距離を詰める小澤が左ヒザ蹴りを強打。玖村は右ローで小澤の右足を流すと、右三日月をボディに突き刺す。頭から押し込む小澤が左テンカオを連打。小澤の左フックにヒザからバランスを崩すが、玖村もヒザを突き上げ小澤に攻め込ませない。頭から体ごとぶつける小澤を押し返しながらワンツーの玖村。決定打がないまま試合終了のゴングを迎えた。判定は3者とも1ポイント差で玖村の勝利を支持。意地をぶつけ合う大接戦は玖村に軍配が上がった。

■試合後の小澤のコメント
(試合の感想は?)ひと言だけですね。ショックです。次の機会、頑張ります。以上です」

■試合後の玖村修平のコメント
「(試合の感想は?)まずはしっかり勝てたことはホッとしてるんですけど、目標やったKO勝利ができなくて。弟の将史にKOでつなげなかったんで、そこはすごく悔しいなって思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)思ってた以上にパワーがあって、身体が強くて、蹴りも強くて。フィジカルが強いなっていう。蹴りで組み立てていこうかなって思ったら、蹴りも距離を外されて。得意なタイプだなって、正直思ってたんですけど、やりにくかったですね、すごく。(こんなに接戦になるとは思ってなかった?)そうですね、正直。倒せるかはわからなかったですけど、もっと圧倒できるかなっていうか、圧倒する練習をしてたんで。最後、3Rの前半は盛り返されちゃったんで、想像以上に強かったなと思います。(相手の膝蹴りは?)正直、効いたっていうのはないですけど、身体でぶつかってくるっていうか、蹴りかたがうまいなと思って。ちょっと気持ちを折られるというか、メンタルがちょっとやられちゃったなって。効いたとかではないんですけど、蹴りかたがうまかったです。

(これで才賀選手、小澤選手と名のある選手を連破したが?)そこはよかったなっていうか。とくに小澤選手はK-1フェザー級を引っ張ってきた、作ってきた一人なんで、その選手に勝てたっていうのはすごい大きい一勝だなと思うので。倒せなかったのは悔しいですけど。こういう接戦になった試合を勝ちきれたっていうのは、すごい自信になりましたね。(ファンにメッセージを)たくさんの応援ありがとうございました。KOで倒すことはできなかったですけど、しっかり勝てたので。あと、弟の将史が準決勝、決勝と勝ち抜いて優勝してくれると思うので。僕がいまからセコンドについて一緒に戦うので、玖村兄弟の日になるように、いまからセコンドがんばります。応援ありがとうございました」

第8試合/スーパーファイト/-75kg契約/3分3R・延長1R


神保 克哉 Jinbo Katsuya

第8試合/スーパーファイト/-75kg契約/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/30:27
  • ×
x

ダニロ・ザノリニ Danilo Zanolini

 -75kgの新階級設立を目指す神保。直近3連勝と絶好調の中、最終関門ともいえる難敵を迎える。対するは4つの王座を手にしたダニロ・ザノリニ。神保が新階級設立へ大きな一歩を踏み出すか、ザノリニが四冠王の意地を見せるか。

 1R、神保が左ジャブから左ロー、左ミドルと軽快な攻撃を見せる。前進する神保へザノリニはタイミングを合わせた右フックを見せる。ガードを固めた神保は左アッパー、左ボディとパンチを散らし、近づけば右カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)。ザノリニは徐々に手数を増やし、大きな右ハイキックを神保の側頭部にかすめる。

 2R、神保が左ジャブから左ミドルのコンビネーション。神保が右カーフを見せると、ザノリニも右カーフを返す。サウスポーにスイッチした神保は重い左ミドル。オーソドックスに戻した神保は踏み込んで右のテンカオを何度もザノリニのボディに突き刺す。ザノリニは右フックを返すが単発。神保はスイッチしながらジャブ、ヒザ、ミドルと攻撃を散らす。

 3R、ガードを固めるザノリニへ左右フックをまとめる神保。オーソドックスの神保の左足へ執拗に右カーフを狙うザノリニへ、神保は距離を詰めヒザ。サウスポーへスイッチして左ストレートと攻撃のバリエーションを見せる。ザノリニも右バックスピンキック。しかし前進するザノリニの右カーフに合わせた神保の右ストレートがザノリニの顔面を捉え、ダウンを奪取する。バックスピンを何度も繰り出すザノリニだが、神保には当たらず。ロープを背負いながら神保が手数を返す中試合終了のゴングを迎えた。判定はジャッジ3者が30-27と3ポイント差をつける神保の圧勝。四冠王ザノリニを撃破し4連勝で新階級設立に大きくアピールした。

■試合後の神保のコメント
「(試合の感想は?)そうっすね、やっぱ試合内容は、最終的には気合いでした。(試合前と後での対戦相手の印象は?)ホントはKOで倒したかったんですけど、クソ打たれ強くて、気持ちが強かったんで、やっぱベルト持ってるヤツはちょっと違うなって思いました。(相手の反撃やパワーについては?)自分は打たれ強いんで、気合いで全然立ってられました。(新階級には近づいた実感がある?)いや、正直、KOで勝たなきゃダメだったっすね。ああいうレベルの相手をKOで倒せるようにならないと、ちょっとダメだなって反省してます。(ファンにメッセージを)絶対新階級作ってやるんで、待っててください」

■試合後のダニロ・ザノリニのコメント
「(試合の感想は?)ひさしぶりにK-1の舞台に戻ってきて、夢の舞台でしたので、非常にうれしく思ってます。全力出しましたが、身体が固くなってしまって、負けてしまいましたけれど、100\%自分の力を出したのでよかったと思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)神保選手は試合ごとによくなっていって、日に日によくなってる選手でそういうのを見るとうれしくなります。これからも楽しみにしています。(神保選手は75kgという新階級を作ろうとしているが、今後もK-1に参戦したい?)キックボクシング選手全員にとって、K-1に75kg級ができるっていうのは夢だと思ってますので。私が復帰して、その階級を作れるように準備したいと思ってます。(ファンにメッセージを)(日本語で)みなさん、本当にありがとうございました。今日、ダニロひさしぶり、K-1のリング上がりました。メッチャうれしいです。今日、判定で負けたけどよかったです。2年ぶり、試合してないです。いまからもっと身体準備して、もう一回強くに戻って、試合やりたいです。みなさんのファン、友だちと生徒さん、応援ありがとうございます。またよろしくお願いします、押忍!」

第9試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R


山際 和希 Yamagiwa Kazuki

第9試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 0-3
      9:10/9:10/9:10
  • ×
x

中野 滉太 Nakano Kota

 第7代Krushウェルター級王座奪取から4連敗と、天国から地獄を味わった山際。約3年8カ月ぶりのK-1のリングで飛躍を目指す。対する中野は2020年10月に佐々木大蔵が持つKrushスーパー・ライト級王座に挑戦するも、痛恨の計量失敗で王座奪取ならず。約1年4カ月振りの試合でウェルター級への転向試合に臨む。

 1R、前足でリズムを取る山際へ中野が強烈な右ローを放つ。ジリジリとプレッシャーをかけるのは山際。山際の右ミドルへ中野がパンチのコンビネーションで押し返す。両者単発で強打を見せるが静かな立ち上がり。

 2R、山際が右ハイでけん制。中野と距離が詰まると山際は右三日月で突き放す。ロープを背負った山際へ中野が左右フックの連打。至近距離で中野が回転のいいコンビネーションを見せると、左フックが山際の顔面を捉える。中野が山際の右蹴り足をつかんでしまい警告。ラウンド終盤に山際の蹴りがローブローとなり一時中断。ロープを背負った山際に中野が迫ると、山際がパンチの打ち合いに応じる。

 3R、山際は中距離から右ミドル。中野は早々に山際の足をキャッチしてしまい注意。さらにキャッチを繰り返し、警告となる。再開後に中野がパンチで迫るも、またも右ミドルをつかんでしまい減点1が下される。強引に距離を詰め大振りの左右ボディを打ち込む中野。ヒットはあるが、山際も右ミドルで押し返し攻め込ませない。中野がフックで距離を詰め山際が右ミドルで押し返すまま試合終了のゴングを迎えた。ジャッジは29-29、28-29(中野)、29-29。中野優勢も減点が響き延長に突入する。

