大会情報

  • 日程 2021年01月23日(土)
  • 会場 後楽園ホール
  • 開催日時概要

    16:45開場/17:30開始
    ※当初の発表より開場・開始時間が変更となりました

大会概要

  • 主催・後援

    ◆主催・著作 Krush実行委員会
    ◆企画・制作 株式会社M-1スポーツメディア
    ◆運 営   株式会社グッドルーザー

対戦カード

プレリミナリーファイト第1試合/Krush女子アトム級/2分3R


AIKO Aiko

プレリミナリーファイト第1試合/Krush女子アトム級/2分3R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      27:30/27:30/27:30
  • ×
x

紗依茄 Raika

 1R、デビュー戦ながら緊張を感じさせない紗依茄(らいか)は伸び伸びとした動きから顔面前蹴りをヒット。身長とリーチ差を活かし、AIKOが飛び込んでくるところに右ストレートをカウンターで合わせる。接近戦に持ち込みたいAIKOだが紗依茄の前蹴りに阻まれる。

 2Rも紗依茄はリーチを活かし、AIKOを懐に入れさせず左ミドルと前蹴りを当てる。AIKOがステップインしてきてもステップバックして間合いをあけ、ワンツーで脅かす。

 3R、やはり紗依茄は間合いを遠く保ち、AIKOを前蹴りで妨げる。意を決し前に出て連打で迫るAIKOだが、紗依茄が逆に右ストレートをカウンターで決めダウンを奪う。立ち上がったAIKOをやはり紗依茄は懐に入れさせず試合を終える。判定は30-27、30-27、30-27の3-0で紗依茄。16歳のデビュー戦を勝利で飾った。

第1試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R


龍斗 Ryuto

第1試合/Krushフェザー級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 延長判定
    • 3-0
      10:8/10:8/10:8
  • ×
x

國枝 悠太 Kunieda Yuta

 K-1 JAPAN GROUPでキャリアを積み、今回からフェザー級に階級を上げての初戦となる龍斗。対戦相手の國枝はKrush初参戦の関西在住のファイターだ。

 1R、両者オーソドックス。國枝がパンチを振るい積極的に前へ出ていくが、龍斗はこれに付き合わずステップバックしてさばく。そしてジャブを突いて國枝にヒットさせ、距離感を掌握していく。

 2R、変わらず右ストレート・左フックを振るって國枝が前に出る。龍斗は正面で國枝の攻撃を受けず、ジャブを入れてローキック。龍斗はこのローを効かせて國枝の足を止め、ヒザ蹴りも打ち込む。さらに龍斗はハイキックも当て、國枝のパンチに空を切らせる。

 3R、國枝は顔へのパンチにボディストレートを織り交ぜ、上下に攻撃を散らして前進。これを被弾する龍斗だが、ジャブとローで自分の間合いに戻す。龍斗のローに止められていた國枝だが、ラウンド後半ジャブをよいタイミングで当てそこからパンチで龍斗に迫って終了となる。判定は30-29(國枝)、29-29、29-29でドロー。延長戦に突入となる。

 延長R、ジャブ・左フックを強振して國枝が前進。龍斗がこれをしのぐと、今度は逆に前へ出て國枝にロープを背負わせる。ジャブ・ヒザ・右ストレート・ボディへのバックキックと龍斗は多彩な攻撃。ボディへのヒザ・ミドルが効いて國枝はガードが落ちる。そこへ龍斗は左ハイキックを決めダウンを奪取し、終了のゴングとなる。判定は3者10-8で龍斗。4Rの熱戦を制した。

■試合後の龍斗のコメント
「3Rまでのポイントで延長にいってしまったことが反省点で、もっと1Rからガンガンいけばよかったと思いました。(対戦相手の印象は?)パンチの勢いが映像と同じだったのですが、そのもらい方が悪かったかなと思います。(今後の目標は?)心機一転、フェザー級で1勝できたので、王座決定トーナメントに出た選手を一人一人倒して、ベルトに挑戦出来たらなと思います」

第2試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R


小倉 尚也 Ogura Takaya

第2試合/Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:28/30:28/30:27
  • ×
x

