2021.10.24

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[【サイクリー Presents】スーパーファイト/-61.5kg契約/3分3R・延長1R]でレオナ・ペタスと対戦するマキ・チャーチャイのインタビューを公開!

――今大会でK-1デビューが決まりました。記者会見を終えた心境はいかがでしょうか?

「K-1はすごく大きな大会で、世界・タイでもすごくよく知られた大会だから、試合が決まった時は嬉しかったよ。記者会見に出たことも嬉しかったが、少し緊張していて思ったようには話せなかったよ(笑)」

――これまでK-1の試合はご覧になっていますか?

「そうだね。同じジムの(マキ・)ドゥワンソンポンや実方宏介が出場しているので、K-1の試合はよく見ている。周りから『ムエタイとK-1は違うから、対応することが難しい』と言われているが、K-1ルールで試合をすることは自分にとってのチャレンジだから全力で頑張りたい」

――対戦相手のレオナ選手の印象はいかがですか?

「記者会見で顔を合わせたけど、すでに試合に向けて気持ちが入っているなと思ったよ。試合に関しては、これからよく研究していきたいと思う」

――会見ではレオナ選手から「テーマは秒殺」といった言葉も聞かれましたが、これに関してはどうでしょう?

「自分もハードな練習を積んでいくので、1Rで倒されるようなことはない。逆にこちらがレオナをKOできるチャンスもあると思うので、強い体と気持ちを作ってリングに立つよ」

――K-1ではどんな試合を見せたいですか?

「日本のファンに“ムエタイとK-1の融合”を見せて、面白いと思ってもらえる試合をしたい。自分は、見た人に『すごく面白かった。見る価値があった』と思ってもらえる試合やエキサイティングな試合をする自信がある。そのために試合の日まで練習を重ねていきたい」

――チャーチャイ選手は日本でも試合をしていますが、日本人は戦いやすいですか?

「タイ人の中には日本人をやりやすいという選手もいるが、自分はそんなことはないと思っている。なぜかと言うとタイ人よりも日本人の方がスピードが速いからだ。ムエタイルールで試合をするなら日本人は戦いやすいが、K-1ルールで試合をするとなると勝手が違ってくる。だからこそ自分はムエタイとK-1の動きを融合させて、自分にしかできない動きでレオナを倒したいと思っている」

――こうして取材をしていると穏やかなチャーチャイ選手ですが、試合では激しい試合をしますよね。

「確かに普段の自分は穏やかな人間だ。でもリングに上がってゴングが鳴ると、別人に変わるんだ。K-1でも激しい試合を見せるから楽しみにしていてくれ」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「試合をやるからには当然勝ちたいと思うし、日本のファンに自分の名前も知ってほしいと思う。全力を出し切って頑張るよ」

 

選手登録