2021.09.21

 9月21日(火)、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり」横浜アリーナ大会の一夜明け会見が行なわれた。

 野杁正明は、2年ぶり2度目の開催となった“よこはまつり”の目玉として開催された「【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント」に優勝候補の大本命として臨んだ。

 安保瑠輝也との「決勝戦での2強対決が実現なるか」という注目の中、野杁は「3連続KOで強さを見せて優勝する」と自信の発言。その予告通り、1回戦はFUMIYAのパワフルな攻撃をブロックし、力強いヒザ蹴りやパンチを叩き込んで2分10秒でKO。準決勝は寧仁太・アリに三日月蹴りを突き刺し、強烈なボディブローを浴びせてわずか1分32秒でKOする。

 決勝では安保瑠輝也に対してじりじりとプレッシャーを掛けて追い詰め、カーフキック(膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)で安保の足にダメージを蓄積させ、3Rに左ボディ、三日月蹴り、前蹴りとボディ攻撃で3度のダウンを奪い、宣言通りの「全試合KO勝利」という圧巻の強さを見せつけた。

 一夜明けて、野杁は「有言実行できた。充実してた、いい一日でした」と振り返った。試合後に「9月頭に足の筋断裂をした。練習を再開できたのは2週間前」と明かしたが、その影響については「1回戦、準決勝は1Rで終わったので大丈夫だったんですけど、決勝は2Rかな? 若干違和感があってパンチを打つ時に踏ん張れなかった。でも筋断裂した時のような痛みはなかったんで大丈夫でした」と言う。

 ウェルター級に階級を上げてからKOが少なかったことについて「記者の人たちに散々言われて(苦笑)。悔しかったのでフィジカルを鍛えたんですよ。それが今回の結果につながった。今は外国人選手もKOする自信がある」と確かな手応えを掴んだ。

 ベルト獲得の喜びについて「家族や親戚は喜んでくれましたけど、僕自身はそんなに変わらない」という。それはすでに「世界」に目を向けているからだ。

「このベルトを狙ってる外国人選手はたくさんいる。すでにピケオーがアンサーしてくれてるし(SNSで名乗りを挙げた)。強い外国人選手とベルトを賭けて、4人トーナメントをやりたい」と野杁。「昨日のトーナメントを見ても、無理に8人でやることはないかなと。4人トーナメントなら2階級できる。僕がチャンピオンになって、そうした発言をしていって、新しい可能性を見い出していきたい。これからも『怪物』らしく、対戦相手をバタバタと倒していくんで、応援よろしくお願いします」。

 圧巻の強さを見せつけた野杁正明の「怪物伝説・ウェルター級編」が幕を開けた。これからの活躍が楽しみだ。

野杁正明
「昨日は有言実行できた、充実してた、いい一日だったなと改めて思いました。(トーナメントの3試合の感想を)そうですね、1回戦、準決勝は、戦前からずっと『実力差を見せつける内容にする』と言っていて、それが実行できた。合格点をあげられる試合だったんじゃないかなって思ってます。決勝は、本当は1RでKOしたかったんですけど、無理して1Rから攻めるともちろんリスクもありますし。それはセコンド陣と直前に対策を練って『3Rかけて倒せばいいよ』と言ってたんで。試合を見ても、ちゃんとセコンド陣とのやり取りも出来てたんで。作戦通りに進められてよかったなと思いましたね。

(今後、チャンピオンとしてどのような展望を持って戦いますか?)そうですね、もちろん圧倒的な強さを見せつけなければいけないなと思いますし。今、僕がベルトを持ってますけど、世界一かと言われたら、この階級には海外の強豪がまだまだたくさんいるんで。ジョーダン・ピケオーもアンサーしてくれてますし、他にもこのベルトを狙ってる選手はいるんで。僕が言っていた通り、このベルトを賭けて世界トーナメントをやりたいと思ってます。

 K-1のトーナメントは今、8人トーナメントなんですけど、昨日のトーナメントを見ても無理して8人にする必要はないのかなと思いました。1日3試合は疲れるっていうのもありますし、階級や内容によっては4人トーナメントもありかなと。4人トーナメントならトータル3試合じゃないですか。1日に2階級出来ますし、1日に2つのトーナメントを見れるのも贅沢だと思います。僕がチャンピオンになってどんどん発言することで、今のK-1にない新しい可能性を見い出していきたいなと思います。そういったところをどんどん期待していってほしいな、と思いますね。

(自分の近くにベルトがある、という状況については)素直に嬉しい気持ちもありますけど。そんな特に、あんま変わりはないというか(笑)。僕自身は、そんな気持ちの変化はないですね。親戚とか家族とかは喜んでくれるんで。娘は『キラキラのベルトを見たい』ってずっと言ってたんで、すごい喜んでくれましたし。僕自身は、そんな(変化は)ないですね。

(試合前の「圧勝しなきゃいけない」は、自分自身にプレッシャーには?)もちろんプレッシャーはあって、たくさんの人に『勝って当然』と言われて、僕自身も『レベルの差を見せつけなければいけない』と言ってましたし。プレッシャーに感じることはあったんですけど、なんていうんですかね? それもプレッシャーにならないというか。本当に自分の実力を出せれば、それは必ず出来ることだと思ってたので。そんなプレッシャーは感じなかったですね。

(昨日は日本人選手相手にあれだけの倒しっぷりを見せて、それまでは外国人選手をなかなかKO出来なかったのは、打たれ強さとかフィジカルの差?)それは記者の人たちに(階級を上げてからKOが出来ない、と)散々言われてて(苦笑)、それが悔しかったんで、今回フィジカルを鍛えたんですよ。それが今回の結果につながったんで、今、外国人選手とやっても全然KOする自信はありますし。これから、さらに強くなった僕の戦い方を楽しみにしてほしいな、っていう気持ちはありますね。

(フィジカルが強くなった部分を外国人選手にも試したい?)そうですね。今回、日本人選手とやって、倒せるっていうところを見せれたんで。次は外国人選手を倒すところを見せなければいけない、って思ってて。その舞台が欲しいですね。(試合後に明かした足の筋断裂、試合に影響は?)1回戦と準決勝は1Rで終わったんで大丈夫だったんですけど、決勝の2Rかな? それぐらいに若干違和感があって。踏ん張れなかったりだとか、パンチを打つ時に踏み込むのがいつも通りな感じじゃない、しっかり踏ん張れない感じはあったんですけど。でも、筋断裂したばっかの時の痛みと比べたら、そういう痛みは全然なかったんで。特に問題はなかったですね。

(10代の頃から活躍されて、格闘技に飽きたり、疲れたりはなかったですか?)いや、昔はありましたね。まだプロになる前の中学生の頃とかは、友達はみんな遊んでますし。当時は周りの子は恋人が出来て、遊びに行ったりしてる中で自分は練習しなきゃいけなかったり。格闘技が嫌になって、全然練習しないで試合に出て負けたり。そういう時は『辞めたいな』って思う時はありましたけど。でも今は全然ないですね。格闘技は僕の生活の一部なんで。格闘技がなかったら、今の僕はいないと思いますし。本当に怪我をして、練習できない時は、なんかソワソワするというか。練習は僕の生活の一部なんで。格闘技は、僕が生きていく上で大切な存在ですね、はい。

(最後に、ファンのみなさんへメッセージを)昨日はたくさんの応援をありがとうございました。これから先も怪物らしく、バタバタと対戦相手を倒していくんで、野杁正明をこれからも応援、よろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録