2021.12.05

 12月5日(日)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合ではK-1女子ミニマム級を牽引する高梨knuckle美穂が、ミニマム級注目の新鋭・美伶と対決。高梨のパンチに対し、美伶も空手流の蹴りとパンチで真っ向から応戦。延長Rにもつれ込むと、前に出て攻撃を当てた高梨が判定3-0で辛勝を収めた。

 苦しい戦いを制した高梨は、延長決着に悔しさを表しつつも「不安なく楽しんで試合はできた」とコメント。また、中村プロデューサーの「女子もK-1らしい試合ができるようになってきたという」評価を受けて、「もっと盛り上げるために強くならないといけない。ミニアム級が女子で一番強いって思われたいんで。倒す試合を見せていきたい」と気を引き締めた。これでプロデビューから無傷の9連勝。このまま全勝記録をどこまで伸ばすのか、来年の戦いにも注目が集まる。

高梨knuckle美穂
「昨日はKO決着って言ってたんですけど、ダウンも取れなくて。延長で勝利っていうかたちだったんで、悔しいっていう気持ちがすごく大きいです。でも、不安なく楽しんで試合はできました。(竸った戦いの中で勝因は?)そうですね……、気持ちの部分だったかなと思います。

(中村プロデューサーから女子もK-1らしい試合ができるようになってきたという評価があったが?)そう言っていただけてすごいうれしいですね。もっと盛り上げるために強くならないといけないなって、いま感じてます。(自分の階級をどうしていきたいかを含め、2022年の目標は?)ミニマム級が女子で一番強いって思われたいんで。倒す試合を見せていきたいですし、来年はベルトに近づけるように一歩一歩、強くなっていきたいなって思います」

 

選手登録