2022.01.15

 2月27日(日)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]で与座優貴と対戦するK-1ライト級王者・朝久泰央のインタビューを公開!

──2021年は朝久選手にとってどういう年でしたか?

「K-1チャンピオンになるという、とても大きな出来事があって、変化のあった1年でした。ただ、この1年に限ったことではなく、毎日練習しているから、昨日よりも今日、強くなっている自信があるし、また今日よりも明日強くなっている自信があるし、毎日強くなっている実感があります」

──チャンピオンになってから、気持ちの面で変化はありましたか?

「チャンピオンになるというのは夢じゃなくて、『なる』と決めていたことです。応援してくれる皆さんと指導してくれる館長、道場の仲間たちのおかげでチャンピオンになれたと思っていますが、チャンピオンになってからも、もっと強くならないといけないと思うし、次は『王』になるために、向かってくるヤツは全部やっつけようと思います。K-1 JAPAN GROUPの選手であろうと、世界中の選手であろうと、誰が相手でもやっつけようという、強い気持ちを持つようになりました」

──今回は与座優貴選手との一戦です。与座選手との対戦は予想外だったのでは?

「そうですね。ハッキリ言ってあの1試合(12月に蓮實光に左ハイキックでKO勝ち)で自分と対戦というのはどうかなあと思っています。実力もですし、1回勝っただけなので。ただ、彼がKrush一夜明け会見で『K-1ライト級の選手は強いけど、Krushライト級の選手は強くない』と発言したのを見て、僕はKrushでずっと育ててもらったと思っているし、Krushで戦っている戦友もいるんですよね。そういう選手を馬鹿にしているのが腹が立ったので、メリットとかデメリットとか関係なしに、これは叩き潰さなければダメだと思いました」

──与座選手はK-1 JAPAN GROUPでは前回の1勝のみですが、これまでのプロキャリアも極真空手での実績もあります。そこはいかがですか?

「僕が朝久空手ということで、よく同じ括りにされるんですけど、朝久空手は“戦闘術”というか、いわゆる“空手”とは全く別のものだと思っています。極真空手という競技の中では実績を残しているとは思いますが、競技と強さは別だと思います。僕は競技としての空手ではなくて、圧倒的な強さを見せたいと思っています」

──一般的には「朝久空手vs極真空手」と言われると思いますが、それはどう思いますか?

「空手という名称が入っているので仕方ないですが、僕はこの試合は“朝久空手vs極真空手”ではなく、彼は僕の生贄で、僕にぶっ飛ばされる一人としか思っていません。それは彼を舐めているわけではなく、朝久泰央として、朝久空手の黒帯を持ってる者としての覚悟だと思ってください」

──ちなみに与座選手が前回の試合で見せたハイキックをどう思いましたか?

「結果的には派手なKOだったと思うんですけど、僕は蓮實選手をボディでKOして、龍華選手はハイキックでKOしています。弱点が露呈したところをうまく攻めた上でのKOだと思います。KOで勝ったという結果は素晴らしいと思いますが、だからどうというのではなくて、本当に、単に相手の一人という感じです」

──今回も叩き潰す試合をして倒すというだけですか?

「はい。ただそれは与座選手に限らず、世界中の誰であっても、チャンピオンとしての誇りを持って叩き潰すだけです」

──これが2022年最初の試合になりますが、どんな1年になると思っていますか?

「チャンピオンである以上、下からこの王座を狙ってくる選手たちがいると思います。僕はさっき“王”という言葉を使いましたが、“王”には誰も歯向かわないですよね。それは同じ階級の選手でも、上の階級の選手でも、あるいは世界の選手でも関係ない、誰も“王”に歯向かえないような強さを見せたいし、それが僕の考える未来です」

──それでは最後にファンの方にメッセージをお願いいたします。

「僕はチャンピオンになってからの半年で圧倒的に強くなっています。みなさんの想像の上を行くような強さをお見せしたいと思っているので、楽しみにしていてください。押忍!」

 

選手登録