大会情報

  • 日程 2013年03月03日(日)
  • 会場 東京・新宿FACE

大会概要

対戦カード

オープニングファイト【Krush -63kg Fight/3分3R】


一真 Kazuma

オープニングファイト【Krush -63kg Fight/3分3R】

  • ●
  • 判定
    • 1-0
      30:29/30:30/30:30
  • ×
x

デンジャー内山 Danger Uchiyama

1R、細かいインローを蹴っていく内山。一真はパンチで距離を詰めて左ミドル。内山はガードを固めてパンチをブロックしながら前足にローを集める。2Rも一真のパンチに内山がローを返す展開が続くが、内山が左ミドルも出し始めると、一真がそれに合わせて左フックをヒット。後退した内山にパンチをまとめて攻勢に出る。3Rに入ると、内山が前に出て、プッシングからの右ローで反撃。距離が詰まると片手クラッチからの膝蹴りをボディ、顔面にヒットさせていくが、一真も左フックを当て返して反撃して試合終了。判定は1-0のドロー決着となった。

第1試合【Krush -55kg Fight/3分3R】


隆聖 Ryusei

第1試合【Krush -55kg Fight/3分3R】

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      29:30/29:30/28:30
  • ×
x

良輝 Yoshiki

1R、YOSHIKIが左ロー、ミドル、バックスピンキックと多彩な蹴り技を出せば、隆聖も距離を詰めてスピードのあるパンチのコンビネーションで反撃。隆聖はパンチでYOSHIKIをロープ際に追い込むと強烈な右ローを放っていく。

2R、YOSHIKIが左ミドルを連打し、隆聖も呼応するように右ローをリターン。YOSHIKIは盛んに回転技を出していき、ラウンド終盤には激しいローの蹴り合いからYOSHIKIが奥足への左ローを効かせて隆聖の体が大きく流れる。

3R、パンチで出てくる隆聖にYOSHIKIが左ローからハイキックをヒット。隆聖は足を効かされながらもパンチで前進するが、YOSHIKIは前蹴りで突き放しながら左ローを当てる。判定は0-3でYOSHIKIがデビュー戦を白星で飾った。

第2試合【女子46kg契約/2分3R】


楓花 Fuka

第2試合【女子46kg契約/2分3R】

  • ●
  • 判定
    • 1-0
      30:29/30:30/30:30
  • ×
x

キラッ☆Chihiro Kira Chihiro

1R、サウスポーのChihiroは細かくステップを踏みながら左ミドル。楓花はこれをブロックしながら、ワンツーで詰めて右ミドルへとつなげていく。Chihiroは楓花が入ってくるところにカウンターで左ミドル、ストレートを狙う。

2R、強い右ミドルからワンツーで前に出る楓花だが、Chihiroは左ミドルを返すと、サークリングで距離を取り直して楓花のパンチをかわす。パンチの距離に入りたい楓花だが、Chihiroの前蹴りと左ミドルに阻まれ距離を詰めきれない。

3R、足を止めずに左ミドルを当てていくChihiro。楓花がパンチで詰めても左ミドル、右フックで応戦するが、ブレイク後に気を抜いたところに楓花が左フックをヒット。判定はジャッジ1名が楓花を支持したもの、残り2名はイーブンとしてドローに終わった。

第3試合【Krush -58kg Fight/3分3R】


林 京平 Hayashi Kyohei

第3試合【Krush -58kg Fight/3分3R】

  • ●
  • 判定
    • 3-0
      30:27/30:27/29:27
  • ×
x

耀織 Yoshiki

1R、いきなり胴回し回転蹴りで奇襲をかけた耀織。さらにノーガードで挑発して林のペースを乱そうとする。林は挑発には乗らず、右ローを蹴りながら耀織が飛び込んでくるところにカウンターの左フック、右ストレートを合わせる。

2R、耀織が左右のロー、飛び込んでの左ハイと蹴りを増やすと、ローのフェイントから左ハイをヒットさせて林の腰が落ちる。林は追撃をかわして反撃に転じると、パンチの連打でバランスを崩した耀織の顔面に右ミドルを痛打してダウンを奪う。立ち上がった耀織に、林が右ストレートから再び右ミドルを当てて2度目のダウン。

3R、ワンツーから右ミドルで前に出て試合を決めにかかる林。耀織もパンチと左ハイで応戦し、両者引かずに打ち合いとなってタイムアップ。2Rに2度のダウンを奪った林が判定3-0で勝利した。

第4試合【Krush -60kg Fight/3分3R】


加藤 港 Kato Go

第4試合【Krush -60kg Fight/3分3R】

  • ●
  • 判定
    • 0-2
      30:30/29:30/28:30
  • ×
x

平塚 大士 Hiratsuka Taishi

1R、左右のミドル、ローで攻めていく平塚。加藤は右ストレートで入っていくが、打ち終わりに平塚が必ず左ミドルを返して連打を許さない。平塚のミドルに阻まれて加藤は距離を詰めることが出来ず、平塚が的確な左ミドルを何発もヒットさせる。 

