2022.05.22

 5月22日(日)都内にて、前日に開催された「Krush.137」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 今年2月の第3代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場した弟・一航に続き、ムエタイ二冠王・大田拓真がKrushに参戦。初めてのルールに「思った通りの試合はできなかった」と苦戦しながらも、門番役となった佑典を右ミドルを軸に展開した試合運びで判定勝利。K-1 JAPAN GROUP初勝利を飾った。

 大田は初のK-1ルールを振り返ると「蹴りからパンチに繋げていきたかったんですけど、佑典選手の距離感がつかみづらくて警戒しちゃいましたね」と反省の弁。さらに「周りの選手を見ていても展開が早くて。想定はしていましたが、昔からやってきた(ムエタイの)クセが抜けず、見ている展開が長かったと思います」と、ムエタイルールからK-1ルールへの切り替えに苦慮したと明かした。
 先んじてK-1 JAPAN GROUPへ参戦を果たした弟・一航からは「自分でも分かってる通りなんですけど『全然ダメだった』と言われました」と厳しい評価を受けたという。一方で組み際、離れ際のヒザ蹴りは「すごく入って、効いたんじゃないかと思いました」と、ムエタイ技術を活用した有効打に手応えあり。大田のミドルキックで腕を折られたという佑典のSNSを見た中村拓己プロデューサーからは「インパクトのあるデビュー戦勝利だった」と高く評価された。
 他団体王者の高い実力を見せつけながらも控えめな自己評価を崩さない大田は「もっとKrushのルールに慣れていきたいので、一戦一戦大事にしていきたい」と、継続参戦を希望。「もっともっと強くなって、たくさんの人に知ってもらいたいです」と、K-1 JAPAN GROUPのリングでスターダムへ駆け上がる意欲を見せた。

大田拓真
「昨日は応援ありがとうございました。自分の思った通りの試合はできずに練習通りできなかったので悔しいんですけど、とりあえず勝ててほっとしています。(初のK-1ルールで戦ってみた感想)やっぱりちょっと難しかったというのはありますね。周りの選手を見ていても、展開が早いなと思っていて。そこを想定してはいたんですが、昔からやってきたクセが抜けず、見ている展開が長かったなという印象です。

(試合後のインタビューで『もっとオラオラくると思っていた』という話があったが、次回はもっとオラオラした選手とやってみたい?)そうですね。いろんな選手とやってみたいです。(K-1 JAPAN GROUP初勝利に、弟の一航選手から何かコメントはありましたか?)自分でも分かってる通りなんですけど『ぜんぜんダメだった』と言われました。(今後のK-1、Krushでの戦いの目標)昨日の試合で大きなことは言えないんですけど、もっともっとKrushのルールにも慣れていきたいと思っているので、一戦一戦大事にしていきたいなと思っています。

(試合中にやりながらひらめきはあった?)蹴りが結構当たっているので、蹴りからパンチに繋げていくのはやりたかったんですけど、佑典選手の距離感がつかみづらかったですね。距離感の使い方が上手くて警戒しすぎちゃったのはあります。(佑典があまり入ってこなかったのは入らせなかった?)パンチを狙っているんだろうなというのは予想していたので、蹴りで入らせないようにしようというのは作戦通りでした。そこからどう自分が攻撃していくかも練習していたんですけど、そこが全然出せずという感じでした。

(組み際、離れ際のヒザが入っていたようだが、手応えはあった?)ヒザ蹴りがすごく入った手応えがあって、効いたんじゃないかなと思いました。(試合後に佑典が自身のSNSで蹴りで腕を折られたと投稿していたが?)試合中は全然わかりませんでした。自分の攻撃が少なすぎるなと頭が回ってなくて必死でした。(ファンへメッセージ)昨日は応援ありがとうございました。まだまだ全然弱い僕ですが、たくさんの方に知ってもらえたらなと思います。もっともっと強くなって、知ってもらいたいです。これからも大田拓真をよろしくお願いします」

 

選手登録