 延長R、フックを振り前進するのは中野。大振りの右フックが山際の側頭部を軽く空エル。山際は中間距離で右ミドル。パンチの手数は中野が勝るが、山際がクリーンヒットを許さず、至近距離で左ヒザを突き上げる。リング中央で山際が右ミドル、中野が左フックを交換する中で試合終了のゴング。金属音が鳴り響くと同時に中野が手を挙げ勝利をアピールした。ジャッジは3者とも中野の勝利を支持。中野が剛腕でベテラン・山際を下し、ウェルター級進出初戦を勝利で飾った。

■試合後の山際のコメント
「(試合の感想は?)ちょっとというか、かなりもったいなかったなという感じで。相手のパンチもけっこうよく見えて、ローも半分ぐらいはカットできてたので。ミドルも相手がいやがって掴んで、減点とかも取れたんで、ある程度自分の思った通りには進められたんですけど、得意の右の蹴りで攻めるつもりだったんですけど、あまり出せなくて、もったいなかったなと。特に延長はもっと蹴りたかったなというのはあります。

(試合前と後での対戦相手の印象は?)思ったより大振りでパワフルにくるなという感じで。佐々木大蔵選手とのスーパー・ライトのタイトルマッチをけっこう見てきたんで、そのときは1・2Rそんなに大振りしてなかったので、後半してくるかなと思ったんですけど、今日は最初から振ってきたので、こんなに振ってくるんだなというのはありました。あとはイメージ通りですね。

(けっこう手応えはあった?)1Rが終わったときに、いけるなっていうのはあったんですけど、右足を2Rの段階で痛めてまして、蹴れなくはなかったんですけど、『もしヒジに当たったらどうしよう』とか、あとは相手がけっこう上半身でスウェイバックをしてきたので、そこにローを蹴りたかったんですけど、それも『ヒザに当たったらどうしようか』とか、そういう迷いが出てしまって、ちょっと消極的になってしまって、もったいなかったですね。今もメチャクチャ足が痛くて引きずってますけど、根性出せば蹴れたかなっていうのはありますね。

(そこが延長Rに出てしまった?)そうですね。セコンドの城戸(康裕)さんからも『バンバン右ミドル蹴れ。蹴ったらいやがってまたキャッチもしてくるだろうから、どんどん山際のペースになるから右を蹴っていけ』っていう指示はあって、それはもう重々、頭の中では分かってたんですけど、やっぱり『ヒジに当たったらどうしよう』とか『ローがヒザに当たったらどうしよう』とか迷ってる自分がいました。

(ファンにメッセージを)今日はちょっと不甲斐ない試合を見せてしまったんですけど、まだまだ自分いけるなっていう手応えも感じたりしてですね、自分は33歳でけっこうベテランなんですけど、まだまだ強くなれるなっていう風に感じたので。中野選手はずっと小さい頃からジュニアでやってた選手で、若手ですごく勢いのある選手なんですけど、そういう選手にも全然負けないでやっていけるなっていう気持ちもあるので、まだ頑張ろうと思います。応援よろしくお願いします」

■試合後の中野のコメント
「(試合の感想は?)納得がいくような試合じゃなかったんで、次回はしっかり倒して勝てるような試合をできるように、また一から頑張りたいと思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)試合前から山際選手はすごいベテランだって分かってたんですけど、苦しい試合になるなって分かってたんで、覚悟はしてたんですけど、うまく自分の得意としてる部分が当てはまらなかったなっていう印象ですね。

(山際選手の得意なミドルはどうでしたか?)ミドルはずっと警戒して練習してたんで、そこに対しては何もなかったんですけど、ミドルをどうこうじゃなくて、戦ってるキワがうまく山際選手と噛み合わなかったなっていう感じですね。(やりたいように持っていけなかった?)そうですね。それも山際選手のうまさだと思ってるんで、そこをしっかり、自分の得意としてる部分を出せるような試合をこれからはできるように、また一から練習し直します。

(3Rの減点に至ったキャッチは無意識?)キャッチしちゃってる部分もあったと思うんですけど、してなかった部分も確かにあるので、そこに対してはいろいろありますけど、それも試合の一つだと思うんで、まあいろいろ思うところはありますが、結果として勝てたのでよかったです。(ファンにメッセージを)1年4ヵ月ぶりの試合で、すごく期待してもらってたと思うんですけど、まあ一応勝ちは勝ちなんですけど、自分の中でも納得いくような結果じゃないんで、次はしっかり、応援に来てもらってる方、見てもらってる方に分かりやすいような倒し方をするんで、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

第10試合/スーパーファイト/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R


高梨knuckle美穂 Takanashi knuckle Miho

第10試合/スーパーファイト/K-1女子ミニマム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 2-0
      30:29/29:29/30:28
  • ×
x

Yuka☆ Yuka

 K-1女子が誇る剛腕・高梨の2022年初戦。デビュー以来9連勝とパーフェクトレコードを誇るも、直近6試合は判定負けに終わっている。10連勝目をKOで飾るべく「必ずKOでぶっ倒す」と意気込む。対するYuka☆は沖縄在住の37歳にして3児の母。K-1 JAPAN GROUP2戦目にして早くも高梨との対戦のチャンスをつかんだ。

 1R、高梨が左右パンチで前進。Yuka☆は下がりながらも手数を出し、右ミドルで応戦する。高梨は右前蹴りから右ストレート、左ローと上下に散らす。Yuka☆は固いガードから右ストレートを伸ばし高梨の顔面を捉える。高梨がパンチを上下に散らしYuka☆を後退させるが、Yuka☆は高梨の打ち終わりに攻撃を返して終わる。

 2R、高梨がワンツーから左ミドルと上下に散らすコンビネーション。Yuka☆の左ジャブに右のクロスを被せていく。Yuka☆が右ボディを当てると、高梨も左ジャブから右ボディに強打で応戦。高梨がヒット数を積み重ねるが、Yuka☆は退かずにワンツーから右ローを繰り出し一進一退の印象。

 3R、高梨が左ジャブで距離を測り右の強打。左フックを上下に散らし、左テンカオ、右ミドルとバリエーション豊富な攻撃でYuka☆を攻め立てる。Yuka☆は打たれも退かず、クロス気味の右ストレート。手数は高梨が勝るが、高梨の打ち終わりに右ストレートをヒットさせ印象点を稼ぐ。高梨がロープを背負いながらパンチを交換するまま試合終了のゴングを迎える。ジャッジは1者がドローとし、2者が高梨が最大2ポイントの差をつけて判定勝利。高梨が連勝を10に伸ばすも、勝ち名乗りを受けた高梨に笑顔はなかった。

■試合後の高梨のコメント
「(試合の感想は?)倒す気満々でいったんですけど、やりたいことはちょっとはできたんですけど、2R、3Rにダメな部分が出てしまって、倒せなかったという感じで悔しいです。(試合前と後での対戦相手の印象は?)試合前からタフだと思ってたんですけど、自分が思ってたよりタフだなっていうのは感じました。

(倒せなかったのは自分の問題?)そうですね、全部自分の問題です。倒す準備は、練習の中ですごくしてきたんですよ。パンチ以外にもヒザだったりボディだったり、いろんな武器を用意してきたんですけど、そこでもうちょっと前に出れれば、もうちょっと重心を乗せれば、もっといい攻撃ができるはずだったんですけど、それができなかったので、そういう原因だと思います。

(相手の攻撃は?)前にすごく出てきて、強気な感じで。痛さはなかったんですけど、けっこうもらってたなという感じです。(ファンにメッセージを)やっぱり女子の中で私が一番強いと思われたいので、今日の反省点、課題をまた練習して、次こそはもっと自分の理想の形で戦えるように頑張りますんで、これからも応援よろしくお願いします」

第11試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R


金子 晃大 Kaneko Akihiro

第11試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 2R 2分23秒
  • ×
x

璃明武 Riamu

 第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメント準決勝。黒田勇斗を3RKOで下して準決勝に進出した金子と、一航を判定で下した璃明武が決勝の椅子を争う。

 1R、金子が左のミドル、ローをリズムよく飛ばす。璃明武は金子の打ち終わりに左フックから右ストレート。圧力をかける金子は右のローをカーフにヒット。璃明武は金子の入り際にジャブを合わせ、左右ローをカーフ気味に金子の左前足へ集中させる。

 2R、金子の右カーフで璃明武の左前足がやや流れ始める。璃明武は左ジャブから右フック。金子は右ミドルからワンツー。左ジャブから右カーフと上下に打ち分ける。圧力をかけ右カーフを打ち込む金子。飛び込んだ左フックで璃明武からダウンを奪う。立ち上がった璃明武へ左ジャブから右カーフを叩き込み、2度目のダウンを奪取。2R2分23秒KO勝利で決勝の椅子を勝ち取った。


