2021.08.05

 8月5日(木)都内にて、「Krush.129」9.24(金)後楽園大会の第二弾カード発表会見が行なわれた。

 5.30K-1横浜武道館大会で行なわれたK-1バンタム級日本最強決定トーナメントでできた因縁が、Krushに舞台を変えて再燃だ。

 橋本は当初、バンタム級日本最強決定トーナメントに出場予定で、優勝候補の一人とも目されていた。しかし「感染症拡大防止のため、一定の待機期間を設ける必要のある選手(本人または同居人が陽性者、濃厚接触者、濃厚接触者の疑いがある者、発熱等の体調不良である者等)に該当することが判明したため」欠場。捲土重来を期し、今大会で復帰する。

 一方の鵜澤は同トーナメントの一回戦で松本日向に敗戦しているが、注目を集めたのがトーナメントの開催が発表された記者会見だった。

 鵜澤は「俺は橋本実生をぶっ飛ばしたい。チヤホヤされている」と突如噛みついたのだ。これには橋本も「しばくぞ!」とその場で怒りを露わにしていたが、結局二人の対戦は実現せず。この遺恨は持ち越されていたが、中村拓己K-プロデューサーはこの二人の対戦をこのタイミングで組むことが面白いと判断。今大会で早速マッチメイクしたのだ。
 会見ではまず鵜澤が「この試合はスポーツじゃなくて喧嘩だと思っています。判定で勝ってもあんま意味ないかなと思ってて、だからKO決着で終わらせます」と言えば、橋本も「喧嘩って言われたんで、そっちのほうが自分は得意なんで喧嘩しようかなと思っています」とすぐさま応戦するなど、両者一歩も譲らない。

「KOはプロとして狙いたいっていうのはあるんですけど、それとは別で単純に橋本実生が嫌いなんで。マットに沈めたいっていう俺の気持ち的な面があって、だからKOしたいんですね。担架で運んで帰らせたいんですよ」とあくまで挑発的に出る鵜澤。それに対し橋本が「もうちょい乱闘になるぐらい来るんかなと思ってたら、なんも来うへんし、悔しいな」とまるで乱闘を誘発するような挑発をやり返すと「じゃあ今俺がお前とここで乱闘になって、殴ってこれんのかよ?」と引かない鵜澤。

 会見場は一触即発の雰囲気に包まれたが、結局乱闘にはならず。「俺に嫉妬してヤキモチ焼いとるから。モテるのは女だけでいい」(橋本)、「9月に覚悟して待っとけ、クソガキ!」(鵜澤)と最後まで火花を散らしたまま、決着は試合当日まで持ち越されることになった。

鵜澤悠也
「この試合はスポーツじゃなくて喧嘩だと思っているんで、判定で勝ってもあんま意味ないかなと思っています。だからKO決着で終わらせます。(トーナメントの会見で因縁ができた中でどのような印象を抱いている?)凄いクソ生意気なお坊っちゃんって感じですね。(喧嘩という言葉も出たが、実際どんな試合になりそうだと思っている?)前回の横浜の会見で殴って殴って殴りまくると言ってたし、そんなに打ち合いに自信あるのかなって。試合見てもブンブン振り回しているし、それで来てくれるんだったらこっちは打ち合おうかなと思っています。

(この試合が次に組まれるというのは考えていた?)正直、来るだろうとは思ってなかったっすね。前回負けてるし。誰が相手でも選ぶ権利はないと思ってたんで、来るとは思わなかったですね。(優勝した黒田斗真については?)やっぱり初戦から倒して、あの日はトーナメントで持ってたなと思ったんですけど、別に雲の上の存在だと思ってないし、壬生狼(一輝)くんにしても黒田くんにしても、そうやって思ってたら俺も格闘技やってないんで、全然手に届く位置にいると思っているし、バンタムのベルトを獲るのにこれから食っていこうと思っています。

