2022.05.01

 5月1日(日)都内にて、昨日開催された「Krush.136」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 メインイベントでタイトルマッチ(瓦田脩二vs大沢文也)が行われたライト級で東本央貴と竜樹が対戦。長年ライト級戦線で活躍してきた東本に竜樹が挑む形の試合は、竜樹が1R終了間際に右ストレートでダウンを取って判定勝利を収めた。

 一夜明け会見で竜樹は「なんとか勝てたんですが、試合内容はダメダメだった」と反省の弁。福岡県福岡市出身ということで、過去2度のK-1福岡大会に出場している竜樹だが「オファーをもらえるなら出場させてもらいたいですが、今はKrushでタイトルを目指してやっているので、Krushで連勝していきたいという気持ちが強いです」とKrushライト級のベルトを目標に掲げる。

 そのベルトを保持しているのは、昨日の大会で瓦田脩二から勝利を収めた大沢文也。竜樹は「まだまだあんな試合じゃダメなんで、もっともっと練習して強くなって帰ってきます」と語った。

竜樹
「昨日はなんとか勝てたんですけど内容はダメダメだったんで、また頑張ります。(キャリアが上の相手に勝って)東本選手はキャリアが上だったんで勝てたことはうれしかったんですけど…。ダウンをとれて倒せた試合だったと思います。そこは反省点が残る試合でした。(今年も地元福岡でK-1が行われるが)オファーをもらえるなら出場させてもらいたいですが、今はKrushでタイトルを目指してやっているので、Krushで連勝していきたいという気持ちが強いです。

(ダウンを奪ったパンチは?)特別ストレートを狙っていたわけじゃなくて、練習でやってた動きが無意識で出たという感じでした。(パンチに自信もついてきた?)前回KOで、今回はダウンをとれたので自信がついたかなと思います。(昨日のタイトルマッチについて)チャンピオンが大沢選手になって、やりづらいなと思ったのと、昨日みたいな試合じゃまだまだだと思うので。もっともっと頑張らないなと思います。(ファンのみなさんへのメッセージ)まだまだあんな試合じゃダメなんで、もっともっと練習して強くなって帰ってきます。応援よろしくお願いします」

 

選手登録