【試合後の璃明武のコメント】

「(試合の感想は?)自分の中で、今日は準決勝からが本番だと思っていたので、しっかりそこで勝って、今日は優勝するつもりだったんですけど、自分の実力不足で負けてしまったので、またしっかり一からやり直して、レベルアップしたいです。
 
(試合前と後での対戦相手の印象は?)一航選手は、もちろん他団体の三冠チャンピオンということで、強いのは分かってたんですけど、自分は今日は金子選手、玖村選手に勝つつもりだったので、1回戦はしっかりクリアしてという感じで、印象は特にないです。金子選手は戦ってみて、勝てない相手じゃないなと思ったんですけど、今日は向こうのほうが全然上だったので負けちゃったので、リベンジできるように、また自分も強くなっていきたいですね。
 
(足は1回戦のダメージもありますか?)1回戦のダメージはあったんですけど、そんなにあったわけじゃなくて、力がちょっと入らなくなった感じです。
 
(金子選手の強さはどこに感じましたか?)パワーと思われがちだと思いますけど、パワーはそんなに感じなくて、トップ選手なのでテクニックがあるなと思いました。
 
(この結果を踏まえてこれから?)もちろん、自分の目標はK-1チャンピオンになることなので、それは変わらずなんですけど、今日こうやって負けたので、今のままじゃ獲れないのは分かったので、さらにレベルアップしないといけないので、1個1個勝っていって。今日、どっちがチャンピオンになるか分からないですけど、その選手にしっかり近いうちに勝って、チャンピオンになりたいと思います。
 
(ファンにメッセージを)今日もたくさんの応援ありがとうございました。優勝するつもりだったんですけど負けてしまったので、一から強くなって戻ってくるんで、これからも応援と、期待してください。いつも応援ありがとうございます」

第12試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R


玖村 将史 Kumura Masashi

第12試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 1R 1分37秒
  • ×
x

佐々木 洵樹 Sasaki Junki

 第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメント準決勝。1回戦で鬼山桃太朗をわずか84秒で勝ち上がった玖村将史と、1回戦で内田翔との延長にもつれ込む大接戦を制した佐々木洵樹が決勝への席を争う。

 1R、サウスポーの佐々木の右ジャブがオープニングヒット。足を使いリングを回る佐々木へ玖村が圧力をかける。佐々木は速い右ジャブを飛ばすが、一気に距離を詰めた玖村が左ボディから右ストレートをクリーンヒット。佐々木が仰向けにダウンを喫する。佐々木は立ち上がると右ジャブの連打で玉砕覚悟の前進。その前進のまま体同士が密着すると、玖村が離れ際に左フックで佐々木の顎を打ち抜き2度目のダウンを追加。トーナメント規定により、ラウンド内2度のダウンを奪取した玖村がわずか97秒のKO劇で決勝進出。金子晃大との王座決定戦に臨む。

第13試合/スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R


卜部 弘嵩 Urabe Hirotaka

第13試合/スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 2分51秒
  • ×
x

島野 浩太朗 Shimano Kotaro

 卜部弘嵩と島野浩太朗は、2014年11月の第4代Krush -60kg級(現スーパー・フェザー級)王座決定戦で対戦。弘嵩が1Rにダウンを奪い、島野が3Rにダウン寸前まで追い込んだ大激戦は、弘嵩が勝利を収め王座を奪取。現在のK-1の礎とまで称される語り草の名勝負となった。あれから約7年3カ月の時を経て、名勝負が再現される。

 1R、開始早々弘嵩が左ハイで奇襲。島野も右ストレートを伸ばし、早くも激戦の再現が期待される。弘嵩が左ハイキックを放つと、島野も長い右ストレートから左ヒザを突き上げる。島野は距離を詰め至近距離で左ボディ。弘嵩は左ミドルで島野の前進を阻む。

 2R、弘嵩が左飛びヒザ蹴り。さらにオーソドックスにスイッチし右ハイキックを2発放ち島野のバランスを崩す。コーナーを背負う弘嵩へ島野は左右ボディの連打。島野の左ジャブで下がる弘嵩に右カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)を蹴る。島野の左ジャブを受けながら前進する弘嵩は重い左ジャブ、右ミドルを返す。

 3R、島野が鋭い左ジャブで弘嵩を下がらせ左ボディ。打ち終わりに手を出す弘嵩へ、島野は右ローを重ねる。島野は左頭部、弘嵩は左目尻を小さくカットする。前に出る弘嵩がジャブ、左ミドルで前進。島野がロープを背負うが、体を入れ替え弘嵩をロープへ押し込む。ロープを背にした弘嵩が左ジャブ。そこへ島野が右クロスを合わせ、弘嵩がヒザから崩れ落ちるようにダウン。立ち上がるも真っ直ぐに立てない弘嵩を見たレフェリーは試合を試合をストップ。島野が3R2分51秒のKO勝利を収め、7年3カ月越しのリベンジを果たした。

 マイクを握った島野は「この一戦は自分にとって自分の始まりで特別でした」と、弘嵩との決着戦に感無量の様子を見せた。続けて時代を造った王者である弘嵩、自らを支え続けてくれた菅原道場と会長に感謝の言葉。そして「この試合を経験した以上、今以上に強くなれるよう精進していきます。応援よろしくお願いします」とファンにさらなる飛躍を誓った。

■試合後の卜部弘嵩のコメント
「(試合の感想は?)しっかり準備してきて、いま出せるものを全部出しました。今はスッキリしている感じですね。(試合前と後での対戦相手の印象は?)島野くんはもともと、ああやって背負う気持ちでリングに上がってくる選手なんで。やる前もやったあとも印象は変わらず、強い気持ちを持った選手だなと思いました。(今日の自分の動きについては?)う~ん、まあ、僕の中ではそんなに悪くなく。最近の試合の中でも。弟に(ミットを)持ってもらったのは数年ぶりなんですけど、やっぱなんだろ、ちゃんと練習もできたし。いい集中力でリングに上がれたと思います。

(昨日の再計量の影響はなかった?)いや、全然ないですね。最近、ちょっと微妙に家の体重計と誤差があったくらいで。誤差って言ってもホントにちょっとで。ちょっと自分の代謝が思った以上に悪く、予想外のことがちょっとあったくらいで。まあ、べつに。(スッキリという言葉は、今後に関わること?)そうですね。そういうときが来たら話そうと思います。(こういうこともありえると思って臨んだ試合だった?)もちろん。一瞬でも気を抜いたらやられると思ってたんで。べつに気を抜いたわけじゃないですけど、1R目から判定なんか狙ってないし、向こうも狙ってないと思いますし。絶対に倒してやるっていう気持ちでリングに上がったんで。

1R、2R目とか腹とか顔面とか効いてたかもしれないですけど、それでも絶対に倒してやるんだっていう気持ちで3R目向かったんで。それでやられるリスクももちろんありますし、でもあれで行かないのは自分じゃないし、行ってよかったなと思います。(ファンにメッセージを)応援してくれたみなさん、ありがとうございました。次のこと、今後が気になる人もたぶんいると思うんですが、そのときが来たら話そうと思います。応援ありがとうございました」

■試合後の島野のコメント
「(試合の感想は?)今まで全て集中してやってきた準備を、試合が終わる1分1秒まで集中してやり切るんだっていうことだけ考えて試合をやってたんで、試合のことはあんまり覚えてなくて、本当に入り込んでたような感じでした。その中でも弘嵩選手の気迫、特別な思いだったり、さっきだったり、そういうものを本当に強く感じました。

(試合前と後での対戦相手の印象は?)やっぱり、自分が初めて弘嵩選手の試合を見たときのあの感じと、今日試合をやって改めて感じたものは、やはり弘嵩選手だなって思いました。特別な技術だったりとか、気持ちだったりとか、そういうものは何も変わらなかったです。(倒した時にまず一番に思ったことは?)まさか、あれが当たる感覚っていうのは……試合中、ずっと自分の中で『これ絶対当たる』って感じがしなくて、セコンドの声に集中して『攻撃を出すんだ』って、ホントに入り込んでたので、コンッって当たった時は『あっ、当たった』って、そんな感じでした。ビックリしたのとはまたちょっと違うんですけど、『あっ、これが当たった!』っていう感じでしたね。

