match result

試合結果

第11試合/スーパーファイト/-63kg契約/3分3R・延長1R

    所属ジム
    ウィラサクレック・フェアテックスジム
    ARROWS GYM
    戦歴
    148戦 115勝(25KO) 30敗 3分
    29戦 21勝(9KO) 6敗 2分
    生年月日
    1992.12.12
    1994.1.18
    身長・体重
    167cm ・ 63.5kg
    178cm ・ 62.5kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    オーソドックス
    出身地
    タイ・ナコンパノム
    静岡県浜松市
    SNS

review

試合レビュー

試合前にスペシャルラウンドガールを務める篠田麻里子さんが入場。「地元福岡での初のラウンドガール、嬉しく思ってます。頑張りたいと思います」と挨拶し試合を見守る。

1R、上背でまさる岩はサウスポーのゴンナパーにジャブとストレート、三日月蹴りを飛ばす。しかしゴンナパーは動じずに前蹴りを飛ばし、左ミドル、左ストレートと応戦。岩はジャブとロー、ボディストレートと攻撃を散らすが、ゴンナパーは左ミドルの直後に左ストレートをフォローしダウンを奪う。
立ち上がった岩にゴンナパーは左ハイキックを打ち込んで初回を終える。

2Rの開始が待たれたが、岩﨑に鼻の負傷がありゴンナパーの勝利となった。

ゴンナパーのマイク
「こんにちは、今日は応援してくださったみなさん本当にありがとうございました。次回はぜひタイトルに挑戦したいと思ってます。随分長い間待ってます。よろしくお願いします」

【試合後のゴンナパー選手のコメント】
「(試合の感想は?)完璧な仕事ができて、作戦通りの試合運びができて、とても嬉しく思っています。

(相手の印象は?)対戦して特に印象が変わったということはなく、当初から言っていた通り、全く問題ありませんでした。

(最後のハイキックの感触は?)自分でも完璧に当たったなと思いました。

(ライト級戦線での自信は?)自信はもちろん増しました。リング上でも言いましたように、タイトルマッチで勝ってチャンピオンに返り咲きたいと思ってますし、それが成功できたら、前から言ってるように、65kgにも挑戦したいと思います。

(与座優貴選手についてはどう思っていますか?)与座選手も同じようにチャンピオンになりたいという気持ちを持っていることは知っています。だからタイトルマッチの前に与座選手とやってみてもいいですよ。いつでも用意はできていますし、恐れるところは一つもないです。

(ファンにメッセージを)今日僕を応援してくれたタイのファンの皆さん、日本のファンの皆さん、そして世界のファンの皆さん、本当にありがとうございました。今後も今日のようにいい仕事を続けていきたいと思います」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2022年8月11日(木・祝)ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K-1フェザー級世界最強決定トーナメント~
日程
2022年08月11日(木)
会場
福岡国際センター
選手
back
チケット購入