「K-1 WORLD GP(ケイワン・ワールド・グランプリ)」は世界各国から強豪たちが集まる世界規模の立ち技格闘イベント。スーパー・バンタム級からヘビー級まで全9階級が設けられ、タイトルマッチによるベルト争い、ワンデートーナメントによる最強を決める戦いの二つを軸に、ハイレベルかつエキサイティングな戦いが繰り広げられる。世界最高峰の立ち技格闘技である。

1993年に日本で産声をあげた、立ち技格闘技「K-1」(ケイワン)。重量級ファイターたちが激突する世界最高峰の戦いが支持を集め、ピーク時には国内地上波3局と135カ国でテレビ放映され、最高9万人の大観衆を集めるが、2011年を最後に活動休止の状態が続いていた。
2014年5月に新たな組織体として「K-1実行委員会」が発足して「新生K-1」をスタート。定期的に大会を重ね、2017年3月21日に“新生K-1史上最大のビッグマッチ”として「K'FESTA.1」を成功させる。これを機に「新生K-1」としてではなく、新たな「K-1」としての活動を宣言した。
「K-1」の大目標として格闘技の産業化を目指し、100年継続する事業を構築すること掲げて 「K-1実行委員会」は活動を行っている。プロデューサーには、2018年12月17日よりK-1のテレビ解説者でもある中村拓己が就任した。大会の企画・制作を㈱M-1スポーツメディア、運営を㈱グッドルーザーがそれぞれ行っている。
世界的に選手層の厚く、日本人ファイターも輝く舞台として、軽・中量級のスーパー・バンタム級“-55kg”、スーパー・フェザー級“-60kg”、スーパー・ライト級”-65kg”、スーパー・ウェルター級“-70kg”の4階級とヘビー級“無差別”からスタートし、現在はフェザー級“-57.5kg”、ライト級“-62.5kg”、ウェルター級“-67.5kg”、クルーザー級“-90kg”の4つの階級を加えた全9階級で展開されている。
K-1各階級のチャンピオンは、2014年から国内外のトップファイター8選手参加の「ワンデートーナメント」形式で決定。そして、チャンピオン選手がチャレンジャーを迎えて、タイトルマッチ=防衛戦を行っている。
現在は【スーパー・バンタム級/-55.0kg】武居由樹(たけい・よしき)、【フェザー級/-57.5kg】江川優生(えがわ・ゆうき)、【スーパー・フェザー級/-60.0kg】武尊(たける)、【ライト級/-62.5kg】林健太(はやし・けんた)、【スーパー・ライト級/-65.0kg】安保瑠輝也(あんぽ・るきや)、【ウェルター級/-67.5kg】久保優太(くぼ・ゆうた)、【クルーザー級/-90kg】シナ・カリミアン(イラン)、【ヘビー級/無差別】ロエル・マナート(オランダ)の8選手が王座に君臨している。(2019年11月26日現在)