(その後にいろんな思いが込み上げてきた?)絶対立ち上がる王者ですし、ダウンがあってからも巻き返して逆転勝利だったり、ドラマチックなKO勝利だったり、そういうのをしてきた選手だったので、ダウン取った後は『絶対くるぞ、これは!』と、もう一回絶対倒しにくると思って、自分も集中を切らさないように意識してました。

(前回の試合の負けを晴らせたという思いは?)うーん……自分で晴らせたと言えれば簡単なんですけど、ホントにそれだけじゃ言い表せない気持ちだったりとか、時間だったりとか全て、ホントに言葉にしようと思ったらキリがない、言い切れないぐらいの7年3ヵ月の中での出来事、経験だったりとかもあった中での試合だったので、試合前に、この試合に勝ったらこうだなとか、負けたらこうだなとか、そんな簡単なものじゃなくて、終わってやっと一つひとつ出てくるものなんじゃないかなって、今は感じてます。まだ実感はないです。

(この勝利はキャリアにおいても大きいのでは?)これはホントに大きいですし、重みを受け止めなくてはいけない試合だと思ってます。勝利したことで、弘嵩選手が今まで背負って戦ってきた歴史だったりとか、そういうものを越えたってわけではないですし、積み上げてきた歴史だとか戦いの道というのがすごくある選手との試合だったので、それを受け止めて、今後自分が強くなれるように精進していきたいなって思いました。(ファンにメッセージを)今日応援してくださった皆さん、ありがとうございました。今後とも強くなれるよう、気合い入れて鍛えあげていきます。応援のほどよろしくお願いします」

第14試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R


芦澤 竜誠 Ashizawa Ryusei

第14試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 2R 1分58秒
  • ×
x

西元 也史 Nishimoto Narufumi

 前戦で卜部弘嵩を破り再起に成功した芦澤竜誠。独自の世界観で会場を魅了する芦澤は、この試合を「お披露目会」と表現。新スタイルの芦澤を見せると宣言した。対する西元也史は勝利した試合が全てKOという剛腕。KO必至の激戦が期待される。

 1R、前後に小さなステップを刻む西元へ芦澤がいきなり右ストレートをヒット。芦澤はコーナーを背負うもボディワークで西元に打たせない。芦澤の左ジャブを受けながら前に出る西元。コーナーを背負う芦澤へ左前蹴りから左右のフックを強振する。ラウンド終盤にはロープを背負った芦澤に西元が左ボディ、左ミドルをヒット。

 2R、下がる芦澤へ細かい左ロー。下へ意識が向いた芦澤に左フックを直撃。芦澤がダウンを喫する。立ち上がった芦澤をロープに詰めた西元が左右の連打をみせると、芦澤は真っ向勝負。右フックでダウンを奪い返す。立ち上がり距離を詰める西元へ、芦澤はヒザをボディに連打。2発目のヒザで2度目のダウンを奪う。最後は左ボディから右フックを打ち下ろし3度目のダウンを奪取。芦澤がダウンを跳ね返す大逆転のKO勝利を収めた。

 劇的KO勝利を見せた芦澤はマイクを握ると「みんなありがとうー!」と上機嫌。「前までは俺一人で戦っていると思っていたけど、仲間とかみんなに支えられてここにいると思っているので、もっと強くなります。」と周囲への感謝の言葉を述べた。また6月に予定されているビッグマッチに向け「俺が出なきゃ始まんないでしょ。誰と見たいかはSNSでつぶやいて。みんながつぶやいたとおりの試合をします」と、ファンの希望する戦いを見せると宣言した。

■試合後の芦澤竜誠のコメント
「(試合の感想は?)うれしいですね、自分を信じたんで。歌でも自分自身を裏切らないって言ったんで、歌どおりです。やってきたことがふつうに出せたっすね。こんなもんじゃないですよ、伸びしろしかないんで。マジで。試合前に全然できないな、コレって思うことばっかりだったんで。余裕っすね。次の試合、もっと成長できるっすね。もっと早い加速するっすよ。いろいろとあったんで。

(試合前と後での対戦相手の印象は?)だから言ってたように、俺には当たんないよって言ったっすけど、当たったけど、殴り合いになったら絶対に勝てると思ってたんで。ケンカじゃないですか。ケンカは絶対に負けないんで。ケンカみたいな展開になったら負けるわけないなって思ってたんで、最初ダウン取られて吹っ切れたっていうか、コノヤロー、ガキってなったんで。よかったです、いい意味で。

(ダウンが効いた感覚は?)ゼロっすね。いつもどおり、フラッシュダウンみたいな。ふつうにノーダメージって感じです。1R終わって、セコンドの矢口トレーナーの指示で、おまえ下がってたらダメだよって言われたんで。やっぱり、セコンドと会話するのが一番大事なんで。それどおり動いたんでよかったです。

(これから先は?)一歩一歩、確実にステップをっていうより、一勝一勝、確実に勝っていけば絶対に上にいけるんで。一勝一勝、確実に勝ちます。確実に勝つって言っても、つまらない試合したら仕方ないです。俺はK-1の試合して勝つっす。絶対にみんな終わらす、破壊します。

(西元選手があせって倒しにきたのがよかった?)来たっすけど、俺もいったじゃないですか。そもそも打ち合おうと思ってたんで。まあ、よかったっす。ただ勝っただけじゃなく、気持ちもしっかり折ったんで。こういうことっす。男としての格が違ったっすね。

(ファンにメッセージを)みんなのおかげで勝てたっていうのもあるし、いろんなもの背負って試合して勝てたんで本当にうれしいです。こういういいときこそ、調子乗ってると足元すくわれるんで。それもわかってるんで、しっかり練習して次の試合っていうか、芦澤竜誠が出てくるのをみんな、楽しみにしてください。ありがとうございました」

■試合後の西元のコメント
「(試合の感想は?)自分の悪いとこがしっかり出ちゃったなっていう感じですね。(試合前と後での対戦相手の印象は?)いや、まあ別に……特に変わらずです。(ダウンを取ってから、相手が息を吹き返した感じでしたが)ダウンを取ってから大振りになっちゃって、パンチだけになるという自分の悪いクセがしっかり出ました。自分の問題ですね。(ファンにメッセージを)僕を信じて応援してくれた皆様、本当にすみません。もっと強くなります。応援ありがとうございました」

第15試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R


アビラル・ヒマラヤン・チーター Abiral Himalayan Cheetah

第15試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 1R 2分15秒
  • ×
x

松下 大紀 Matsushita Daiki

 アビラル・ヒマラヤン・チーターはネパール生まれの現HEATキックミドル級王者。2020年12月のK-1初参戦では木村“フィリップ”ミノルにTKO負けを喫するも、木村から先制のダウンを奪い大きなインパクトを残した。昨年7月には和島大海から先制のダウンを奪うが、ローキックを積み重ねられ逆転のKO負けを喫している。

 対する松下は勝っても負けてもKO決着のアグレッシブファイター。昨年3月にはベテラン・城戸康裕に挑み、先制のダウンを奪うも3度のダウンを奪い返されKO負けを喫した。

 1R、開始早々アビラルが左フックを浅くヒット。松下は至近距離で右ヒザを突き上げアビラルをロープに追い込む。前に出る松下が右ストレートをヒット。ロープを背負うアビラルは鋭い左ジャブをヒットすると松下のヒザが落ちる。

 さらに左ジャブを打ち抜かれた松下はヨロヨロと崩れ落ちダウン。立ち上がった松下は大振りのフックで応戦するが、アビラルのコーナーを背負わされ打ちおろしの右ストレートで2度目のダウン。最後はアビラルが下がる松下にパンチをまとめたところでレフェリーがストップ。アビラルが圧倒的な攻撃力で松下を粉砕した。

 マイクを握ったアビラルは「去年7月、まだ忘れてません。初KO負け」と、リングサイドにいる王者・和島大海にメッセージ。「毎日悔しい思いで練習をしてきて今日KOを見せられました」と、敗戦を経て成長した実感を語った。そして「次の試合じゃなくてもいい。次の次じゃなくてもいい。いつでもいいのでタイトルマッチをやらせてください」と、和島へのリベンジの機会を熱望した。

