2021.09.19

 9月19日(日)、開催を明日に控えた「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~」神奈川・横浜アリーナ大会の公開計量と記者会見が行なわれた。

 注目の【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント。本命と見られる野杁正明と安保瑠輝也の「2強」が決勝戦で対決となるのか、それとも他の選手たちが意地を見せて、2強の上位進出を阻んで波乱を起こすのか。8選手がそれぞれ意気込みを語った。

 小嶋vs寧仁太は22歳同士のフレッシュな対決。小嶋は、久保優太や木村フィリップミノルを育てた矢口トレーナーの指導を受けて1年。「環境を変えて1年間やってきた集大成。自分の強さをぶつけるだけ」と語る。対する寧仁太は、総本部の梶原代表にアマチュア時代から教えを受けて、プロ5戦5勝で駆け上がってきた。「無敗のままチャンピオンになる」と決意を語った。

 優勝候補本命の野杁はFUMIYAと激突。当初、野杁は加藤虎於奈と対戦が予定されていたが、加藤の欠場によりFUMIYAがリザーブファイトから本戦出場のチャンスを得た。野杁戦に向けてFUMIYAは絶対の自信を持つフィジカルを武器に「ぶっ倒す」と言い放つ。対する野杁は「スーパーファイトと変わらない、いつも通り」と1日3試合のトーナメントにも平常心で臨む。悲願のK-1WORLDGP2階級制覇なるか。

 もう一人の優勝候補、瑠輝也はブラジル人ファイターのアラン・ソアレスと激突。「ベルトは僕のもの」と自信たっぷりのソアレスに対し、安保も「自信は確信に変わった。明日は僕がベルトを取る」と堂々の優勝宣言が飛び出した。

 現Krushウェルター級王者の松岡力は「誰か計量オーバーしないかなと思った」と笑いを取りつつ「1日3試合もするのは嫌なんですけど頑張ります」。対戦相手のムエタイ戦士マキ・ドゥワンソンポンは「自分の実力を試すいい機会になる」と冷静な口調で語った。

 果たして、大方の予想通り「野杁vs瑠輝也」の頂上決戦になるのか、番狂わせを起こす選手が現れるのか。このトーナメントは見逃せない!

小嶋瑠久
「明日はワクワクしてます。すごい楽しみなんで、頑張ります。応援お願いします。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)そうですね、強くなることだけを考えて練習してきました。ちょうど環境を変えて1年なんですけど、1年の集大成として。自分はすごく強くなったんで、それをぶつけるだけですね、このトーナメントは。実力試しです。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)うーん、何ですかね? 自分は3試合やるというよりも、1試合1試合。1回戦からワンマッチのつもりで全力でぶつかって、優勝目指して。何が必要というよりも、1試合1試合ぶつかっていきますね。それだけです」

寧仁太・アリ
「トーナメントが決まってから、明日のためにすべてをかけてやってきたんで。明日は無敗で優勝したいと思います。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)優勝して自分がチャンピオンになるというイメージを持って練習してきました。なので、明日は必ず達成して優勝したいと思います。
(1日3試合を勝ち抜くために必要なことは?)運とか体力も大事だと思うんですけど、結局、気持ちになるんじゃないかなと思います。なので、気持ちは誰にも負けないように頑張ります」

野杁正明
「明日は3試合、圧倒的に勝ってベルトを巻くだけなんで。ぜひ期待していてください。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)特に変わりはないですね。いつも通り、スーパーファイトの時も今回のトーナメントも特に変わりはなく、いつも通りに仕上げてきました、はい。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)トーナメントの経験値は僕が一番あると思います。実力があれば優勝できると思います。

(安保選手の「負ける気がしない」をどう思う?)逆に、ここで負ける気がするとか、負けるかもしれない、という選手は誰一人いないと思うんで(苦笑)。当然の言葉かなと思いますね。それに何も思わないし、逆にそういう気持ちでいてくれた方がやりがいもあるんで。このトーナメントは、僕と瑠輝也のトーナメントみたいになっていて、それを他の選手がどう止めようとするかがテーマだと思うんで。圧倒的に、僕と瑠輝也がそれを阻止して、決勝で僕がしっかり倒して、ベルトを取りたいと思いますね」

FUMIYA
「しっかり、無理なく減量も出来て、後は明日、相手をぶっ倒すだけです。お願いします。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)えっと(加藤)虎於奈選手の代役として選ばれたんですけど。僕はそれも運命だと思って、しっかり練習してきたんで。正直、1回戦の野杁選手だけしか、そこを思い切っていくしかないなと思って練習してきました。準決勝・決勝は、僕の中の根性して倒していこうかな、っていう感じです。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)運も大事だと思うんですよ。運に関しては(リザーブから繰上りになった)僕が誰よりも持っているので。それを出して一戦一戦頑張るだけだと思います」

安保瑠輝也
「試合が決まってから、散々大口を叩いてきたんで。それを俺が明日、有言実行できるカリスマなのか、ただの口だけなのか。みなさん、楽しみにしててくれればと思います。(トーナメントが決まってから、どんなことを考えて練習してきたか?)俺は、このベルトを取ることだけを考えて練習してきましたね。このトーナメント、優勝候補の野杁選手と俺の二人のトーナメントみたいになってるんですけど、それを他の選手がどう思ってるのかな、逆に聞きたいんですけど。このトーナメントが決まってから、野杁君が優勝候補だと言われてて。俺はトーナメントの会見で言いましたけど、別に負ける気はしない、と。それがこの期間、過ごしてきて、この自信が確信に変わったんで。明日、必ず俺がベルトを取りますね。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)俺が格闘技界の顔になるという覚悟」

アラン・ソアレス
「今日は全選手、ちゃんと休養を取って、たくさん食べてくれ。俺も全力で1人ずつ倒していくから、覚悟していてほしい。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)自分も一回戦から集中して、最高のパフォーマンスを発揮したいと思う。もちろん安保を倒して、準決勝、決勝しか見ていない。ベルトは私のものになると思う。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)一試合一試合いいパフォーマンスを出すことだね」

松岡力
「明日は1日3試合、ホンマは誰か一人ぐらい、計量オーバーしてくれへんかな、と思ったんですけど、みんなプロなんで。さすがみんなおっきい状態で、減量も成功して、すごいなと思いましたね。ホントは1日3試合もやるの嫌なんですけど、頑張ります。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習してきた?)トーナメントということでいつもの3倍練習してきました。3倍はしんどかったんで、早く練習終われ、早くトレーニング終わりたいな、と思いながら追い込んできました。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)教えて欲しいです、僕が」

マキ・ドゥワンソンポン
「明日は精一杯の試合をして、とても面白い、みなさんが感動できるような試合をしたいと思う。絶対に勝つ。(トーナメントが決まってからどんなことを考えて練習をしてきた?)自分も試合に勝つことだけを考えて、厳しい練習をしてきた。明日はトーナメントということで、自分の実力がどこまで通用するかも確認したい。まずは1回戦、確実に勝利して、その後の準決勝、決勝と闘えるように全力で戦う。(1日3試合を勝ち抜くために、気持ち以外で必要なことは?)自分自身、何が必要かと言われたら、運や運命的なものももちろん必要だと思う。一回戦はガードをきちんとすることを注意していきたい。いずれにしても今回3試合戦えたら、自分自身の実力を試せる絶好のチャンスだと思う」

 

選手登録