2021.08.27

 9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~」の[スーパーファイト/女子-53kg契約/3分3R・延長1R]で櫻井梨華子と対戦する壽美のインタビューを公開!

――約10カ月ぶりのK-1参戦が近づいてきました。今の心境はいかがですか?

「今年4月にKrushのチャンピオンになったことで“もっと強くなりたい”という気持ちがさらに沸いて、練習量もかなり増やして、毎日“格闘技に生きてるな”という時間を過ごしています。だから今回は今までで一番自信を持ってリングに立てる、それぐらいの練習をしています」

――ベルトを獲って達成感を得るのではなく、さらに向上心が沸いたと。

「チャンピオンになって自分の中で自覚というか、人間としての生き方だったり、練習も普通の選手と一緒の練習をしてちゃダメだなと思いました。身体はちょっとキツいですけど、練習量はかなり増やしてます。やっぱり私はチャンピオンになってからがスタートだと思うし、私が目指しているのはK-1のチャンピオンになることなので、目標を達成したというよりもやっとスタートしたなという気持ちです」

――さらなるレベルアップのためにどんなことを意識して練習していますか?

「ただこなす練習ではなく“自分には何が必要なんだろう”ということを考えて毎日のスケジュールを組み直しました。ただジムで練習するだけじゃなく、この日はジムで何をする日なのか。練習の前に『今日はジャンプトレーニングを入れよう』や『今日は練習の後にフィジカルトレーニングを入れよう』など、毎日の練習スケジュールを完璧に組んでます。もちろんキツい練習・ガムシャラにやる練習もやりますが、そこにすべて意味を持たせてやっています」

――さて今回よこはまつりでは唯一の女子の試合となりますが、対戦相手・櫻井梨華子選手の印象をお願いします。

「気持ちが強くて、力強い、パワーがすごいあるんだろうな、一発もらったらヤバいかなと思います。危機感を持って練習していますね」

――壽美選手にとっては昨年11月のK-1福岡大会でKANA選手に勝利して、Krushのベルトを獲ってK-1に戻ってくる試合です。しっかり強さを見せることが求められる試合だと思います。

「今回は積み重ねでやってきたことが形になっている感覚が毎日あります。1日1日、いかに成長できるかというところに集中してやっていて、自分としても“ここがちょっとよくなったかな”と思う点もあって、スパーリングでもそこを感じます。前回のK-1参戦よりもパワーがついたと思うことが増えたので、力強い試合を見せられたらと思います」

――K-1の女子はアトム級・ミニマム級の試合が増えていますが、壽美選手はフライ級のファイターとして、この階級をどう盛り上げたいですか?

「やっぱり軽い階級じゃないちょっと重い階級だからこそ、アトム級・ミニマム級とは違う力強さとかドカーンと勝つところを見せたいです」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「この一戦で見ている人全てが“壽美”(ことみ)という、難しい漢字の私の名前を誰もが覚えてくれるような試合をして勝ちます!」

 

選手登録