■試合後のアビラルのコメント
「(試合の感想は?)圧倒してレベルの差を見せつけると会見で言ってたので、ちゃんと見せつけられたと思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)打ち合いに来てくれるかなと思ったとおりに打ち合いに来てくれて、ありがたいというか、試合して気持ちよかったなと思います。(この試合のためにやってきて生きたことは?)去年とは全く練習環境も変えて、フィジカルも入れたり、テクニックの練習もやっていたので、練習通りに出たんじゃないかなと思います。(王者の和島選手と、次戦ったらという思いは?)次すぐでもいいですし、次の次でもいいし、次の次の次でもいいし、いつでもしっかり準備するんで、大丈夫です。(ファンにメッセージを)こんなコロナの中、会場にたくさんのご来場と応援ありがとうございます。次はもっといい勝ち方して、もっとレベルアップしたアビラルを見せるので、これからも応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」

■試合後の松下のコメント
「(試合の感想は?)率直に悔しいです。(試合前と後での対戦相手の印象は?)KOされたんでアレなんですけど、ちょっと“たられば”なんですけど、次やったら勝てるかなっていう印象です。(一番強さを感じた部分は?)パワーとかより、リーチを感じました。距離が長いなと思いました。対応はすぐできると思ったんですけど、もらっちゃいました。(ファンにメッセージを)今日も応援ありがとうございました。これからも頑張ります。お願いします」

第16試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R


佐々木 大蔵 Sasaki Daizo

第16試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/30:27
  • ×
x

ヴィトー・トファネリ Vitor Toffanelli

 スーパー・ライト級屈指のテクニシャン・佐々木大蔵は前戦で元同門の林健太とダウン応酬の大激戦を制した。”アート”と称される技術で目下8連勝を継続している。対するヴィトー・トファネリは現K-1ウェルター級王者・野杁正明の強打に耐え抜いたタフネス自慢。佐々木にとって2018年11月以来の国際戦となる。

 1R、高いガードのトファネリへ佐々木が右ローからパンチを4連打。頑丈さを感じさせるトファネリはジリジリと前進し強烈な右ローを放つ。下がる佐々木へトファネリの伸びる右ストレートがヒット。さらに右ローで佐々木が体勢を崩すシーンが見られる。トファネリは前進し圧力を強めるが、佐々木が右ボディから左フックをカウンターでヒットしダウンを奪う。立ち上がったトファネリへ、佐々木はガードの隙間から右フックでヒットを重ねる。

 2R、トファネリの右ハイキックをスウェーでかわし左のローをヒット。左ジャブを伸ばす佐々木へ合わせたトファネリの右ロングフックが佐々木の顔面を捉え、佐々木の足が揺れる。後退する佐々木へトファネリの右ストレートがヒット。ロープを背負う佐々木は細かいパンチでトファネリに手を出させない。佐々木がパンチの連打でトファネリの顔面を捉えるが、トファネリも手数を止めない。

 3R、左ジャブで距離を取る佐々木。右のショートアッパーを突き上げバックステップ。トファネリのパンチを空転させる。トファネリはプレッシャーを弱めず、ロープを背負う佐々木へトファネリが右バックスピンキック。佐々木は細かいジャブから右フックでヒットを稼ぐ。ラスト10秒はリング中央でパンチの打ち合い。クリーンヒットを許さないまま試合終了のゴングを迎えた。判定は三者が30-27のポイントをつけ佐々木の勝利。3年3カ月振りの国際戦を制した佐々木が連勝を9に伸ばした。

■試合後の佐々木大蔵のコメント
「(試合の感想は?)すごく頑丈で、本当に自分のイメージするとおりだったなっていう感じで。試合を終えてみて、足とか腫れてて、ひさびさにダメージをもらったなという印象ですね、いま。(試合前と後での対戦相手の印象は?)本当に頑丈に尽きるなって。そういう部分もありながら、ずっと練習してきたんですけど、まだまだだなと。もっともっとと思いながら、今後に活かしていきたいなと思います。

(ダウンを取ったことに関しては?)的確にこっちから左フックが入った感触はあったので、よかったかなと。そこでまた、今回の試合でカーフキックという部分が目立ったと思うんですけど、カーフキックの脅威というものをすごく感じましたね。(それプラス、倒しきれなかったのが課題?)そうですね。カーフキック一つで、トファネリ選手やってくるだろうって予想は立ててたので、ずっとやってきたんですけど、カーフキックをいざ蹴られてみて、思った以上に痛いというか、危ないなって感じて、意識はこっちにいってしまって。自分の試合を組み立てるっていうところで、なんかそういう部分を見失ったなっていう部分があったので、倒しきれずに終わってしまったっていう。本当にまだまだだと思いますね。

(カーフキックは自分も武器にする?)僕も今回、カーフキックやってたんですけど、こういう蹴りかたもあるんだなという部分で勉強になったんで。そういった部分を取り入れつつ、やっぱり自分のスタイルを崩したくないですし。どんな場面があっても対応できるような心構えでいたいなと思いますね。(ファンにメッセージを)判定に終わってしまったんですけど、K-1っていう舞台、すごく自分は大好きで、楽しくて。そんなすばらしい時間をすごさせていただいたっていうのはあるんですけど、やっぱり一人でも多くのかたに影響を与えていきたいっていう自分の気持ちがあるので、今後そういった部分を強く持ちながら、日々トレーニングをしていきたいなと思うので。今後とも佐々木大蔵に注目させられるような試合をしていきたいと思うので、よろしくお願いします。ありがとうございました」

■試合後のヴィトー・トファネリのコメント
「(試合の感想は?)本当にいい試合だったと思います。佐々木選手とリング上で力を出し合ったと思います。1R目、いいコース食らって、チャンスあったんですけど、負けてしまいました。(試合前と後での対戦相手の印象は?)たくさん、彼の試合を観たんですけど、イメージどおりで、距離感のコントロールっていうのも彼がうまいのはわかってたんで。(敗因は?)キックが自分のいいところですごく練習してきたんですけど、試合の流れの中で熱くなって、パンチに偏ってしまってキックが出せなかったです。(ファンにメッセージを)(日本語で)みなさん、応援ありがとうございます。戻るとき、もっと強い、お願いします、押忍」

第17試合/スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R


KANA Kana

第17試合/スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/30:27
  • ×
x

RAN Ran

 K-1女子をけん引するKANAが2020年11月以来の出場。当初前戦で敗北した壽美とのタイトルマッチが予定されていたが、壽美の負傷欠場によりRANとのスーパーファイトとなった。RANはKrushで腕を磨くファイター。急きょ降って沸いたビッグチャンスに爪痕を残すことができるか。

 1R、リズムを取るRANが右ロー。ガードを高く上げるKANAがプレッシャーをかける。ワンツーで飛び込んだKANAが続いて右フックを強打。RANは左ジャブから左フック。至近距離でKANAの蹴り足をつかんでしまい、RANに警告が与えられる。プレッシャーを与えるKANAへRANは右アッパーから左フック。距離を詰めるとRANの右アッパーがKANAの顔面を捉える。

 2R、RANがKANAの前進に合わせ左右フック連打。大振りの右フック、右前蹴りから右アッパーと、バリエーションのある攻撃でKANAを攻める。しかし距離を詰めたRANの右に合わせたKANAの右ストレートがクリーンヒットしRANがダウンを喫する。立ち上がったRANは前進するも、KANAが左右フック、ヒザをボディにまとめる。KANAが左ジャブから右カーフと上下に散らし、RANは足が止まり始める。ラウンド終盤にはKANAのカウンターの左フックがアゴを捉え、RANの動きが止まる。

 3R、KANAの右ハイキックにRANが右ハイキックを返す。KANAのローブローで一時中断。再開後はRANが左右フックで前進し、KANAも打ち合いに応じる。下がるRANに伸びる右フックを浴びせるKANA。手数が減ったRANへKANAが圧力をかけ左ジャブから左ボティ。RANの大きな左フックにKANAが右ミドルを合わせ、入り際に左フックとヒットを重ねる。カウンターの右フックを浴びRANがぐらつくも、RANはダウンを拒否しパンチの交換へ。両者最後までリングに立ったまま終了のゴングを迎えた。判定は三者とも30-27でKANAの勝利を支持。KANAが1年3カ月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。

 マイクを握ったKANAは「今日はここに戻ってこられて幸せです。たくさん支えてくれた方のおかげで、KOにはならなかったですけど勝利をつかむことができて感謝しています」と涙声で感謝の言葉。そして「先頭を引っ張っていく立場として魅せる試合をしたかった。次の試合は必ず倒します。K-1の舞台を目指す女子の選手も増えているので、自分が先頭としてひとつ上のステージに持っていきたいと思います」と、K-1女子のリーダーとして新たなるステージへの挑戦を宣言した。

