2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 無敗のホープ対決は延長にもつれこむ大接戦。延長で池内紀子が持ち前のスタミナと圧力でARINAに対して優勢に試合を進めて、判定で勝利した。これで池内はデビュー以来無傷の4連勝。ただ、池内は「勝ったのは嬉しいですけど、悔しい気持ちが大きいです。練習でダメだったところが試合に出てしまった」という。それでも接戦をモノに出来たのは「スタミナで勝ったのかな」と分析。目下の課題は「倒して勝つこと」。「何度も『倒して勝つ』って言ってるのに、なかなか出来なくて。もっともっと練習して、必ず倒して勝てる選手になって『女子も強いんだぞ』っていうところを見せたい」。

 POWER OF DREAM(以下、POD)といえば、武居由樹、江川優生らチャンピオンを輩出してきたが「理想のスタイル」を聞かれて、池内は「先輩方の、一人一人のいいところを吸収して、それが上手くバランス良く取れるような選手になっていきたいです」と語った。

 
 昨夜対戦したARINAと「ライバル関係になるのではないか」と聞かされると、池内は戸惑った表情を浮かべて「自分はもっともっと上を目指していきたい」という。デビューから4連勝を収めた成長株は「倒せる選手」になるべく、今後もPODで切磋琢磨していく。

池内紀子
「昨日の試合なんですけど、全然、自分の中では納得いく試合が出来ず。圧倒的に勝つって言ったんですけど、接戦になってしまい、悔しい、ですね。(勝利して、一夜明けてどんな気分ですか?)練習でダメだったところが試合に出てしまったので。勝ったのは嬉しいですけど、悔しい気持ちの方が大きいです。(K-1初参戦の反響は)おめでとう、と言われたり、カッコよかったって言われることもあったんですけど、反省点が多いっていうのたくさん言われました。

(接戦を勝ち切れた要因は?)スタミナで勝ったのかなって思います。(メインイベントを見た感想は?)あの大きなプレッシャーの中でしっかりKOで勝ったKANAさんは本当に凄いなって思いました。自分ももっともっと頑張って、強くならないといけないなって思いました。(今後、K-1でどんな目標を持って戦っていくのか。K-1女子大会をどうしていきたいか)何度も倒して勝つって言ってるんですけど、なかなかできずにいるので。もっともっと練習して、必ず倒して勝てるような選手になって、女子も強いんだぞっていうところもしっかり見せていけたらいいなって思います。

(PODには強い選手がたくさんいるが、自分の理想とするスタイルは?)先輩方の、一人一人のいいところを吸収して、それが上手くバランス良く取れるような選手になっていきたいです。(ARINA選手とは今後もライバル関係に?)えー、ライバル関係? 自分はもっともっと上を目指していきたいですね」

 

選手登録