黒田 勇斗 Kuroda Yuto

 1R、両者オーソドックス、上背で劣る小倉は前に出て間合いを詰めていく。これに対し黒田は距離を作ってロー・ミドル・前蹴り・ヒザと蹴りで対抗する。小倉は蹴りを浴びても下がらず、左フックを顔とボディに散らしていく。黒田はボディへのヒザ、飛びヒザと小倉を襲う。

 2R、小倉はやはりパンチを振るい、黒田の蹴りにひるまず前進。黒田がパンチを返してきたところに左フックのカウンターを狙い、転倒した黒田にダウンが宣告される。立ち上がった黒田は蹴りで距離を取る戦いを続行するが、小倉がその間合いを潰して右ストレートと左フックで攻める。

 3R、小倉は蹴りを浴びながらも黒田の懐に入っての攻めを続行。黒田も入り際に右ストレートを合わせるが、小倉は集中力を切らさない。被弾しても小倉はすぐに左右フック、右ストレートを打ち返す。判定は30-28、30-28、30-27の3-0で小倉の勝利となった。

■試合後の小倉尚也のコメント
「立ち上がりから良い距離で戦えて、相手の攻撃も良く見えて、ディフェンス面で成長できたかなと思います。(対戦相手の印象は?)初めて会見で見たときから計量で見たときも、(背が)大きいなという印象がありました。でも練習で大きい選手とやっているので問題なく戦えたかなと思います。(今後の目標は?)Krushのベルトが目標なんで、挑戦できるチャンスをもらえるように頑張ろうと思います」

第3試合/第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R


真優 Mahiro

第3試合/第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント・準決勝(1)/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 2R 1分15秒
  • ×
x

NA☆NA Nana

 今回からスタートした第5代女子アトム級王座決定トーナメント。準決勝第1試合で真優とNA☆NAが対戦した。1R、真優はジャブと前蹴りを主軸に前進。NA☆NAは左右フックを振るって迎え撃ち、パンチの回転を上げて前に出ていく。パンチの回転ではNANAが上回り、左フックと右ストレートを真優に打ち込む。しかし真優も左フックと右ストレート、前蹴りを飛ばして前に出る。

 2R、前に出んとするNA☆NAに真優は前蹴り。ミドルでもボディをとらえ、パンチを連係していく。そしてNA☆NAの顔面を前蹴りで打ち抜くと、NA☆NAがダウン。鮮やかな足技で真優がKO勝利し、4月Krush後楽園大会での決勝へ進んだ。

■試合後の真優のコメント
「試合ではまだまだ魅せられへんくって、KO勝ちしたんですけど、周りには『ん?』みたいな感じやったんで反省しないとダメですね。(対戦相手の印象は?)SNSで30歳の怖いところを見せるぞって書いていて、本当に根性があってすごいなと思いました。でも自分も負けられへんかったので勝ててよかったです。(決勝戦に向けて)決勝は一度負けている壽美選手と再戦になるんですけど、リベンジよりもチャンピオンになりたい気持ちの方が強いです。月心会チーム侍にベルトを持って帰りたいので、4月に向けて頑張っていきたいと思います」

第4試合/第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R


壽美 Kotomi

第4試合/第5代Krush女子フライ級王座決定トーナメント・準決勝(2)/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/30:27
  • ×
x

芳美 Yoshimi

 第5代女子フライ級王座決定トーナメント準決勝・第2試合は、昨年11月のK-1福岡大会でKANAから勝利を収めた壽美とKrush初参戦の芳美の対戦となった。

 1R、両者サウスポーで芳美が先に仕掛けるが、壽美はこれに動じずに左ストレートを主軸に攻める。芳美が得意とするバックブローを放つと、壽美も負けじとこの技を繰り出していく。壽美は前蹴りも入れて芳美を懐に入らせず、パンチをまとめる。芳美は一瞬腰を落とすが、これはダウンとならず。

 2R、芳美はオーソドックスとなり対峙する。壽美は左ストレート、左ミドルと左の攻撃を当てて前に出る。芳美をコーナーに詰め、ワンツーとボディへのヒザでラッシュ。芳美も右クロスで応戦するが壽美は下がらない。左ストレートで芳美をとらえていく。

