2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第4試のクルーザー級スーパーファイトで谷川聖哉は工藤勇樹と対戦。K-Jeeの負傷欠場を受けて代打出場になった工藤に対し、バックボーンの空手を活かしたキレのある蹴り技で攻め、1Rは強烈な右ストレートでダウンを奪う。2Rは左フックを工藤に見舞い、横を向いた工藤に強烈な右ハイキックをクリーンヒット。この一撃で工藤をマットに沈めて、絶大なインパクトを残した。試合後には「怪我を治して僕と戦ってください」と本来対戦予定であったK-Jeeに改めて対戦をアピールした。

 圧巻のKO勝利で会場を沸かせた谷川だが、一夜明けた心境を聞かれると「重量級の試合が2試合しかなかったので、重量級らしい試合をしようとしていて、最低限KOはすることは出来たが、試合内容的には本当に良い試合ではなかった。悔しい気持ちが残っています」と不完全燃焼であったことを明かした。

 序盤は下段への蹴りで、相手の足を止め、後半に上段の蹴りで顔面を狙う作戦を立てていた谷川。そのプラン通りに試合を進めることは出来たが「思ったより距離が遠かったり、狂った所を修正できなかった。良い経験になりました。プラン通りといえば、プラン通りですが、もっと完璧にやりたかったと思ってます」と更なる成長を目指している。

 試合後に仕切り直しての対戦をアピールしたK-Jeeについては「K-Jee選手は、僕を除けば日本で強いクルーザー級の選手なので、いずれやらせていただければと思います」と対戦をアピール。盛り上がりを見せるK-1JAPAN GROUPの重量級戦線。Krushのリングでは、谷川が2度KO負けを喫しているマハムード・サッタリが12月18日(土)にANIMAL☆KOJIを迎えて王座防衛戦を行う予定だ。谷川は「K-1 JAPAN GROUPでサッタリ選手にしか負けていないのでサッタリ選手めちゃめちゃ意識しています」と話す。

「K-1にずっと来た時から掲げている外国人選手とやって勝っていきたい。機会があれば外国人選手と組んでもらって、その中でベルトを取れるチャンスがあれば、一度シナ(カリミアン)選手と決まっていて、流れてしまったのでその辺も考えて今後は練習をしていきたいです」と海外の重量級ファイターをの戦いを見据えた。

谷川聖哉
「まず代打で引き受けてくれた工藤選手に感謝をしていて、前も言いましたが重量級の試合が2試合しかなくて、重量級らしい試合をしようと考えていました。最低限KOはすることは出来ましたが、試合内容的には本当にいい試合ではなくて、今後が見れるような試合展開にしていきたいと言ったんですけど、あまりそういう感じにもなれなかったので、悔しい気持ちが残っています。

(試合前の作戦やプランについては)1発で全てがひっくり返ってしまう階級なので、1Rはしっかり足を削って、2Rで上段を蹴るプランでしたが、思ったより距離が遠かったり、狂った所を修正できなかったので、いい経験になりました。プラン通りといえば、プラン通りですが、もっと完璧にやりたかったと思ってます。

(対戦予定であったK-Jeeに関して)きつい言い方にはなりますが、試合をしてプロだと思うし。それまでの怪我というのはしょうがないけど、同じ土俵に立てていないのは正直なところです。K-Jee選手は、僕を除けば日本で強いクルーザー級の選手なので、いずれやらせていただければと思います。

(12月18日のKrushで防衛戦を行うマハムード・サッタリは意識するか)僕はK-1 JAPAN GROUPでサッタリ選手にしか負けていないですけど、サッタリ選手めちゃめちゃ意識しています。K-1 JAPAN GROUPに来た時から掲げている目標=外国人選手とやって勝っていきたいですし、機会があれば外国人選手と組んでもらって、その中でベルトを取れるチャンスがあれば、一度シナ(カリミアン)選手と決まっていて、流れてしまったので、その辺も考えて今後は練習をしていきたいです」

 

選手登録