2021.06.17

 7月17日(土)福岡国際センターで開催されるECO信頼サービス株式会社PRESENTS「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R]で和島大海と対戦するアビラル・ヒマラヤン・チーターのインタビューを公開!

――K-1九州大会への出場が決まり、どんな心境ですか?

「立ち技格闘技ではK-1が一番の団体だと思っているので、3度目の出場が決まって嬉しいです」

――前回3月のK-1武道館大会では小鉄選手に1RKO勝利という結果でした。

「いつも通りのKOショーを見せることができたと思います。僕は今まで13戦して11勝2敗で、11勝のうち10KOしているので、自分でも『アビラルの試合はKOじゃないとツマらない!』と思っています」

――KOにはこだわっていますか?

「長く試合をしたくないんです。3Rも試合をしたら体が痛くなって、試合が終わっても遊べないじゃないですか。だからできるだけ早めに終わらせたいんです(笑)。だから今回もできるだけ早く倒したいな、と。試合を楽しみたい気持ちもあるので、1Rの最後ぐらいで終わらせようかと思ってます。だから3分以内に倒します」

――アビラル選手がそれだけ倒せる理由はなんでしょうか?

「僕の気持ちとパンチ力じゃないですかね。K-1初参戦の時はあまりフィジカルトレーニングはやらずに試合に出ていたんですけど、チャンピオン(木村"フィリップ"ミノル)と試合をしてパワーが全然足りないなと思いました。そこからフィジカルトレーニングを始めて、今は去年と比べてパワーが全然違います」

――木村選手と戦って半年ほどですが、今はもう別人だと。

「はい。自分のレベルが全然違います。試合を見たら分かると思います。K-1武道館大会のあとにホームのHEATでも試合をして、相手もKOが多い選手だったので2Rまでやるんじゃないかと思っていたんですよ。でも実施は1R2分以内で終わったので、間違いなくレベルは上がっています」

――今回対戦する和島選手の印象をお願いします。

「パンチも蹴りも強いと思うし、スーパー・ウェルター級の日本人選手の中で一番強いと思っています。去年の王座決定トーナメントで決勝戦まで行ってますし。でも僕はチャンピンと試合をして、チャンピオンも僕を倒すことはできなかった。和島選手は日本人で一番強い選手ですが、僕の方が強い。それを試合でしっかり見せます。そしてチャンピオンとタイトルを懸けた再戦をアピールしたいです」

――ずばり今だったら木村選手と戦っても負けることはないですか?

「今だったら絶対に負けない自信があります。あの時は僕の方がスピードも遅かったしパワーもなかったですけど、今はスピードもパワーも上がっています。今回和島選手に勝って、木村選手と試合をすることになったら、『アビラル、前回と全然違う!』と思われる試合になりますよ」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「いつも通りの僕のKOショーを見せます。そして去年の12月に倒せなかったKOキングを僕が倒そうと思ってるので、みなさん応援してほしいです」

 

選手登録