2022.05.22

 5月22日(日)都内にて、前日に開催された「Krush.137」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第8試合は、2019年のABEMAの格闘リアリティ番組『格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR』で対戦した稲垣澪と寺田匠のリマッチ。当時は稲垣が判定で勝利を収めているが、プロのリングでは寺田がパワー溢れる強打で圧倒。1Rに稲垣からダウンを奪う快勝で無敗対決を制した。

 戦前よりリベンジを意識していたという寺田。見事3年越しのリベンジを達成した理由を「前回戦ったときはKRESTに入って間もない時期。KRESTでの練習で技術面、体の強さ、全てにおいて成長を感じました」と、KRESTで過ごした時間が大きな力となったと語った。

 稲垣とはこれで1勝1敗の五分。試合後には稲垣から「絶対また挑戦する」と言葉をかけられたという寺田は「さらにまた上の舞台で戦えたら」と、3度目の対決に意欲を見せた。

 勝利の決め手となった高い攻撃力は、幼少期から中学3年まで実家の道場で学んだ空手で培われたという寺田。その道場で共に鍛えた兄は現在オランダでプロ格闘家として活躍。来年にはK-1 JAPAN GROUPへの参戦を計画しているという。兄も寺田と同じく無敗街道爆進中。会見に同席した中村拓己プロデューサーが「来年ぜひご注目いただければ」と期待を煽ると、寺田もまた「来年は寺田兄弟で盛り上げられたらと思います」と寺田兄弟をアピールした。

 今回の勝利で5戦5勝(2KO)とレコードを伸ばした寺田の次の目標は8月に予定されているK-1福岡大会への出場。地元福岡でフェザー級トップファイターとの対戦を望んでおり「欲を言えば軍司選手。または軍司選手と戦った相手など、誰が見てもトップの選手とやりたいですね」と、フェザー級トップ戦線への殴り込みを宣言した。
寺田匠
「たくさんの応援ありがとうございました。とりあえずリベンジマッチと無敗を継続できたのですごく良かったです。(代理戦争の借りを返すリベンジはずっと意識していた?)もちろんしていました。(前回の対戦から自分のどこが変わって勝利につながった?)前回戦ったときはKRESTに入って間もなかったので、KRESTに入って技術面、体の強さ、全てにおいて成長を感じました。(本大会ではフェザー級の王座移動、他団体の王者参戦と動きがあった。その中で自分の立ち位置はどう感じる?)自分では自信があるし、挑戦したい。次に8月のK-1福岡大会でトップの選手とやりたいですね。(名指しできる?)欲を言えば軍司(泰斗)選手とやりたいけど、軍司選手とやった相手とか、皆が見てトップ選手とやりたいですね。

(稲垣とはまた戦う予感はある?)そうですね。今回無敗対決だったので、今回勝ったからには、絶対自分はチャンピオンになろうと改めて思ったし、稲垣選手からも『絶対また挑戦するんで』という言葉をもらったので、またさらに上の舞台で戦えたらと思います。(幼少の頃からいろいろな格闘技をやってきた中で、今何が役立ってる?)実家が空手道場で、父が先生だったんです。3歳から空手を始めて、中学3年生までやっていました。すごく厳しかったので、それが今に生きているのかなと思います。お兄ちゃんが今オランダ(K-1MAXにも参戦したニキー・ホルツケンのチームに所属)で格闘技をやっているんです。オランダのプロで無敗。来年くらいにK-1に参戦したいと言っているので、来年から寺田兄弟で盛り上げられたらと思ってます。

(現在の攻撃力は空手時代に培ったもの?)どうなんでしょう。練習じゃないでしょうか?(攻撃力に自信はある?)そうですね。練習の時から強く打つ意識はしています。(ファンにメッセージ)自分をいつも支えて下さる皆様、いつもありがとうございます。最速でチャンピオンになるとずっと言っていますが、今5戦5勝でだいぶ近づいてきたかなと思っています。これからも応援お願いします」

 

選手登録