■試合後のKANAのコメント
「(試合の感想は?)KOで倒しきりたかったなっていう悔いだけが残ってるんですけど、やっぱり最低限の勝ちを掴んでここにいるので、ここに来れてよかったなって思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)思ってたよりも気持ちが強くて、本気で自分に向き合ってくれたので、しっかり自分も本気で向き合えたというのがあったので、RAN選手には今日戦ってくれてありがとうと言いたいです。

(久しぶりの試合でしたが、動いてみていかがでしたか?)1年3ヵ月ぶりにリングに上がったので、多少ブランクは感じましたね。いざ試合になって、ここでいききっていいのか、まだ抑えてしっかり組み立てた方がいいのか、っていう、迷いじゃないですけど、気持ちと体がバシッと、いくならいく、いかないならいかない、ここでいって消耗してしまったらどうしようっていう、久しぶりの感覚っていうのが、迷い……迷いなんかな、これは。分かんないですけど、ちょっとそういう久しぶりのリングっていうブランクはあったのかなと思います。

(ここからはコンスタントに?)そうですね。やっぱり長期で空いてしまった分、感覚を取り戻さないといけないので、自分の中ではケガがなければたくさん試合がやりたいですね。(ファンにメッセージを)今日はたくさんの応援ありがとうございました。ホントにたくさんの応援があって、今日この場に戻ってこれたので、ホントに感謝しています。K-1女子をもっともっと大きくしていくために、自分だけじゃなくて女子全体でK-1を引っ張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします」

■試合後のRANのコメント
「(試合の感想は?)KOっていう終わり方で終わりたかったんですけど、全然できずにダウン取られたんで、ムッチャ悔しいです。(試合前と後での対戦相手の印象は?)メチャクチャ怖くて強い選手っていうイメージだったんですけど、戦い終わって言ってくれたKANA選手の言葉でメチャメチャ印象が変わりました。(その言葉は?)ナイショで(笑)。

(王者に挑んで、自分ではどれぐらいできましたか?)やっぱり、自分が目指してるベルトを持った選手なので、強いのは分かってたんですけど、戦ってみて、気持ちだったり、体力とか力っていうのは自分とは比べものにならなかったです。(逆にここはできたという点は?)今までよりかは、みんなが面白いと思ってもらえるような試合ができたかなとは思いました。(ファンにメッセージを)3連敗中の自分なんですけど、いろんな人の支えや応援で今があるので、もっといろんな人の応援よろしくお願いします」

第18試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R


朝久 泰央 Asahisa Taio

第18試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 0-3
      9:10/9:10/9:10
  • ×
x

与座 優貴 Yoza Yuki

 昨年7月にK-1ライト級王者となった朝久泰央が戴冠後初の試合に臨む。対する与座は極真会館2017年第6回世界ウエイト制 軽量級覇者。空手家対空手家のスーパーファイトで雌雄を決する。

 1R、朝久が左サイドキックから。与座の入り際に朝久が左ハイを合わせる。小さくスイッチを繰り返す与座が左ローで朝久の足を払いスリップ。さらに左ローで再度朝久のバランスを崩す。朝久の入り際に与座が左前蹴り。朝久が強引にパンチをまとめ飛びヒザ蹴り。与座は奥足へのローで朝久のバランスを崩す。

 2R、与座が朝久の顔面へ前蹴り連打。朝久の入り際に与座がローを合わせ、朝久がバランスを崩す。与座の奥足へのローがローブローとなり一時中断。再開後は朝久が右テンカオで距離を詰めると、与座は奥足への左ローで応戦。至近距離で左ヒザを朝久のアゴへ叩き込む。朝久は距離を詰め左右フックを与座のガードに叩き込むが、与座は要所で左ローを返し朝久の足を削る。

 3R、朝久は左右ストレートで与座の顔面を捉えるが、与座のガードが固い。与座は左ローから左フックで朝久の顔面を捉えるが、朝久の左ローで与座の足が流れる。与座は距離を作らず頭をつけるように前進し左右ロー。さらに至近距離からの右飛びヒザ蹴りを朝久のアゴへ突き上げる。至近距離でパンチ、蹴りを交換するも、ふらつくのは朝久か。最後まで打ち合い続けるまま試合終了のゴングが鳴り響いた。判定は1者が2ポイント差で与座を支持するも、2者が30-30でドロー。延長戦へ突入する。

 延長R、与座が左前蹴りで朝久の顔面を狙う。朝久は前蹴りから左右ストレート。与座は頭を着けるように前進しながら左ロー。朝久のヒザ裏を蹴ると、朝久がバランスを崩し転倒する。朝久が頭をつけて左右ボディフック。与座は至近距離で左ローを朝久の前後の足に散らす。体ごと前に出る朝久を押し返す与座が左右ストレートから右ロー。さらに至近距離で浴びせ蹴りでプレッシャーを与える。最後は両者ミドルキックを交換する中で試合終了。ゴングと同時に両者とも小さく拳を挙げ勝利をアピールした。延長判定はジャッジ3者が与座の勝利を支持。K-1本戦デビュー戦で王者・朝久を下す大金星を挙げた。

 偉業を成し遂げた与座はマイクを握ると「ずっとK-1に出たくて出られなくて。苦しい思いをしてきた」とここまでの道のりの苦労を告白。そして今日のリングを実現してくれた関係者へ感謝の言葉を述べた。そして「初参戦でチャンピオンとやるというのでいろいろ言われたんですけど、こうやって結果で証明したので、次ベルトをかけて再戦してください。文句がある選手は僕が倒すので」と、朝久とのダイレクトリマッチを直訴。次戦でのタイトルマッチを熱望した。

■試合後の朝久泰央のコメント
「(試合の感想は?)チャンピオンとしての初戦なんで、なんとしてでも勝たなきゃいけない試合だったんですけど、プライベートでいろいろありまして。それをリングで出してしまうという自分の弱さが出た試合だなと思って。ハッキリ言って、自分に幻滅してますね。

(試合前と後での対戦相手の印象は?)純粋にいい選手だと思います。ただ、いままでどおり自分が戦えば、負けるはずのない相手だったというのは、正直思うんですけど。そこで自分の不甲斐なさが出たってだけで。純粋にいい選手だなと思いますね。(プライベートというのは、練習量に影響することだった?)そうですね。練習自体はハッキリ言って、誰が相手でも油断することなくやってきたつもりなんですけど、心のどこかでずっと練習の合間にも、そういうことが頭をよぎることもありましたし。思考を断ち切ってでも、試合は別物で勝たなくちゃいけないっていうのがチャンピオンだと思うんですけど、自分がそれだけの力を持ってなかった、それだけの話なんで。またがんばります。

(再戦がタイトルマッチという可能性も高いと思うが?)そうなるのは当然だと思いますし、そのときにハッキリ自分の気持ちを入れ替えてじゃないけど、いろいろあっても割り切って。負けはしましたけど、自分はチャンピオンベルトってものを持ってるんで。チャンピオンとして、しっかりKOでやり返したいなって思いましたね。(ファンにメッセージを)自分を奮い立たせるためというのもあってたし、いろいろ強気な発言をしたのに、こんな情けない結果ですみません。またチャンピオンとして、イチからというわけじゃないですが、チャンピオンとしての誇りを取り戻すために、これからも勝ち続けられるようがんばりますので、また応援してくれたらうれしいです。ありがとうございました」

■試合後の与座のコメント
「(試合の感想は?)まだちょっと実感がないんですけど、周りの方がすごく喜んでくれてるので、それがすごくうれしいですね。(試合前と後での対戦相手の印象は?)対戦前は、もっといろんな蹴りを散らして、そこからパンチで勢いよくくるのかなと思ってたんですけど、自分の蹴りと圧力でそれを潰せたのが大きかったのか、想像より圧力がなかったので、そこはすごくやりやすかったなと思います。

(もともとの作戦は?)たぶんリマッチがあると思うので、それはまだ秘密で。(その作戦通りには進められた?)完璧ではなかったですけど、近いものはあったなと思います。公開練習の時に『パターンが何個かある』と言ってたんですけど、そこでちょっとハマらないところもあったので、切り替えて集中できたのがよかったと思います。

