2022.01.13

 1月13日(木)都内にて、2月27日(土)東京体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第3弾カード発表記者会見が行われた。

 中村拓己K-1プロデューサーも、「男子顔負けの熱い試合をするファイターが集まっている女子の階級」と評する女子ミニマム級だが、そのエースである高梨knuckle美穂とK-1初参戦&沖縄在住ファイターのYuka☆のスーパーファイトが決まった。

 高梨は女子離れした破壊力のあるパンチを武器に2018年にプロデビュー。その後、Krush、K-1の舞台で連勝を続け、現在もデビュー以来9連勝と無敗記録を更新し続けている。前回は昨年12月のK-1大阪大会で新鋭の美伶を迎え撃ったが、延長にもつれる打ち合いを制して勝利。今回の試合に向けても「対戦相手が会見に来られなくて、会見に来てたらビビらせてやろうと思ってたんですけど、27日は私が必ずKOでぶっ倒すんで、よろしくお願いします」と、鼻息荒く意気込みを語った。

 対するYuka☆は沖縄在住の3児の母で、昨年37歳でデビューした遅咲きのファイターだ。まだキャリア3戦だが、昨年の11.27「Krush-EX 2021 vol.7」におけるKAI戦でのアグレッシブなファイトが目に止まり、今回のビッグチャンスを得た。沖縄在住ということもあり、会見は欠席となったが「とても緊張しますが、いつも通り自分らしくknuckle選手を美味しく調理致します」と、大胆なコメントを寄せていた。

 これを聞いた高梨はYuka☆について「前に来るイメージで、パンチも蹴りもアグレッシブな感じで、自分にとっては凄く美味しいなと思います」とコメントしつつ「あんまナメんじゃねえよって思いますね。私がぶっ倒します」と過激に応戦する一幕もあった。中村プロデューサーからは「KO決着も期待したい」という言葉もあったこの試合だが、当然高梨もそのつもり。KO勝利からは3年近く遠ざかっているが、「今年からは新しい自分を見せられたらと思ってて、必ずKOでぶっ倒します」と、力強くKOによる勝利を誓った。

 高梨の目標はとにかく強くなること。「K-1のベルトは通過点だと思うので、新設していただくために今回の試合も必ずKOで勝ちたいですし、もっと強くなりたいと思うので、ベルトの先を目標にしています」と、ただチャンピオンになるだけでは飽き足らない様子で、今年の目標をぶち上げていた。

高梨knuckle美穂
「対戦相手が会見に来られなくて、会見に来てたらビビらせてやろうと思ってたんですけど、27日は私が必ずKOでぶっ倒すんで、よろしくお願いします。(前回の美伶選手との試合を振り返ってみて、どんな試合だった?)ちょっと自分の思い通りにいかない部分があったので反省点はありますけど、落ち着いて試合は出来たかなと思います。(Yuka☆選手の印象は?)前に来るイメージで、パンチも蹴りもアグレッシブな感じで、自分にとっては凄く美味しいなと思います。(『美味しく調理致します』というコメントについては?)あんまナメんじゃねえよって思いますね。私がぶっ倒します。

(中村プロデューサーからも『KO決着を期待する』という言葉があったが、どう受け止める?)今年からは新しい自分を見せられたらと思ってて、必ずKOでぶっ倒します。(前回の美伶選手に続いて今回もキャリアの浅い選手が相手となったが、ミニマム級に新鋭が集まってきている状況についてはどう思う?)キャリアが浅くても強い選手がドンドン来てくれて嬉しいって思いますね。(そういう選手が挑んでくることは望むところ?)そうですね。ドンドン来てほしいですね。(今年実現させたいことは?)K-1のベルトは通過点だと思うので、新設していただくために今回の試合も必ずKOで勝ちたいですし、もっと強くなりたいと思うので、ベルトより先を目標にしています」

Yuka☆
「皆さん、はじめまして。SHINE 沖縄所属のYuka☆と申します。本日は会見に出席出来ずに申し訳ございません。この度はK-1という大舞台に参戦出来るということで大変嬉しく思います。とても緊張しますが、いつも通り自分らしくknuckle選手を美味しく調理いたします」

 

選手登録