2022.05.24

 6月17日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.138」の[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で松本涼雅と対戦する野田哲司のインタビューを公開!

――1月の「Krush.133」では斎藤祐斗選手にKO負けという結果でした。序盤は野田選手ペースで進んでいたにも関わらず、斎藤選手のハイキック一発で沈んだ試合でしたが、あの試合を振り返ってもらえますか?

「試合が終わった直後は人間やめたいレベルで落ち込みました(苦笑)。でもあの一発をもらったことはしょうがないし、下を向いていても仕方ない。あの敗戦を乗り越えて次に進むためのことを考えて練習していました」

――ずばり自分がミスしたという感覚だったのでしょうか?

「そうですね。倒したい気持ちが強すぎて、相手の攻撃への警戒を忘れていました」

――言い方を変えればそのくらい調子が良かったということですか?

「はい。最初にコンタクトしたときに絶対に倒せる!と思ったんです。それでボディブローが入った時に斎藤選手が嫌な顔をしたんで、そのまま攻め込んでいったら……気が付くと控え室でした(苦笑)」

――あの試合はPURGE TOKYOに移籍して最初の試合でした。強くなっているという実感はありましたか?

「はい。それまでは本能でやっていた部分があったんですけど、矢口先生に教えてもらうようになって、そこが変わりました。例えばポジショニングで言うと、なんとなくここにいたら危ないと思って動いていた場面で、こういう攻撃をもらう可能性があるから危ない思って動けるようになって。理論立てて動けるようになりました。次はしっかりそこを見せて勝ちたいです」

――対戦相手の松本選手の印象は?

「あまり打ち合わない選手ですよね。強くて上手いけど………って感じです」

――どんなテーマを持って戦おうと思っていますか?

「相手が嫌がることをして、最後は倒す試合をしたいです。僕は倒せる選手を目指して、上京してPURGE TOKYOに入ったので、倒して勝つところを見せたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「今までのTETSUと野田哲司は全くの別人です。前回見せられなかった別人の野田哲司を楽しみにしていてください」

 

選手登録