(勝つところまでいける自信があった?)そうですね。自分は自分を信じてましたし、苦しい場面はすごくたくさんあったんですけど、そのたびに(渡辺)雅和さん(KREST代表)から熱い言葉をかけられて、それで踏ん張れて最後まで頑張れました。(リマッチがタイトルマッチになる可能性が高いが)当然、次はベルトがかかってくるとなると、朝久選手も今日の2倍、3倍以上に強くなってくると思うので、そうなった時にまたしっかり勝ち切れるような強さを発揮できるように練習に向かっていきたいと思ってます。

(空手の試合のような印象がありましたが)死闘になる覚悟で臨んだので、パターンの一つにああいう展開もあって、当然メチャクチャ苦しかったですけど、想像してなかったわけではないので、乗り切れました。(セコンドの『人生変えろ!』という声がありましたが、変わりそうですか?)もうツイッターとインスタの通知がヤバくて、ちょっとずつ感じてますけど、まだベルトを持ってないので、気を引き締めていきたいと思います。

(ファンにメッセージを)今日は応援ありがとうございました。自分が勝つと思ってた人は1割いるかいないかだと思うんですけど、その人たちと喜びを分かち合うことができて、最高の気分です。次、どうなるか分からないですけど、自分はチャンピオンになるので、今後とも応援、サポートしていただけたらなと思います。応援ありがとうございました」

第19試合/スペシャルエキシビションマッチ


武尊 Takeru

第19試合/スペシャルエキシビションマッチ

  • ●
  • エキシビション
  • ×
x

軍司 泰斗 Gunji Taito

 6月に那須川天心との世紀の一戦を控える武尊が、試合前最後の実戦に挑む。武尊の対戦相手はフェザー級王者・軍司泰斗。K-1アマチュアからK-1甲子園、Krush、そしてK-1世界王者とK-1のピラミッドを駆け抜けた軍司に「伝えるものがある」とう武尊。受ける軍司もまた「これからのK-1は新時代。僕が引っ張る」と、次世代リーダーとしての覚悟を伝える。

 1R、前後にフットワークを刻む軍司。武尊は速い右ロー、左ハイで軍司にプレッシャーをあたえる。軍司も左ローからハイのダブルから右ストレート。武尊の左ジャブに軍司は左フックの連打。武尊は軍司のガードの上から左右フックの連打を浴びせる。

 2R、軍司がワンツースリー。圧力をかける武尊が左ボディをヒットすると、軍司も負けじと左ボディ。武尊の右ヒザに合わせた軍司の左フックがヒットすると、ロープ際で両者火の出るような打ち合い。両者笑いながら軍司は左フックから右ストレート、武尊はも左ダブルをヒットさせる。武尊が胴回し回転蹴りを当てると、軍司も同じく胴回し。最後はリングの中央で笑顔のままパンチを交換し、夢の4分間の終わりを告げるゴングを迎えた。白熱のエキシビションを終えた両選手はマイクを握り、今の思いを口にした。

 軍司は「こういう機会に、今までK-1で活躍してきた武尊選手と打ち合いができて最高です。これからのK-1は僕が引っ張っていくので任せてください。6月は思い切り楽しんでください」と、武尊への感謝と6月に向けたエール。また「僕4月めちゃめちゃヒマなので、4月のK'FESTA出ます!」と、4月に予定されている[K'FESTA 5]への出場を宣言した。

 マイクを引き継いだ武尊はエキシビションを受けた軍司へ感謝の言葉を述べた。そして「今日はK-1のリングにエキシビションマッチで上がらせてもらった。K-1は僕に夢を与えてくれた舞台。もし僕がK-1からいなくなったとしても、もっともっと素晴らしい選手がたくさん出てくると思うし、最高の舞台を皆で盛り上げて応援してくれたらと思います」と、軍司をはじめとした若きファイターへエールを送った。

 また6月の那須川天心戦に向け「6月は那須川天心選手と僕の人生をかけた試合がある。今日会場に来てくれた全員が僕の味方だとは思っていないけれど、2人で最高の試合をして、僕が勝って"K-1最高"を皆で叫んでもらえたらうれしいです。K-1最高!」と、世紀の一戦に向けた覚悟をファンへ示した。

■試合後の武尊のコメント
「(試合の感想は?)軍司選手とエキシビションやらせてもらって、K-1これから引っ張っていく選手と殴りあえたっていうのは、すごく僕の中でもいいパワーもらったし、コンディション作りも58kgに向けてちょっとずつ、調整じゃないけど、今回のエキシを試合と想定して減量とリカバリーを試すことができたんで、いい収穫がいろいろあってよかったなと思いましたね。

(試合前と後での対戦相手の印象は?)対戦する前から57.5のチャンピオンで技術もあって気持ちも強くて、いい選手だなと思ってたんで。それは試合をして余計に感じましたね。(試合が100のテンションだとしたら、今回は?)気持ち作り的には試合と同じ気持ちで、リングに上がって。リカバリーとか減量も含めて、試合のときと同じように身体を仕上げるようにしました。(攻撃はどのような感じで?)本当にケガがないようにっていうのは、次の6月に向けてあったんですけど、ふつうに自分を試す意味ではやることやったかなって。

(実際に手応えがあった攻撃や、もらったなという攻撃は?)軍司選手はストレート伸びてきたなっていうのはあって。ちょっといま、サウスポー練習というのをずっとやってたんで。そこの部分でエキシとは違う練習をメインでやってたっていうのはあるんですけど。ふつうに軍司選手は巧かったです。(自分の出した技については?)拳のことを考えながらというのもあって。技術的なことというより、今回は軍司選手と戦うことに意味があるなっていうのを思ってたんで、そういう気持ちで戦ってましたね。

(今日の朝で62?)いや、61.75が一番重い状態っていうか、リカバリー終わったあとでそこからは数字取ってないので、それよりも軽いと思います。(やってみて、コンディション作りの手応えは?)ちょっと課題はいろいろ残ったなって。でも、これに気づいてよかったなと。ただ、体重落とすだけじゃないんで、動ける身体をキープしつつ、落とさなきゃいけないっていうのが、そこが一番難しいし。ただ、体重落とすだけだったらいくらでも落とせるんですけど、動ける身体をキープしつつ、あと水抜きのダメージを身体に残さないようにリカバリーをしなきゃいけないし。そういう部分ではけっこう、こんな感じなんだというのは感じれましたね。

(今日はローとミドルが前よりも速くなってるイメージがあったが?)そうですね、スピードは練習でも上がってるのは感じるし。体重を落としたことでスピードやキレとかはすごい自分でも上がってるなっていうのは感じましたね。あとは技術的なこともそうだし、慣れっていうか、天心選手みたいな選手にどう攻撃当てるかっていう。そこが課題かなと。攻撃はよくなってるんじゃないかと思います。

(構えの違いもあるし“仮想・天心”というよりは、今回一回戦ってみて、いろいろ発見がある?)そうですね。軍司選手とやることに意味があるなっていうのもあるし。(今日はやってみてよかった?)そうですね、やってみてよかったことしかないですね。(最後にリング上で『僕がK-1からいなくなったら』と語った真意は?)僕もそんな長くこのあと、現役をできるわけじゃないと思うし。僕がいなくなったあともK-1は続くし、新生K-1は僕が引っ張ってきたと思いますけど、K-1は長い歴史があって。過去の人たちからずっと受け継がれてきて、いまあるものなので、それをやっぱ僕の代で終わらせたくないし、K-1にもっと魅力のある選手はたくさんいるし。そういう意味で、今日会場に来てくれてる人、観てくれてる人にそういう部分が伝わればなという意味で。

(以前、自分がK-1を目指したときにK-1がなくなっていたっていうことを、今後の若い人には味あわせたくない?)そうですね。今日の大会を観て、K-1を目指そうと思った子もいると思うし。そういう子が大人になって東京出てきて、大会がなかったら、僕がそうだったんで同じ状況にしたくないし。もっと盛り上がってるK-1にそういう子たちが上がってきてほしいですね。(リング上の発言は6月の試合が頭にあって言ったことではない?)じゃないですね。

(今日のメインの感想は?)やっぱあの二人は今日のトーナメントの中でも抜きん出てるなっていうのもあるし、倒せる軽量級っていうのを僕は作ってきたっていう気持ちもあるし、それを受け継いでる気持ちはないと思いますけど、軽量級でもKOが生まれるんだよっていうのを、みんな体現してきてくれてるなっていうのはあるんで。上からいうつもりはないんですけど、うれしかったですね。55kgでもヘビー級に負けないようなKOが生まれるし、おもしろい試合できるっていうのを、また見せてくれるんじゃないかと。