 3R、壽美はムエタイ式のアップライトの構えから左ミドルと前蹴りを入れ芳美を懐に入れさせない。距離を保った上で壽美は顔への左ストレート、ボディへのヒザと攻撃を散らす。壽美がさらに左ストレート、左ミドルと前に出て試合を終える。判定は3者30-27で壽美。トーナメント大本命の壽美がフルマークで勝利した。

 ここで先にトーナメントを勝ち進んだ真優がリングに上がり、壽美とともに4月Krush後楽園大会での決勝への意気込みをコメントした。

真優
「プロってやっぱり試合で魅せなきゃいけないと思っていて、今日のKO勝ちもイマイチだったので反省しています。壽美選手は圧倒的な強さを見せて、KANA選手にも勝って華がついてるって思いますけど、自分も華だけは負けない自信があります。あと自分にないのは試合で魅せることだけだと思うので、試合で魅せるし、リベンジしたい思いよりしっかりチャンピオンになりたい思いが強いので、次も4月まで練習しようと思ってます」

壽美
「いい試合ができなくて悔しい思いでいっぱいです。宣言します、4月23日、必ずここでチャンピオンになります。そうなるために練習をして、必ず必ずチャンピオンになります。真優選手よろしくお願いします」

■試合後の壽美のコメント
「試合中に熱くなりすぎて、練習でやっていたことよりも気持ちでいきすぎたことが悔しいです。(対戦相手の印象は?)まさかのスイッチしてきたので、少し『あれ?どうしよう?』となってしまいました。事前のコメント通り、バックブローはガード越しでも強かった印象です。(決勝へ向けて)今日悔しい想いもしたんですけど課題もたくさん見つかって、そこは前向きにとらえて、もっともっと強いなれると思ったので、絶対にチャンピオンになります。課題や悔しさや強くなりたい欲は全部練習でぶつけて、毎日120%で生きていきます」

第5試合/Krushライト級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R


大月 晴明 Otsuki Haruaki

第5試合/Krushライト級/3分3R・延長1R/3分3R・延長1R

  • ●
  • KO
    • 3R 1分53秒
  • ×
x

明戸 仁志 Aketo Hitoshi

 約6年ぶりのKrush復帰となる47歳・大月。現在はKREST所属として試合を続ける明戸が迎え撃った。

 1R、大月は腕を胸と腰あたりの高さにした独特構えから明戸を見据える。明戸はこれにロー、ミドルを放って当てる。大月もローを当て、構えを左右に変えて隙をうかがう。明戸が左フックをヒットさせると、大月はロー・ボディを当て、明戸が飛び込んできたところに右ストレートを当てダウンを奪取する。

 2R、大月はサウスポーとなり前蹴りで明戸を押さえ、オーソドックスに変わると右ローを入れる。明戸は臆さずに前に出ると右ストレートをヒット。そして体圧を発して大月をコーナーに追い詰める。右スネから出血が見られる大月。明戸は前進してのプレッシャーで大月の体力を削る。

 3R、明戸はワンツー、左ボディフックで大月に迫る。やや押され気味であった大月だが、明戸の入り際に右スイングフックを合わせてこの試合2度目のダウンを奪う。大月は自らの顔を叩き、打ってこいと明戸を挑発。明戸のパンチをあえて顔面で受けた後で、大月は強振した右フックで明戸をとらえて沈め、復帰戦をKOで勝利した。

大月のマイク
「今日はコロナ禍でも応援に来てもらってありがとうございます。久しぶりの試合で、1Rはらしくない感じになっちゃったんですけど、ありがとうございます。自分は47歳ですけど、昭和40年代生まれの人間も、練習してやる気さえあれば若い奴に絶対負けないんで、そういう人たちに夢を与えられればと思っています。おっさんと言われているおっちゃんが頑張れるように。今日は応援ありがとうございました。また頑張ります」

■試合後の大月晴明のコメント
「今は試合が終わったばっかりで、久しぶりの試合で緊張しました。明戸選手がガンガンに来たんで、3Rは悪い癖が出てぶちきれちゃって、相手のパンチを受けきってやろうとか思っちゃって(苦笑)。でも勝ててよかったです。(対戦相手の印象は?)パンチもすごい思かったし、蹴りも強かったです。腕を蹴られて『痛っ!』と思いました。気持ちも強かったです。(今後の目標は?)復帰会見でも言ったように(K-1 JAPAN GROUPには)リングで手合わせしたい相手がいるんで、僕も長く続ける気はないんですけど、勝っていけば道は開けると思っています。試合でちょっと怪我しちゃったんで怪我を治して、次もKOしたいと思います」

