2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第8試合のフェザー級スーパーファイトで森坂陸と対戦したと斗麗。変則的な打撃を持ち味とする森坂に対して、左ストレート、ミドル、ボディ、カーフキックなど多彩な技で圧倒。全ラウンドを完封して判定勝利した。

 今年2月には新美貴士が持つKrushフェザー級王座に挑戦するも敗戦し、涙をのんだ斗麗。初黒星後、今回の勝利を含めて3戦3勝と進化を見せた。「自分の新しい動きも確認出来て、もっと強くなれると確信出来たので良かったと思っています」と自身の進化を実感した。

 変則的な動きを見せる森坂対策をして試合に臨んだことも勝利へのカギとなった。「やりにくい人と練習していたので、試合ではやりにくくなかった」という。「気持ちが強かったので試合やっていて楽しいなと思いました」と試合を振り返った。

 同大会ではK-1フェザー級タイトルマッチが行われ、軍司泰斗が王者・椿原龍矢からベルトを奪い取った。「軍司選手、椿原選手も素晴らしい選手と思っているけど、僕は世界一を目指しているので、どっちが(ベルトを)持っていようが、僕は世界一を獲りにいくだけ。相手が変わっただけですね。K-1フェザー級が戦国時代と言われてからフェザー級でK-1全試合でて3試合勝っているのは僕だけなので、王手をかけられたと思います」と、タイトル戦線で上位に入り込めた実感はある。

 来年に向けては「来年中に僕はK-1のチャンピオンが世界1だと思っているので、しっかり獲ってK-1が世界1とみんなに思って貰えるような試合をします。それが僕の目標なので、叶えたいと思います」と大きな目標を掲げた。

斗麗
「昨日は応援してくれたみんなありがとうございました。対戦してくれた森坂選手ありがとうございました。理想は倒して勝ちたかったけど、森坂選手は素晴らしい選手で判定に行ってしまいました。自分の新しい動きも確認出来て、もっと強くなれると確信出来たので、良かったと思っています。(対戦した森坂については)僕は森坂選手がもっとやりにくいと思っていました。それを想定してやりにくい人と練習していたので、試合ではやりにくくなかったです。気持ちが強かったので試合やっていて楽しいなと思いました。

(メインイベントのタイトルマッチに関しては)軍司選手、椿原選手も素晴らしい選手と思っていますけど、僕は世界一を目指しているので、どっちが(ベルトを)持っていようが、僕は世界一を獲りにいくだけなので、獲る相手が変わっただけですね。K-1フェザー級が戦国時代と言われてからフェザー級でK-1全試合に出て3試合勝っているのは僕だけなので、王手をかけられたと思います。(2022年の目標は)来年中に僕はK-1のチャンピオンが世界1だと思っているので、しっかり獲ってK-1が世界1とみんなに思って貰えるような試合をします。それが僕の目標なので、叶えたいと思います」

 

選手登録