2021.06.01

 5月31日(月)、都内にて「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 セミファイナルで黒田勇斗とKrushスーパー・バンタム級ワンマッチを戦った晃貴は、延長までもつれ込む接戦を展開。最後まで集中力を切らせることなく戦い抜き、2-1のスプリット判定で勝利をものにした。

 かつてはKrushバンタム級王座にも君臨した経験を持つ晃貴だったが、王座陥落後は戦績が奮っていなかった。しかし、今年に入ってこれで2連勝。対戦相手の黒田とは身長差もあったが、「いつも相手はデカいんで、あんま感じなかったですね。いつも通りっていう感じでした」と特にやりづらさも感じなかったという。「身長の高い選手はKRESTにもいっぱいいるんで、そういう人たちとスパーとかもやってきたんで」と、ジムでの日頃の練習が好結果にもつながっているようだ。

「今後はもっと上の舞台で戦って、自分は外国人にまだ一回も勝ててないんで、外国人と戦いたいですね」と、再び上昇気流に乗り始めた晃貴は、さらなる高みを目指すことを宣言していた。

晃貴
「まず昨日はK-1・Krushの運営の方々、一日お疲れさまでした。本当にいい環境で試合できたのは運営の方々のおかげだと思っているので、本当に感謝しています。(延長判定スプリットまでもつれる試合だったが、一夜明けの感想は?)あの試合で勝てたのは自信がついたというか、良かったです。自信がつきました。(相手は長身・リーチもあってやりづらそうだったが、どんなことを考えて戦っていた?)自分はそんな身長差もあんま感じなかったっていうか。いつも相手はデカいんで、あんま感じなかったですね。いつも通りっていう感じでした。

(今年に入って2連勝になったが、どこが前よりも良くなっていると感じている?)最近勝ち続けて自信がつきました。前は自信がなくて不安な状態で試合してたんですけど、最近は自分に自信がついてきているので、それが最近のいい結果になってきているのかなと思っています。(今後の目標は?)今後はもっと上の舞台で戦って、自分は外国人にまだ一回も勝ててないんで、外国人と戦いたいですね。(セコンドから『お腹に力を入れろ』って声が飛んでいたと思うが、どんな意味があった?)自分、たまにフラフラしちゃう時があって、見てる側の印象が悪いんでしっかり。そんな感じです。

(体幹を鍛えていた?)体幹は鍛えています。(凄いあっさり入り込めていたが、リーチが長い相手にも入り込む練習は常にしてた?)常にしてますね。KRESTは人数も多いですし、身長の高い選手はKRESTにもいっぱいいるんで、そういう人たちとスパーとかもやってきたんで、そんな感じです。いつも通りです。(本戦が終わった段階で判定に関してはどう考えていた?)3R目が終わったあたりから準備はしておけって言われてたんで、延長って言われても気を抜かずに行けたんで、別に延長って言われても大丈夫でした。集中力が切れたりはなかったですね」

 

選手登録