2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 第1試合では回転力のあるパンチが持ち味のRANが、月心会のファイターであるTOODY NAOMIと対戦。NAOMIは前日計量で契約体重を50グラムオーバー。これによりNAOMIは減点1、グローブハンデとしてRANの6オンスに対しNAOMIは8オンスになった上で試合を実施。上背で8cm勝るRANはパンチを主体に攻め、1R終了間際には左フックをクリーンヒット。以降もNAOMIを寄せ付けず、試合を終始、パンチで優位に進めて判定で勝利をつかんだ。

 大差の判定勝利を収めたRANだが、「作戦とかいろいろ練ってたんで、それが全然出せなくて、けっこう落ち込んでます。トップバッターを任せていただいたのに、いい流れを作れなかった」と反省の弁。メインでは同じフライ級のタイトルマッチが行なわれたが、RANは「期待を裏切らずにKOで勝つのがすごい。KANAさんみたいにKOできる選手って、みんなに思われたいので、もっともっと練習励んでがんばっていきたい」と、さらなる躍進を誓った。

RAN
「(試合の感想は?)昨日はKOして勝つのが目標だったんですけど、やっぱり倒せなかったので、そこがメッチャ悔しいです。(一夜明けての心境は?)いろいろ振り返って、作戦とかいろいろ練ってたんで、それが全然出せなくて、けっこう落ち込んでます。(注目された大会のオープニングで勝ったが、周りの反響は?)トップバッターを任せていただいたのに、いい流れを作れなかったのに責任があるなって思ってます。

(メインは同じフライ級のタイトルマッチだったが、感想は?)やっぱり期待を裏切らずにKOで勝つのがすごいと思いました。やっぱりK-1の看板を背負ってる選手だからっていう、プレッシャーも背負って、戦えるのがすごいなって思いました。(これからの目標と、K-1の女子大会をどうしていきたい?)やっぱりKANAさんみたいにKOできる選手って、みんなに思われたいので、もっともっと練習励んでがんばっていきたいと思ってます」

 

選手登録