(任せられる?)いやもう、任せるとかあんまり僕は言いたくないなと思ってて。みんなそれぞれ、自分が思ってるK-1があって、僕がやってきたK-1がK-1のすべてじゃないし。自分たちのやりたい試合をして、そうすれば盛り上がっていくと思うので。僕は任せるとか言いたくないです。(ファンにメッセージを)6月、那須川天心選手との試合が決まってるので、それに向けてまた明日から全力で最高の身体作りと、必ず勝つための日々、生活をやっていきたいなと思うので。一緒に応援してもらって6月、僕が勝って、K-1のファンの人みんなで喜べたらいいなって。それに向けて人生懸けてがんばりたいと思います。応援よろしくお願いします」

■試合後の軍司のコメント
「((試合の感想は?)会見でも言ってたとおり、バチバチに打ち合いができて、楽しい試合ができてよかったなと思います。(試合前と後での対戦相手の印象は?)やる前から武尊選手は過去最強に強いと思って挑んでいたので、そこの部分では変わりはなかったんですけど、思った以上に打ち合いが強い選手だなっていうのは感じました。(武尊選手が想定を超えてきた部分は?)最初にローを蹴られた時に『けっこうガチでくるんだな』というのは率直に思いました。僕はそこで切り替えて、ガチめにいきました。

(印象に残った相手の攻撃と、手応えがあった自分の攻撃は?)武尊選手がコーナーに詰めてラッシュを仕掛けた時に、いいのをけっこうもらいました。自分はそこでフックとかも返せたかなと思いました。(学べたことは?)言葉にするのは難しいですけど、これがK-1を作ってきた人だったっていうのを身に染みて感じたのと、打ち合いはすごく勉強になりました。(体感した武尊選手の凄さはどこ?)手数が速い、打ち返しも速いし、打ち合いになったら負けないっていう強い気持ちはすごく感じられました。圧力もけっこうあって、圧力はくるなっていうのが分かってたので、こっちも圧力かけていきました。

(これを経験した上で、K-1チャンピオンとしての抱負は?)武尊選手はいずれK-1を卒業する選手だと思ってるので、新時代になって行くK-1を引っ張っていけたらなと思ってます。(ファンにメッセージを)偉大なチャンピオンである武尊選手とやれて、すごく勉強にもなりました。これから新時代になっていく中で、僕が引っ張っていけるようにこれからのK-1を作っていくので、これから応援よろしくお願いします」

第20試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R


金子 晃大 Kaneko Akihiro

第20試合/K-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 2-0
      28:28/29:28/29:28

  • ×
x

玖村 将史 Kumura Masashi

 ついに迎えたK-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント・決勝戦。黒田勇斗、璃明武を下した金子晃大と、鬼山桃太朗、佐々木洵樹を下した玖村将史が王座を争う。両者の対戦は2020年3月に玖村が判定勝利を収めた以来。金子がリベンジ達成とともにベルトを腰に巻くか、玖村が二度目の王座決定トーナメントを制し王座を手にするか。

 1R、鋭い左右ストレートを見せる金子に左フックで応戦の玖村。金子は左ボディから左フックのダブル。金子は左右のストレートから右ヒザを突き上げる。両者リングの中央に陣取り、足を止めてパンチを交換。金子はヒザ、右ローを散らすと、玖村は左ボディを深く突き刺す。金子はボディが効いたか手数が止まるが、玖村の左フックに合わせた右フックがクリーンヒット。玖村も左フックを直撃させる。

 2R、金子が左ジャブから右ロー。玖村の左足がやや流れると、金子のワンツーで玖村の動きが止まり、追撃の左フックで玖村からダウンを奪う。再開後に玖村も右を返すが、金子の右ストレートが再び玖村の顔面を捉える。左右の連打を細かく当てるのは玖村。金子はガードを固め右ロー。左フックの強振を浴びせパワーで玖村のバランスを崩す。玖村がパンチのコンビネーションで前に出ると、金子はコツコツと右ロー。金子が大ぶりになると玖村が右ストレートで金子の横顔を打ち抜く。

 3R、玖村が息を吹き返したか、右の蹴りを上下に散らす。踏み込む玖村は左ボディ。金子は右ローで応戦。右フック、左ボディを強振する。金子の手が止まると玖村が鋭いワンツー。金子が強い左のジャブで突き放し、玖村に距離を詰めさせない。ラスト30で玖村が右フックを強振。直線的にワンツー、左三日月で金子を攻めるも、金子もバランスを崩しながら最後まで左フックで応戦。終了のゴングを迎える。ジャッジは1者目が28-28のドローとするも、続く2者は29-28で金子の勝利を支持。2Rのダウンで勝負を決めた金子が2020年3月のリベンジを達成。そしてK-1 WORLD GP第3代スーパー・バンタム級王者のベルトを手にした。

 黄金のベルトを腰に巻いた金子はマイクを握ると「2年前に負けてかめちゃくちゃ練習した。やっと決勝という舞台で戦えたのはうれしいけど、負けを経験させてくれて2年間ひたすら努力をさせてくれたK-1に感謝したい」と、最高の舞台に感謝を語った。そして「チャンピオンになったからこそ、K-1という素晴らしい団体を広めるために、熱い試合をして見せることしかできないけど、ひとつひとつできることを努力していきたい」と、王者としてK-1という舞台のために戦う覚悟を述べた。

■試合後の玖村将史のコメント
「(試合の感想は?)まず応援してくれたかたたち、ありがとうございました。決勝戦、負けてしまって。圧倒的に優勝するって言ったんですけど、優勝できなくて申しわけないなって思いです。(それぞれの試合を振り返って、試合前と後での対戦相手の印象は?)1回戦、気持ち強い選手だったんで、トーナメントということもあって1Rから倒しにいくつもりで。そういうのがハマったかなという感じでした。準決勝の佐々木選手は遠い距離からのパンチが思ったより巧かったなという印象です。

(決勝の金子選手については?)ダウン一回してしまったんで。まあ、もらっちゃったなっていう。強くなってたと思います。(1R、優勢に進めてたと思うが、2R早々にダウンをもらった要因は何だと思う?)う~ん、やっぱトーナメント3試合ということで、集中力がちょっと途中でダメだったのかなというか。その一瞬のスキだったと思います。(そのあと、あせって倒しにいこうという気持ちは?)あせって倒しにいっても倒せるファイターじゃないと思ってるので。そこは向こうもたぶん、ダウン取ったあと倒しにきてなかったと思うので。そこは崩しながら、来たところを倒そうと思ってたんですけど。

(今後も王座を目指していく?)そうですね。一日でも早くやり返したいなっていう気持ちがあって。ダウンして負けてしまったんですけど、次やったら絶対に負けないと思ってるし。結果は負けてしまったんですけど、実力で負けてると思ってないというか。いまは負けてしまったので何も言えないですけど、すぐにやり返しにいきます。

(ファンにメッセージを)今日は応援ありがとうございました。今日は準優勝になってしまったんですけど、絶対リベンジしてチャンピオンになるんで。もっと強くなって戻ってくるので、これからもっと楽しみにしててください。ありがとうございました」

■試合後の金子晃大のコメント
「(ベルトを手にした気持ちは?)やってきたことが一つかたちとして、結果として出たのかなって自信になったと思います。(それぞれの試合を振り返って、試合前と後での対戦相手の印象は?)今回、レベルの高いトーナメントだったんで、一人一人いい選手だったなっていう印象はあります。それはやる前もそうですし、やったあともいい選手だなって思いますね。

(決勝は僅差の中でダウンを奪っての勝利だったが、試合の感想は?)やっぱり、ああいうところで倒せなかったっていうのは自分の中でまだまだなところだし、そこは観てる人も思ってると思うし。やっぱ、もっともっとさらに強くなっていかないとなっていうのは思いました。(1Rに相手の攻撃が効いたと思うが、そこからダウンに持っていけたことについては?)気合いって感じですね。

(どんなチャンピオンになっていきたい?)まあ、やっぱりチャンピオンになるってことは、K-1を代表する一つのかたちとなるし、いままでよりももっともっと一回一回の試合で、結果を出していかないといけないと思うし。またすぐ切り替えて、課題を克服してもっと強くなれたらなって思います。(ファンにメッセージを)今回、自分のことを応援してくれるファンだったり、期待してくれるファンだったり、みなさん応援してくれてありがとうございました。もっともっとまだまだ強くなりたいですし、もっと期待に応えられるようにがんばっていくんで、みなさん、今後とも応援よろしくお願いします」

 

選手登録