2022.05.20

 5月20日(金)都内にて、開催を明日に控えた「Krush.137」後楽園ホール大会の前日計量と記者会見が行われた。

 第8試合の稲垣澪vs寺田匠、第7試合の佑典vs大田拓真の2試合は、共にフェザー級のワンマッチ。同大会のメインイベントでは新美貴士vs玖村修平のKrushフェザー級タイトルマッチもあり、今後のタイトル戦線の行方を占う2試合と言っても過言ではないマッチメイクとなった。

 プロ無敗対決となった一戦に向けて、稲垣は「自分は打ち合いで負けていると思いません。相手の強いところでも自分の出したいものを出して自分の試合にする」と豪語。対する寺田も「相手が打ち合ってきてくれたら打ち合いで勝つ」と真っ向勝負ものぞむところだ。
 今回がKrush初参戦となるムエタイ王者・大田と迎え撃つ佑典という一戦。対戦カード発表会見から謙虚な発言を繰り返す大田に対し「このリングに中途半端な気持ちで上がってきたことを後悔する姿を最後に見るのが理想です」佑典。それを受けて大田は「凄く怖いイメージですが(苦笑)、自分は試合が楽しみ。Krush初参戦なので印象に残る試合をしてみんなに覚えてもらいたい」と、やはり謙虚に語った。

稲垣澪
「どう勝つか。そこをしっかり見せれる試合にしたいと思います。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)しっかり試合ができるという印象を受けました。(どういうフィニッシュにしたいか)蹴り、パンチと全ての攻撃で倒せる準備はできているので、特にストレート。相手もフックは凄く強いので、そこに負けないようなフックを練習してきました。
(打ち合って勝つ?)打ち合いの強い選手ですが、自分も負けていると思いません。相手の強いところでも自分の出したいものを出して自分の試合にしたいと思います。(メインのタイトルマッチについて)Krushのベルトを獲りたいので、今のチャンピオンがどういう戦いをするのか気になっていますが、この試合を落として挑戦できるほど甘くはないと思います。もちろん負けるつもりはないので、自分の戦い方をしっかり貫きます。(ファンにメッセージ)しっかり打ち合いを制して、やっぱり稲垣は強いと思ってもらえる試合にしたいと思います」

寺田匠
「やることはやってきたので明日はやるだけです。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)今日見たところで印象は変わらないので、明日はやるだけです。(どういうフィニッシュにしたいか)左フックか左ボディで倒します。(打ち合って勝つ?)相手が打ち合ってきてくれたら打ち合いで勝ちます。(メインのタイトルマッチについて)他の試合は注目していないので自分の戦いに集中しています。(ファンにメッセージ)しっかり追い込みをして減量もうまく行きました。これからリカバリーをしっかりして、明日はやってきたことをやります」

佑典
「僕は世界一のトレーナーに見てもらっているので、自分よりもトレーナーから教えてもらったことを信じて本気でやるだけ。それをやれば相手は倒れるので見といてください。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)身体は思った以上に仕上がっていたので楽しみですが、僕の相手になるのかなという感じ。そんなんじゃ僕には勝てないですね。

(どういうフィニッシュにしたいか)このリングに中途半端な気持ちで上がってきたことを後悔する姿を最後に見るのが理想です。(メインのタイトルマッチについて)僕は勝っていけばどっちかと当たると思うので、シンプルに楽しみです。(ファンにメッセージ)明日は倒します」

大田拓真
「明日のためにしっかり準備してきました。明日は楽しみです。(計量で向き合った時にどんな印象を受けた?)凄くしっかり仕上げてきた印象があります。(どういうフィニッシュにしたいか)蹴り、パンチをしっかり練習してきたのでどれでも倒せればいいかなと思います。(佑典の挑発を受けて)凄く怖いイメージですが(苦笑)、自分は試合が楽しみなので頑張ります。(メインのタイトルマッチについて)しっかり倒せるところを見せたいです。(ファンにメッセージ)初参戦なので印象に残る試合をしてみんなに覚えてもらいたいです」

 

選手登録