(この試合を弾みにして、KOといういい形で終わらせて、トーナメントの上位の選手に挑んでいきたい?)KOはプロとして狙いたいっていうのはあるんですけど、それとは別で単純に橋本実生が嫌いなんですよ。マットに沈めたいっていう俺の気持ち的な面があって、だからKOしたいんですね。担架で運んで帰らせたいんですよ。(橋本の『乱闘に来るんかなと思った』という言葉を聞いて)好き嫌いで言ったら、好きな選手なんて同じ階級でいないけど、その中でなんで俺がこの橋本実生に前回から噛みついているかのかって言ったら、視界に入ってくるんですよ。いい意味で言ったら目立ってるのかもしれないですよ?『格闘代理戦争』の頃から。

 でも目立つのは俺だけでいい。だから、こいつしばいておかないといけないなと思って、俺はここで言っているだけで。なんか乱闘どうのこうのって、じゃあ今俺がお前とここで乱闘になって、殴ってこれんのかよ? 9月に試合が決まってて、よく茶番で乱闘とか……(と言いかけて途中で橋本に遮られる)。俺は茶番はする気ないから。(橋本の『会見をバズらそうと思っている』という言葉を聞いて)それに関しては俺も同じだけど、ただ茶番はする気ないって言っただけだから。お前な、9月に覚悟して待っとけ、クソガキ!(ファンの皆さんへのメッセージは?)9月は喧嘩祭りなんで楽しみにしていてください。以上です」

橋本実生
「お待たせしました。実生です。喧嘩って言われたんで、そっちのほうが自分は得意なんで喧嘩しようかなと思っています。(トーナメントの会見で因縁ができた中でどのような印象を抱いている?)こんないちびってるから同い年ぐらいかなと思ってたら、まあまあおっさんで。すいません、若いと思うてました。

(喧嘩という言葉も出たが、実際どんな試合になりそうだと思っている?)なんか判定のこととかいろいろ言っている選手いますけど、ファンの人とかは殴り合ったりするのが、ポイント取って逃げるとかテクニックよりもそういうのが見たいと思っているし、そういう試合ができると思っているんで、ひたすら殴り続けます。

(この試合が次に組まれるというのは考えていた?)僕はこの前のトーナメントに出られなかったんで、別に誰とやりたいとか優勝した選手とやらせてくれとか、虫が良すぎると思うんで、用意された相手をやっていけば、俺がバンタム級で一番強いって証明できるので、とりあえずこの試合は判定勝ちはあかんと思うんでKOですね。必ず。

(欠場したトーナメントはどのような気持ちで見ていた?)やっぱり8人の中でも自分が一番数字取れると思っているし、一番数字取ろうと思っていたし、俺が出たほうが盛り上がったなとか思いましたけど、その8人は僕に変わって出てくれた選手もいますし、リスペクトはあります。(優勝した黒田斗真については?)でも、俺やったら負けへんなというのはありますね。格闘家は自信あってなんぼやと思うんで、それはあります。
(鵜澤の『橋本が嫌い』に対して)そうやって嫌いとかめっちゃ言うけど、俺は全員嫌いやから。好きな選手と試合したくないし。う~ん、もうちょい乱闘になるぐらい来るんかなと思ってたら、なんも来うへんし悔しいな。(鵜澤の『ここで殴ってこれんのかよ?』という言葉を聞いて)そんなん言うけどな、ここで真剣に殴る奴、誰がおんねん。俺はエンターテイナーやから。エンターテインメントやから、真剣にカメラ回ってへんところで誰がやんねん。アホか! コイツはプロとして失格です。俺は会見って何のためにやるんやろうって。会見って『頑張ります、頑張ります』って言うだけやったら誰も見いへんし、俺、この鵜澤選手との会見をバズらそうと思ってるから、そういう気で俺は会見してますね。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)多分、俺に嫉妬してヤキモチ焼いとるから。モテるのは女だけでいいと。とりあえず9月24日、復帰戦ですね。10カ月ぐらい空いちゃったんで、この前のトーナメントの欠場はK-1関係者の皆さんとメディアにいっぱい取り上げてくれたABEMA関係者の皆さんとファンの皆さんとスポンサーの方に申し訳ない気持ちがあるんで、9月24日まで楽しみに待っといてください。お願いします」

 

選手登録