match result

試合結果

第5試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    ザウルスプロモーション
    パラエストラ栃木
    戦歴
    13戦 9勝(6KO) 4敗 0分
    14戦 5勝(3KO) 9敗 0分
    生年月日
    2002.5.30
    1986.10.14
    身長・体重
    177cm ・ 63.5kg
    170cm ・ 0.0kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    オーソドックス
    出身地
    東京都練馬区
    栃木県大田原市
    SNS

review

試合レビュー

 第5試合ではスペシャルラウンドガールとして小林幸子さんが登場。K-1ガールにエスコートされ、歌を披露しながら花道を進む。リングを前に小林さんは「K-1は初めてでございますが、興奮しています。選手のみなさん、勇気と希望と幸せを差し上げてください。楽しみにしています」と挨拶し、激闘を前に会場を盛り上げた。

 1R、サウスポーの龍華は蓮實から距離を取って左ミドル、左インローと当てていく。蓮實が前に来ても龍華は軽やかなフットワークで距離を詰めさせない。ミドルとローで蓮實の進入を阻んで初回を終える。

 2R、蓮實はプレッシャーを増し距離を詰めるが、龍華は腹へのヒザ蹴りを突き刺す。そして左ストレートも見せていたが、左ハイキックで蓮實をとらえダウンを奪取する。
 立ち上がった蓮實に龍華は左ミドルの後で再び左ハイ。これで蓮實は足の力が抜けたように座り込んでダウンし、龍華のKO勝利となった。

龍華のマイク
「KOできてホッとしてます。これで8連勝、3連続KOなのでそろそろベルトに挑戦させてください」

 勝利した龍華は花道で小林幸子さんとの記念写真を行った。

■蓮實 光の試合後のコメント
「(試合の感想は)結果的に負けてしまったので悔しいですけど……負けてばっかりなので、今は何も考えられないです。(相手の印象は)若くて勢いのある選手なので、実際に対峙してみて、強い選手でした。いい選手でした。(相手の攻撃力は想像以上?)そうですね。龍華選手の攻撃力がどうというより、自分の中ですごく自信があって、問題なくいけるなと思っていたところがあったので、相手が技術があったとか強さがあったとかいうよりかは、自信があった分、相手うんぬんより自分の問題かなと思ってます。(ファンにメッセージを)応援ありがとうございました。今後のことはゆっくり考えたいと思います」

■龍華の試合後のコメント
「(試合の感想は)素直に、KO勝ちができてホッとしてます。(相手の印象は)一発があるのは分かってたので、もらわないように警戒して戦いました。(2回とも同じハイキックでしたが)練習からずっとハイキックを蹴ってて、当たるなと思ってたので、試合で出して1回目のダウンでハイが入って、見えてないなと思ったので、そのまま2回目も同じように蹴ったらそのまんま当たったっていう感じです。(ベルトへのアピールは)やっぱりやるからには一番になりたいんで、ベルトというのが一番分かりやすい答えだと思うので、タイトルマッチは挑戦したいなと思ってます。

(試合後、小林幸子さんと並んでの感想は?)衣装もメチャクチャ派手で、オーラみたいなのがすごかったですね。(もともとどれぐらい認識してましたか?)名前は知ってるっていう程度で、何をされてる方とかはそんなに知らなかったです。(ファンにメッセージを)今回もKO勝ちという、いい勝ち方ができたので、次回、対戦相手とかもまだ分からないし、いつになるかもまだ分からないんですけど、次もいい勝ち方ができるように頑張っていくので、、応援お願いします」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2021年9月20日(月・祝)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~
日程
2021年09月20日(月)
会場
横浜アリーナ
選手
back
チケット購入