2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の一夜明け会見が行なわれた。

 第6試合では約4年7カ月ぶりのK-1参戦となる谷山俊樹と、現在3連敗中で再起を狙う篠原悠人が対戦。試合は1Rから蹴りの谷山vsパンチの篠原という構図で進み、篠原がパンチのヒットで上回る展開に。3Rに入ると篠原は右ストレートのカウンターでダウンを奪い、判定3-0で勝利を収めた。

 篠原は復活の勝利を喜びつつ、「練習でやってきたことをなかなか試合で出せず、反省が多い試合だった」とコメント。以前より前に出る姿勢だったことについては「三連敗から抜け出すには、KOを狙っていかないといけないなと。でも、逆にそれで力みすぎちゃって、改善するポイント」と振り返り、「まだまだ、レベルはダメだと思うんですけど、しっかりここから練習重ねてベルトに近づけるように」と気を引き締めた。再起戦に勝利を収めた篠原。ここからのさらなる巻き返しに期待が高まる。

篠原悠人
「(試合の感想は?)まずは応援していただいたかたがた、ありがとうございました。三連敗してたんで、そこから結果としては勝てたんでよかったかなと思うんですけど、反省点は多い試合だったかなと思うので。そこをしっかり、次の試合の課題に向けて、練習に取り組んでいきたいなと思います。

(試合映像を観ていたらその感想を)全体は観てないんですけど。でも、谷山さんが思った以上に頑丈で。やっぱり、練習でやってきたことをなかなか試合で出せなかったなというので、反省が多い試合やったかなと思います。(以前よりも倒す気持ちが出ているように見えたが、そこは意識していた?)そうですね、やっぱり三連敗してたんで、そこから抜け出すためには、KOを狙っていかないといけないなと思ってたんで。でも、逆にそれで力みすぎちゃって、よくない部分があったんで。そこは改善するポイントかなと思います。

(連敗から脱出できたことについては?)勝負の世界で三連敗というのはかなり致命傷だと思うんで。もうあとがないなと思ってたんで、結果としてKOはできなかったですけど、勝ちっていうのを勝ち取れたんでよかったかなと思います。

(今後の目標は?)K-1でやってる以上はベルトを目指したいと思ってるんで。まだまだ、レベルはダメだと思うんですけど、しっかりここから練習重ねてベルトに近づけるようにがんばっていきたいと思います。(ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。三連敗してて、昨日やっと勝ちで抜け出せたと思うので。しっかりここからベルトを目指していきたいと思うので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録