2019.08.25

皆さんこんにちは!
K-1 GIRLS team K-1"癒しの天然スマイル"河辺ほのかです!
K-1girl'sフルメンバーで初のオープニングいかがでしたか?映像もすんごくカッコ良く仕上げていただき、フリもみんなで何度も練習したのでバッチリキマりました!

さて今回の大阪大会どの試合も最高でチョイスできないので沢山書かせていただこうとおもいます。まず、近藤魁成選手vs松岡力選手の試合。K-1 KRUSH FIGT.101 で木村”フィリップ”ミノル選手に「彼を改めて好きになった」と言わせた、近藤選手は前試合より一回り大きくなった肩と凄い集中力で繰り出すパンチを決め1RでK.O勝ちしました。以前の対戦ではキックで勝負していた印象が強かったので、憧れである木村選手との対戦がすごく偉大だったんだなと感じました。試合からとても気持ちの強さが伝わってきて、本当に18歳!?と呟いてしまうほどでした。「高校生のうちにチャンピオンを目指す!」と話している姿とても尊敬しました。

続いて、日本vs世界の5対5で最初を飾ったのは愛鷹亮選手vsシナ・カリミアン選手。
身長差のある戦いを初めて見てシナ選手のとんでもないリーチでパンチを繰り出し余裕の表情で前半の流れを持って行きました。が、隙をついた愛鷹選手の右パンチがバッチリ顎に入りK.O。会場全体がぶち上がりました!!!20㎝も身長差があればやはりシナ選手の方が断然有利に見えたので、怯まず最後まで自分が勝つことを信じて勝利した、愛鷹選手のメンタルの強さと日本人魂に圧巻された試合でした!

続いて会場を沸かせたのが、大泉翔選手vs木村”フィリップ”ミノル選手の戦い。木村選手は元ボクサーである大泉選手にパンチで勝つと宣言した通り1R3回連続パンチでダウンを獲りました。大泉選手は1度目しっかり立ち上がり、2度目会場はもう立てないと思うも立ち上がり木村選手にパンチで立ち向かう姿を観客に見せつけました。とんでも無い緊張感が伝わってくる試合で、私の脳味噌はバッチバチに刺激されました。

大阪を熱狂させた、皇治選手vs大岩選手の戦い。試合開始から皇治選手への声援が鳴り止まず、アウェイの中大泉選手も、互角の戦いを見せました。こちらはもはや文章では伝えきれないので見てない方絶対見てください!凄かったですよね。もう凄いしか出ませんでした。

人が命と人生を賭けて戦う姿を目の当たりにする度私自身自分の新しい感情や考えが芽生えて、人として大きくなれている気がします。まだ、始まったばかりとはいえあっという間かと思います。今K-1に携われている事とても誇りに思います!!

今はまだ皆さんに活躍を見せられる場面が少ないですが、2021年までに必ずBIGになって見せます!インスタやツイッターで告知や仕事内容ガンガン載せてますので、是非チェックして下さい!沢山の方に私が関わってきた事や、K-1の良さ伝えられるように頑張りますこれからも応援よろしくお願いします!