2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第2試合ではライト級のスーパーファイトで篠原悠人が石田勝希と対戦。序盤から的確な打撃で着実にポイントを稼ぎ、4年連続出場の大阪大会で判定勝利を収めた。昨年は卜部功也ら強豪選手相手に、一時は3連敗を喫していた篠原だが、完全復活を予感させる動きを見せた。

 試合内容に関しては「地元だったので、KOで倒して大阪大会を盛り上げたかったけど、有言実行が出来なくて悔しい試合になった」と悔しさを滲ませる。ハイレベルな戦いを披露したが、倒す姿をファンに見せたかったことから、納得のいっていない様子だ。

 試合中に力んでしまったことを倒せなかった理由と分析する篠原。「もっと強引に連打で仕掛けることが出来たら良かったけど、出来なかったので、それが練習の課題」と既に改善点は洗い出している。今年最終戦を終えて「やっぱりライト級でやってる以上、ベルトは絶対獲りたい。そこに絡んでいけるように1戦1戦勝っていくしかない。すぐタイトルマッチとはいえるレベルでは全然ないと思うので、しっかりタイトルマッチ組んでもらえるような試合をしていくことが目標です」と2022年に向けて意気込んだ。

篠原悠人
「昨日は大阪、地元だったのでKOで倒して大阪大会を盛り上げたかったけど、有言実行が出来なくて、悔しい試合になったと思います。(KO決着にならなかったが、レベルの高い試合だったが?)石田選手は昔から強い選手で、K-1には出ていなかったけど、スピードも思ったより速くて自分自身力みすぎてスピードが出せなかった。もっと強引にいける連打で仕掛けることが出来たら良かったけど、出来なかったのでそれが練習の課題と思っています。

(選手層の厚い階級だが、今後どのような相手戦っていきたいか)昨日の試合内容だったら全然何も言えないです。やっぱりライト級でやってる以上、ベルトは絶対獲りたい。そこに絡んでいけるように、1戦1戦勝っていくしかないです。(2022年の目標は)すぐタイトルマッチとは言えるレベルでは全然ないと思うので、しっかりタイトルマッチ組んでもらえるような試合をしていくことが目標です」

 

選手登録