2021.08.03

 8月7日(土)東京・GENスポーツパレスにて開催される「Krush-EX 2021 vol.4」の[第4試合◎Krushスーパー・ライト級/3分3R]で対戦する水上陽生と原田優介のコメントを公開!

水上陽生
「(この試合が決まった時の心境は?)前回の試合から間隔が空いてしまいましたが、いつでもいける準備をしていたので、決まった時は気合いが入りました。(対戦相手の印象は?)日本拳法出身の選手で、少しやりづらそうな印象はありますが、自分の強みを出せば圧倒できる相手だと思います。(この試合に向けて)技術練習はもちろんですが、走り込みや打ち込みなど体力面の強化をしてきました。ラウンド終盤でも失速せずに攻撃し続けます。今回のKrush-EXで1番盛り上がる派手な勝ち方をしたいと思います。ただ勝つだけでなく勝ち方にもこだわって会場を沸かせます。(自分のアピールポイントは?)フィジカルの強さと体力です。スーパーライト級とは思わせない攻撃力とそれを3R出し続ける圧倒的な体力には自信があります。(これからの目標は)着実に勝ちを積み上げてベルトを狙いに行くことです。これまでの2戦で足踏みをしてしまっているので、今回の試合でいい勝ち方をして勢いをつけたいと思います」

原田優介
「(この試合が決まった時の心境は?)日本拳法がK-1の世界でどこまで通用するのか。ワクワクとドキドキが重なったような心境でした。(これまでの格闘技歴は)6歳から現在まで日本拳法一筋でした。大学時代には明治大学体育会拳法部の主将を務め、団体インカレ5連覇を達成しました。今年からK-1の世界で挑戦することを決めました。(対戦相手の印象は?)アグレッシブで攻撃的なタイプだなという印象です。この試合に向けて)とにかくK-1ルールに慣れることを中心に練習してきました。(どんなKO・勝ち方をしたい?)観ていてシビれるようなKOをしたいです。(自分のアピールポイントは?)日本拳法仕込の最速・最強である『マッハパンチ』です。まずはKrushの世界でマッハパンチを炸裂させていきます。(これからの目標は)世界レベルで活躍して、日本拳法の強さを証明することです。リングの上で証明していきますので、楽しみにしていてください」

 

選手登録