2022.06.23

 都内・K-1ジム総本部にて、6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」の[K-1 WORLD GP女子フライ級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者KANAと対戦する挑戦者スーリ・マンフレディが公開練習を行なった。

 公開練習で2分1Rのミット打ちを行なったマンフレディだが、来日後も好調を維持しており、「調子はとってもいい。戦いをとても楽しみにしている」と試合が待ち遠しい様子だった。マンフレディはタイ在住のフランス人で、キックボクシングのみならずミャンマーラウェイなど素手の戦いにも挑戦している選手だ。プロで上げた33の勝利のうち、KO勝利は20とKO率も高い。そのため、K-1も「ファイトスタイルは凶暴そのもの」とアナウンスし、迎え撃つ王者のKANAも警戒を示しているほどだ。

 そのマンフレディが格闘技を始めたのは8年前。海外に住んでいる期間が長く、その時にボクシングに興味を持って習い始めたという。そして、現在の拠点はタイ。「格闘技を本格的にやるためにタイに住み始めた。フランスではあまり格闘技を練習出来る場所がなかったし、もっと強くなりたかったから」と、貪欲に強さを追い求めて現在に至る。

 タイに移り住んでから興味を持ったのが素手での戦いであるミャンマーラウェイだ。この過激な戦いにも、「グローブがないほうがもっと自由に試合が出来るし、もっと純粋な戦いという感じがして、グローブをしないスタイルのほうが自分は好きだなと思っている」とのめり込んでいるマンフレディ。

 根っからの戦闘好きらしく、ファイトスタイルも「とても攻撃的なファイトスタイル」と自認している。「得意な技は何か?」と質問すると、「良い質問だと思う」とニヤリ。「私は全てにおいて凄く強いので、その強さが得意技」と自信満々に言い放ってみせた。

 KANAとは、3~4年前から戦いたいという希望を持っていたという。今回、それが実現することに、「このK-1の舞台で3~4年も待ったKANAと一緒に試合出来ることが嬉しくて、夢が実現した気持ちでいる」と、喜びの表情を見せたマンフレディ。

 しかし、ただ対戦しただけで終わらせるつもりはない。「私がそのベルトを奪う」とタイトル奪取に向けて鼻息も荒い。KANAも自分よりもKO率の高いマンフレディを「失神KOさせる」と意気込んでいるが、「選手はみんなそう言うもの。あとはリングで何が起こるか見てもらいたい」と不敵に笑うばかりだった。

 また、「私が知る範囲でもこんなにたくさんの女性選手のカードが揃った大会は初めて。これは格闘技の世界においても革命的で、革新的な出来事だと思う。女性だけの大会はいろんな方の注目を集めていると思うので、話題になってほしい」と、K-1初となる女子だけの大会への参戦も、マンフレディのモチベーションが高い理由の一つ。

 その舞台でKANAを倒し、「私が最強のファイターだというところを見せたい」と、最強の証明を目論んでいるようだった。

 

選手登録