2R、平塚は左右のミドルで先手を取ると、加藤の左ジャブに合わせてテンカオもヒット。パンチに活路を見出したい加藤だが、右のパンチを振るう度に平塚が左ミドルを返していく。

3R、離れた距離ではロー、加藤が中に入ってくると左ミドルを浴びせて攻勢をキープする平塚。加藤は頭をつけるように距離を潰してショートパンチを振るう。平塚は終了間際にバックブローもヒット。判定は僅差の0-2とジャッジにはあまり評価されなかったが、平塚が的確なミドルで加藤を完封して判定勝ちを収めた。

第5試合【Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R】


渡辺 武 Watanabe Takeshi

第5試合【Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R】

  • ●
  • 判定
    • 0-3
      29:30/29:30/29:30
  • ×
x

松野 祐貴 Matsuno Yuki

1R、ラウンド序盤は渡辺が左フックと右ミドルで積極的に攻めていくが、松野はしっかりとガードを固めて渡辺の攻撃を防ぐと、左ジャブとテンカオで前進して圧力をかけ、渡辺をロープに詰めて右ストレート。松野が組みからの離れ際にショートアッパー、前蹴りを顔面にヒットさせてラウンドを終える。

2Rも序盤は渡辺が左フックから右ロー、左ボディからハイと手数を増やして攻めるが、松野の固いディフェンスを崩しきることは出来ずに中盤に入ると失速。松野が丁寧に左ジャブを突きながら、テンカオと右ストレートで渡辺を追い詰めていく。

3R、渡辺はワンツーから強い右ロー。松野はガードを高く保って渡辺の攻勢を凌ぐと、左ジャブでロープ際に詰めて右ハイをヒット。グラついた渡辺にパンチの連打を浴びせ、松野の右ストレートで渡辺が転倒するがこれはノーダウン。再開後も松野が前に出続け、渡辺もパンチで必死に応戦して試合終了。判定0-3で松野が渡辺を下した。

セミファイナル(第6試合)【Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R】


高橋 幸光 Takahashi Yukimitsu

セミファイナル(第6試合)【Krush -63kg Fight/3分3R・延長1R】

  • ●
  • KO
    • 2R 2分34秒
  • ×
x

ユウキ・旬 Yuki Shun

1R、開始と同時にパンチでラッシュをしかけるユウキ。高橋はこれにやや面食らったか、何発か左ストレートを被弾して下がってしまう。ラウンド中盤に入ると、高橋が距離を取って左ミドルをヒット。ユウキのパンチも見え始めたか、スウェイでかわしてローとミドルを当てていく。

2R、ユウキがワンツーで入っていくが、高橋は落ち着いてパンチをかわし、カウンターで左ミドル、ストレートを当て、さらに左ハイもヒットさせる。ユウキのインローがローブローとなって中断。再開後、ユウキがパンチでラッシュをしかけ、右フックがヒット。ユウキがパンチで追撃するが、高橋はサークリングでかわしてロープ際から抜け出すと、逆にユウキにロープを背負わせてパンチの連打を浴びせてダウンを奪う。ユウキはそのまま立ち上がることが出来ず、新スタイルを予告していた高橋がパンチでKO勝利を収めた。

メインイベント(第7試合)【Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R】


悠矢 Yuya

メインイベント(第7試合)【Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R】

  • ●
  • KO
    • 2R 1分30秒
  • ×
x

北井 智大 Kitai Tomohiro

1R、前蹴りで距離を保とうとする北井。悠矢は右ローを飛ばしながら左フックで詰めていき、両者の距離が狭まっていく。悠矢の左フックと北井の右ストレートが交錯し、北井のパンチがヒットして悠矢がグラつく。北井がパンチをまとめて攻勢に出ると、悠矢も左フックで応戦。悠矢は下がらずに圧力をかけ続け、後退し始めた北井に右ストレートをクリーンヒット。大きくグラついた北井をコーナーに追い込んでラッシュを浴びせてスタンディングダウンを奪うと、再開直後に強烈な前蹴りを突き刺して2度目のダウンを奪取。残り30秒で悠矢がパンチの連打で試合を決めにかかるが、北井もパンチで必死に応戦してラウンドを終える。

2R、インターバルでダメージが回復した北井は、悠矢の左フックにカウンターの右ストレートを合わせる。悠矢は被弾しながらもプレッシャーをかけて左フック、右ストレート。悠矢が北井をロープ際に追い込むと、北井のパンチにカウンターの右ストレートを一閃。これがまともに入り、北井は立ち上がることが出来ず。鮮やかな一撃でKO勝利を飾った悠矢は「今回は絶対に勝とうと思っていた。そろそろもっと強い選手とやってもいいかなと思うんで、竹内さんとかとやりたいですね。俺とやれば絶対盛り上がると思うんで」と“狂拳”竹内とのハードパンチャー対決をアピールした。

 

選手登録