セミファイナル(第6試合)/Krushバンタム級/3分3R・延長1R


松本 日向 Matsumoto Hinata

セミファイナル(第6試合)/Krushバンタム級/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-2
      30:30/29:30/27:30
  • ×
x

壬生狼 一輝 Miburo Kazuki

 バンタム級のタイトル挑戦を狙う松本と壬生狼が激突。1R、松本が右ロー、右ハイキックで先制。壬生狼も攻撃を返すが、松本がスピードで上回る。松本の蹴りがローブローとなってしまい、中断の後で再開。松本のローに壬生狼が右ストレートをタイミングよく合わせるが、これはスリップと判定されダウンとならず。両者ハイスピードでの攻防を展開。松本はローを多用し、壬生狼は入り際にカウンターの右ストレートを狙う。

 2R、ジャンプして打ち下ろのし右ストレートといったトリッキーな技を見せる松本。だが壬生狼は動じない。松本の入り際に変わらず右ストレートを狙い、ヒザ蹴りを上下に放つ。松本もロー・ハイを飛ばし、壬生狼の右ストレートをヘッドスリップしてかわす。

 3R、壬生狼はパンチ主体に攻めて、ボディへのヒザも織り交ぜる。松本は連発で攻撃は当てさせず、蹴りでのヒットを上げる。壬生狼の右ストレートがとらえるが、松本は首をひねって衝撃を逃す。松本も右ストレートと左フックを返すが、パンチの精度では壬生狼が上回る。判定は30-30、30-29、30-27の2-0で壬生狼。無敗同士の対決を制した。

■試合後の壬生狼一輝のコメント
「松本選手が強かったこともあって、会見から盛り上げて、試合も盛り上がったと思うので、次はタイトルマッチかなと思います。吉岡選手以外に相手が居ないと思うので、次はタイトルマッチかなと思います。(勝負を分けたのは?)松本選手は前に前に出てくる選手だと思っていて、試合でも前に出てきたんですけど、それに押され負けなかったことが勝因だったと重います。(年末の王座決定トーナメントを見た感想は?)いずれチャンピオンとやるから誰が(王者に)なってもいいかなと。ただ吉岡選手がチャンピオンになると思っていて、その通りに勝ってくれたんで、次は吉岡選手でいいかなと思います。(吉岡に勝つ自信は)ありますね。僕はKrushのベルトがずっと欲しくて、もう目の前にベルトが来ているのでタイトルマッチが組まれるなら死ぬ気で獲りに行きます。おい!おい!おい!吉岡ビギン!次は!次は!次は!お前じゃ!」

メインイベント(第7試合)/Krushウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R


山際 和希 Yamagiwa Kazuki

メインイベント(第7試合)/Krushウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      26:30/27:30/26:30
  • ×
x

加藤 虎於奈 Kato Kona

 8月のKrush後楽園大会で王者になった山際が初防衛戦。Krushスーパー・フェザー級王者レオナ・ペタスの弟・加藤がベルトに挑んだ。1R、加藤が左右のローを当てていく。山際が前に出ようとしても加藤は間合いを調整し、右ローをさらに打ち込む。右ミドルを入れ、加藤に迫る山際。加藤はジャブとローで山際を懐に入れさせない。ラウンド終盤、山際は加藤のローにダメージを見せる。

 2R、加藤はローで意識を下げさせ、右ストレートを2度クリーンヒット。山際は後退するもロープに救われる。山際も蹴り返すが、加藤が圧力を掛けていく。加藤はカーフキック(膝から下へのローキック)を効果的にヒットさせる。

 3R、加藤はこのラウンドもカーフキックを決める。山際は足にダメージがうかがえるがパンチを振るっていく。しかし加藤にヘッドスリップされて当てられない。両者組みが多くなりレフェリーが注意する。加藤はジャンプしての二段蹴りから打ち下ろしの右ストレート、連打を決めてダウンを奪う。立ち上がった山際だが反撃に振るったパンチはとらえられずゴングとなる。判定は30-26、30-26、30-27の3-0で加藤。兄レオナともにKrush史上初となる兄弟同時王者となった。

