2021.06.01

 5月31日(月)、都内にて「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 第6試合で小巻海斗を判定で下した小倉尚也は、先制のダウンを奪われながらも2・3Rにダウンを奪い返して逆転勝ちし、中村拓己K-1プロデューサーも会見の冒頭で絶賛する内容での勝利を見せた。

「基本的に試合内容はほとんど覚えていない」という小倉だが、「試合中はかなりハイになって、テンションが上がっていた」と振り返る。逆境から立て直せたのは、2年前のK-1出場時に同じ展開から立て直せたことがいい経験となったからと明かすとともに、この勝利でさらに近づいたと思われるKrush王座に、改めて意欲を見せた。

小倉尚也
「一日、K-1 JAPAN GROUPの試合が多い中で、自分もどうにか試合の内容で盛り上げていこうという気持ちがあったので、それが試合に出たと思います。(激しい打ち合いの中、どんな心境だった?)自分、基本的に試合の内容はほぼ覚えてないので無意識だったんですけど、映像を見ると、ところどころ笑ってたりしてたので、たぶん楽しかったんだと思います。疲れとかも試合中はあまり感じなかったんですけど、3R終わった時も『え、もう終わり?』ぐらいの感じだったので、かなりハイになってましたね。テンション上がってました。

(先にダウンを奪われて立て直せたのは?)昔、両国国技館でスーパー・バンタム級トーナメントのリザーブファイトに出た時(2019年6月)に、ほぼ同じような形で右のパンチをもらってダウンしてしまったんですけど、あの経験が生きたかなと思いますね。ダウンを取られても落ち着いていけば立て直せるという自信はあったので、しっかり立て直して削る作業に入れたのはよかったかなと思います。

(3連勝ですが、伸びているところは?)テクニックもそうなんですけど、最近は気持ちが乗ってるなと思いますね。昔よりも、練習の段階から乗ってるかなというのは感じますね。(ベルトに対する思いは?)いやもう、ベルトはずっと目指してますし、格闘技を始めた理由がKrushを見たことだったので、あのベルトを巻くのが自分の夢でもあるので、もちろん挑戦したいですね。

(カーフキックは練習していた?)はい、練習してましたけど、自分が蹴ることよりも、小巻選手と同門の実方選手が京太郎選手に使ってたので、もしかしたら蹴ってくるかなってことでディフェンスを対策してたんですけど。試合でもセコンドの会長から『下蹴れ』って言われてパッと出て、相手は嫌がってたので、これはカーフでいけるなと思ったんですけど、正直蹴る練習はあんまりしてなかったので、ちょっと足が痛いですね(笑)。

(評価される試合ができたことについては?)そういう試合ができたのも、相手の小巻選手があってこそですし、本当にいい選手でしたね。もっとお互い上の舞台でまたできれば、かなり噛み合うので熱い試合になると思います。そういう意味では昨日の試合は未来につながるというか、ストーリーができたと思います」

 

選手登録