2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第9試合では大阪府堺市出身の玖村修平が、同じ堺市出身で、今回が1年ぶりの試合となる才賀紀左衛門と激突。1R、玖村は才賀がジャブを出したところに右ストレート一閃。才賀はそのまま立ち上がることができず、玖村がスピードの違いを見せつけてKO勝ちを収めた。

 故郷に錦を飾った玖村は「僕の試合まで延長とか判定が続いて、あんまり盛り上がってる感じがなかったのでよかった」と、鮮やかな勝利を振り返った。また、階級を上げて以降、フィジカルトレーニングに取り組んできたことを踏まえ、「技術とパワーがやっとマッチしてきた」と手応えをつかんだ様子。

 そして、来年の目標として「僕がフェザー級で負けている選手が、昨日タイトルマッチをした二人(椿原龍矢と軍司泰斗)と、あとKrushのチャンピオンの新美選手。まず新美貴士選手にリベンジして、そこから来年、K-1のタイトルマッチまで駆け上がりたい」とタイトル戦線への浮上を誓った。

玖村修平
「僕の試合まで延長とか判定が続いていて、会場があんまり盛り上がってる感じがなかったので、僕がKOで倒せて、盛り上げることができてよかったなと思ってます。(戦いかたや、地元大阪での試合というところも含めて感想は?)階級も上げて、フィジカルトレーニングにも取り組んでたんで。一発で倒すっていうのがキャリアで初めてで、その手応えがあったのと。あとはいま、チームキングスで指導してもらってる秋元トレーナーと、弟の将史とずっと教えてもらってるトレーニングというか、技術とパワーがやっとマッチしてきたなという感じで。そこの手応えはすごくつかめました。

(前回の大阪は残念な結果で、今回はKO勝利となったが?)両方1Rで終わったんですけど、前回はノーコンテストっていう、周りをなんとも言えない悲しい思いをさせてしまったんで。昨日はすごくみんな喜んでくれましたし、そこは本当によかったなって思ってます。地元でリベンジできたなって、すごくホッとしてます。(椿原選手と軍司選手のタイトルマッチはどう見た?)僕は二人に負けちゃってるんで、なんとも言えないですけど。そこにまた駆け上がっていきたいなって思いながら観てました。

(2022年の目標は?)僕はフェザー級で負けてる選手が、昨日タイトルマッチをした二人と、あとKrushのチャンピオンの新美選手です。まず新美選手にリベンジして、Krushのチャンピオンになって。そこまで駆け上がって、そこから来年、K-1のタイトルマッチまで駆け上がれるように、一戦一戦勝ち上がっていきたいなと思います」

 

選手登録