2021.06.01

 5月31日(月)、都内にて「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 第5試合で伊藤健人とKrushスーパー・フェザー級ワンマッチを戦った中島千博は、2R終盤に左アッパーからの左フックでダウンを奪取。そのままリードを保ち、3-0で判定勝利を飾った。

 2019年に2連続KOと、プロ選手として幸先の良いスタートを切っていた中島だったが、昨年は横山朋哉、山本直樹に2連敗を喫していた。しかし、今回の勝利で連敗もストップ。戦績も5戦して3勝2敗と白星を先行させた。

 中島が戦場とするスーパー・フェザー級は、Krushにレオナ・ペタス、K-1に武尊がチャンピオンとして君臨している激戦区でもある。しかし中島は「スーパー・フェザー級のチャンピオンはとても強い人たちですし、そのチャンピオンじゃない方たちも強い方がいっぱいいるので、しっかり一人ひとりに勝って、自分もチャンピオンになっていけるように頑張りたいと思います」と、地道にスーパー・フェザー級のタイトル戦線への浮上を狙う。

中島千博
「足立区に住み始めましたPOWER OF DREAMの中島千博です。昨日は対戦してくださった伊藤選手ありがとうございました。また、応援してくださった皆様、K-1・Krushを一日運営してくださった皆様、ありがとうございました。僕としては2連敗していたので、3連敗にならず勝てたことが今一番ホッとしています。試合では会長に3Rしっかり戦ってこいと言われて、しっかり3R戦えたことは自分の中で良かったなと思っています。

(接戦だったが、試合の感想は?)まず相手と向かい合った時に前日よりも体が大きくなっていて、一回りぐらい自分と違うのが一番印象に残っています。で、実際にやってもパワーもあって、一発もらったら倒れちゃうんじゃないかなと思ってたんで、もらわずに戦えたことは良かったなと思います。

(ダウンを奪ったパンチなど、新しい技術も見せていたが、意識していた?)パンチは意識しているっていうのはないんですけど、やっぱりPOWER OF DREAMのみんなが巧いので、自然と自分もやっていくうちに見ながら、そういう技術を盗めたのではないかなと、パンチに対しては思います。(会長から試合後にどう言われた?)今回、点数は言われなかったんですけど、今までの試合が自分が攻めてばっかっていうか、一方的に攻めて倒れちゃうとかいう試合があったんで、しっかり相手とやり取りできて戦えたことはとりあえず良かったんじゃないかなという感じですね。

(これからの目標は?)昨日もインタビューで言わせていただいたんですけど、スーパー・フェザー級のチャンピオンはとても強い人たちですし、そのチャンピオンじゃない方たちも強い方がいっぱいいるので、しっかり一人ひとりに勝って、自分もチャンピオンになっていけるように頑張りたいと思います」

 

選手登録