選手プロフィール

ダイナマイトキッド

小澤 海斗

/オザワ カイト/Ozawa Kaito

    • 動画・写真

    • 所属・ジム

      K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ

    • 生年月日

      1993.4.27

    • 身長・血液型

      165cm・B

    • 出身地

      福島県会津若松市(日本)

    • ファイトスタイル

      サウスポー

    • 入場曲

      TTimati & La La Land feat. Timbaland & Grooya / Not All About The Money

    • SNS

    • 獲得タイトル

      K-1 WORLD GP初代フェザー級王座決定トーナメント準優勝
      第2代Krushフェザー級王者

    • 戦績

      25戦 14勝(7KO) 9敗 2分

    【プロフィール】
    空手・アマチュアボクシングで活躍し、2014年にKrushでプロデビュー。2016年2月に第2代Krushフェザー級王者となる。同年、K-1のリングで武尊に挑戦状を叩きつけて、激しい舌戦や乱闘を展開。2度に渡って拳を交えるも勝利を掴むことは出来なかった。2017年は西京春馬に連敗を喫し、Krushフェザー級王座も陥落。2018年6月の第2代K-1フェザー級王座決定トーナメントではまさかの一回戦敗退を喫し、9月の芦澤竜誠戦でも敗北を味わった。2019年、復活をかけてK-1ジム三軒茶屋シルバーウルフに移籍。3月「K'FESTA.2」で覇家斗とのサバイバルマッチに勝利し、6月のK-1両国大会でも鷹大を下して連勝。復活を印象付けるも、鷹大戦で左拳を負傷して長期欠場となった。再起戦となる2020年3月「K'FESTA.3」では、第3代K-1フェザー級王座決定トーナメント準優勝と躍進したムエタイの強豪ジャオスアヤイと激突。互いにダウンを奪い合う熱戦となったが、最後は唇の裂傷によるドクターストップで無念のTKO負けとなった。この敗戦以降、試合から遠ざかっていたものの、2021年3月21日「K'FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会で約1年ぶりに復帰。K-1初参戦となる篠塚辰樹に延長までもつれる接戦の末に惜しくも敗れた。9月20日、K-1横浜アリーナ大会では國枝悠太を迎え撃つ。[2021年8月4日現在]

    K-1 / KRUSH / KHAOS 戦績

     

    選手登録