2022.06.23

 6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」。K-1ライト級王者・朝久泰央がフライ級タイトルマッチ&初代アトム級王座決定トーナメントについて語った!

☆初代女子アトム級王座決定トーナメント
「菅原選手はリーチがあって自分の空間で戦える選手で、松谷選手は技の駆け引きが上手くて、その場に応じて色んな技で対応できる選手だと思います。(試合は)菅原選手が距離感を支配するか、松谷選手が上手く駆け引きに付き合わせるかで決まると思うので、どちらが勝つか予想しづらいですね(苦笑)。MIO選手は回転力が早くて自分のペースになったら一気に持って行ける選手だと思います。パヤーフォン選手じゃタイ人選手特有の蹴りの硬さがあって攻撃的でテクニシャンなイメージです。2人が試合をしたら…MIO選手の出入りをパヤーフォン選手が蹴りで上手くコントロールして勝つと思います。(決勝は?)パヤーフォン選手が蹴り疲れたところを菅原選手vs松谷選手の勝者が連打でまとめて勝つと思います」

☆初代女子フライ級タイトルマッチ
「今回KANA選手は海外での修行を経験して、ボディーワークだったり技のコンビネーションだったりに注目しています。僕はKANA選手がK-1チャンピオンとして日々を過ごしているのを知っているので、自分らしく戦ってほしいし、自分らしく戦えばKANAチャンピオンの望む形で勝てると信じてます。相手のマンフレディ選手もラウェイや素手の試合を経験している危ない選手ですが、ファイトスタイル関係なく勝つと思っています」

 

選手登録