match result

試合結果

第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R

    所属ジム
    リーブルロア
    月心会チーム侍
    戦歴
    21戦 17勝(7KO) 4敗 0分
    28戦 18勝(8KO) 10敗 0分
    生年月日
    2000.3.20
    1992.4.21
    身長・体重
    168cm ・ 60.0kg
    170cm ・ 57.5kg
    ファイトスタイル
    サウスポー
    サウスポー
    出身地
    群馬県太田市
    大阪府摂津市
    SNS

review

試合レビュー

 横山はKrushスーパー・フェザー級戦線のトップに立つ、スピードを武器とする選手。対する佑典は2月のKrushで桝本翔也を降し、同門TETSUの欠場を受け緊急出場となった。1R、両者サウスポーで佑典の踏み込みに合わせて横山は左フックを強振。これで打ち倒すと佑典は立ち上がるも足が覚束ず、横山の一撃KO勝利となった。

横山のマイク
「みなさん、こんにちは。まだこんなもんじゃないので、もっともっと強いタイトル絡む試合をしたいです。今日のタイトルマッチ楽しみにしています。佑典選手、代打で急遽出てくれたので試合ができたので感謝したいと思います。これからも僕の応援よろしくお願いします」

■試合後の佑典のコメント
「(試合の感想は?)何もできず終わってしまったんで、悔しいですね。(相手の印象は?)思った以上に飛び込むスピードが今回速くて、ちょっと駆け引きが一瞬合ったんですけど、一枚向こうが上手でしたね。強かったです。

(前の試合からすぐ、急きょの出場でしたが、影響は?)それはないですね。2週間みっちりやって、けっこう仕上がりもよくて、試合前の動きもメチャクチャよかったんで、しっかり出し切れればホンマに勝てるんやないかと思ってたんですけど、お互いが狙いにいった結果、先に当てられたって感じで。全然問題はなかったです。

(大きい大会に出た感想は?)夢やった舞台やったんで、そこはいい経験できたなって感じやったんですけど、でも爪痕を残せなかったことがすっごい悔しいですね。もう一回、絶対ここに戻ってくるためにも、明日からでも練習して、戻ってきます。(ファンへのメッセージを)応援してくれた人たちはホンマにありがとうございました。すんませんでした。今回何もできひんかったけど、絶対這い上がって戻ってくるんで、また応援お願いします」

■試合後の横山朋哉のコメント
「(試合の感想は?)作戦どおりといえば作戦どおりなんですけど、思ったよりも早く決まったのでホッとしてます。

(対戦相手の印象は?)1R目からガツガツ来るかなと思ったんですけど、最初距離取ったんで『アレッ? 何か狙ってるのかな』と思って、自分から攻めていこうと思って。そうしたらちょうど当たったんでよかったなと思います。

(もともと打ち合うつもりだった?)いた、1Rは見ようかな思ってたんですけど。もっと向こうが打ち合ってくるなら打ち合おうと思ってたら来なかったんで、様子見ようかなと思ってたんですけど、調子もよかったんでいったら、ちょうど当たりました。

(この先は?)もちろん、タイトルが獲りたいんで。僕の憧れてる武尊選手が、もう何戦できるかわからないんで、現役中に拳を交えられたらなと思ってるので。それに向けて強くなっていきたいなと思います。

(ファンへのメッセージ)今日はたくさんの応援、ありがとうございました。早く終わっちゃったんですけど、また次戦も楽しみにしてもらえるとうれしいです。今回はK-1のファンのかたがたにアピールできたんじゃないかなと思っているので、これからも横山朋哉をよろしくお願いします。ありがとうございました」

movie

動画

試合情報

BRAND
大会名
2021年3月28日(日)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~
日程
2021年03月28日(日)
会場
日本武道館
選手
back
チケット購入