加藤のマイク
「試合前の12月末に兄ちゃんとスパーして肩を脱臼したり、すごい不安だったんですけど『俺ならできる』と信じて、ここまでやってきてよかったです。空手時代から応援してくれたお父さんとか、亡くなっちゃったんですけどお母さんにベルト姿を見せられてめちゃめちゃ嬉しいです。これからK-1の方もチャンピオンを目指して頑張っていくので応援よろしくお願いします。たくさん応援してくれた人たちや友だちだったり、本当にやっていてよかったと思いました。前回、変な勝ち方しちゃったんですけど、もう1回タイトルマッチで松岡力選手と戦いたいです。今日は余韻に浸って、明日からは女の子のために頑張ります(笑)」

■試合後の加藤虎於奈のコメント
「試合前から勝ちに徹すると言っていたのですが、試合になったらしっかり倒そうと思っていたんですよ。でも必ずベルトを獲らなきゃいけないというプレッシャーも少なからずあって、詰めるところで詰められなかったのは反省点です。今回ベルトを獲れたので次からは倒せるチャンピオンになりたいと思います。

(カーフキックは狙っていた?)あれは勝手に出ちゃいました。一発蹴ったらバランスを崩してくれたので、それでバシバシ蹴っていきました。事前に用意していたわけじゃなくて、自然に出ましたね。でもあれを凄く嫌がっていたので、そこから組み立てようと思って、バランスが崩れたところをパンチで狙っていきました。ダウンを奪った時に立ち上がってこないと思っていたのですが、立ち上がってきたので『うわー…』と思いました。(今後の目標は?)今回は勝ちに徹してしまったので、次からは倒せるチャンピオンになりたいです。これから闘う相手は全員倒していこうと思います。

(肩の怪我について)12月末のスパーリング中に右肩を脱臼しちゃって、試合まで右肩をかばいなら練習していました。試合中にもし脱臼したら続行できないよねと話していたので、ずっと不安な気持ちのままやっていました。(左肘もアイシングしているが?)山際選手の右ミドルを変な受け方しちゃって、それで1Rに痛めちゃいました。試合中はアドレナリンが出たんですけど、ジャブが少なめになっちゃいました。(3R序盤に詰められたが)向こうが攻めて来て、距離をつめてきたので、それでクリンチになってしまいました。そういう反省点も出て、それをクリアできないとこれから勝てないと思います。

(今後の目標は?)これからもっと強い相手が出てくると思うし、トップ選手に勝っていきたい。いずれK-1でウェルター級王座決定トーナメントもあると思うので、Krushのベルトと共にトーナメントに出たいです。まだ僕は頼りないチャンピオンだと思いますが、兄ちゃんみたいな頼りがいがあるチャンピオンになりたいです」

■試合後の山際和希のコメント
「見事にやられたなって感じです。思ったような試合をやらせてもらえなかったです。パンチをもうちょっと当てて、上に意識を散らせて蹴る。それで下を嫌がったらパンチでKOというシナリオを描いていたんですけど、ジャブも当たらなかったですね。距離が遠くて。それでなかなか(加藤が)中に入ってこなくて。そう思っていたところで3Rに倒されて。リズムを崩されて相手にペースを持っていかれた試合でした。

(カーフキックを蹴られていたが?)足の先を蹴られるのでバランスを崩すだけで、そこまでダメージはなかったです。ただ見栄えが悪かったです。あれで1Rはとられたと思ったので、2・3Rに距離を潰そうと思って。加藤選手はスタミナに難があると思ったので、そこを狙おうと思っていたら。パンチを合わされたので完敗です。(失ったベルトについて)機会があれば挑戦させてもらいたいですし、僕はKrushのベルトを獲ってすごく成長させてもらって。今までは普通に試合をして家に帰るだけだったのですが、大会を背負う意識になって、倒しに行く戦い方をするようになりました。

(今後の目標は?)Krushのベルトを失ってしまいましたが、まだまだ現役は続けますし、自分の名前でK-1に出たいし、K-1チャンピオンにもなりたいです。野杁正明選手や木村“フィリップ”ミノル選手にも挑戦したいし、まだまだ僕の格闘技人生は続くので、ちょっと休んでまた頑張ります」

 

選手登録