2022.06.23

 6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」。K-1フェザー級王者・軍司泰斗がフライ級タイトルマッチ&初代アトム級王座決定トーナメントについて語った!

☆初代女子アトム級王座決定トーナメント
「美優とは地元が同じで、空手時代は同じ道場だったんですよ。ずっと一緒にやっていて、小さい頃から知っています。今はすごくしっかりしてますけど、当時は気持ちが弱かった印象があって。練習で強い攻撃を当てると気持ちが折れちゃうみたいな子でした。そんな子がプロになって、MIO選手とやった2回目の試合はすごく気持ちが強いなと思って、昔を知っている自分からすると意外ですね。(選手としてはどんな子だった?)やっぱり昔から蹴りは上手かったですね。リーチの長さを活かした攻撃と前蹴りは上手かったです。

(トーナメントの予想は?)昔から知っている美優に勝ってほしいですけど、パヤ―フォン選手は強いと思いますね。僕もタイ人(スリヤンレック)と対戦したことがあって、ファイトスタイルにもよりますが、すごく圧力を感じました。パヤーフォン選手も攻撃力がありそうですよね。その反面、気持ちが弱いところもあるので、1日2試合のトーナメントだったら、決勝になった時にどうなるのかな、と。それこそ気持ちも強くなってきた美優だったら、削り合いになってもパヤ―フォン選手に勝つと思います」

☆初代女子フライ級タイトルマッチ
「今回の試合はKANA選手が自分からタイトルマッチを志願して、メインイベントを張ることになって。男気があるというか、本当に気持ちが強い選手だなと思います。過去に試合を見ても絶対に下がらないし、メロニー・ヘウヘスとやった試合でもダウンをとられて顔が腫れても前に出続けて、本当に強い選手だと思います。ただ対戦相手のマンフレディ選手もミャンマーラウェイをやるぐらいの選手なので間違いなくバッチバチの試合になると思います。そのなかでもK-1初の女子大会、K-1王者としての防衛戦という部分で、KANA選手が勝ってくれると思います」

 

選手登録