2021.06.01

 5月31日(月)都内で「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合で、キャリアで上回る龍斗を相手に判定勝利した稲垣澪。これまでのプロ2戦はKHAOSとK-1のプレリミナリーファイトということで、これがKrush後楽園大会初出場。そこで勝てたことを喜ぶとともに、「今年中にKrushフェザー級のベルトに挑戦したい」との目標を明かした。

稲垣澪
「初めての後楽園ホールでKrushという舞台だったんですけど、しっかり楽しめた試合になったなとは、自分ですごく思ってます。(一夜明けての心境は?)まずしっかり勝てたということがうれしかったし、自分は3戦目で相手が20戦目ということで、ディフェンスがうまくてタフな選手だと思ってたので、そういう選手にどうやって勝つかというところで、ダウン取ってKOというのが目標ではあったんですが、しっかり勝ちにつなげたことはうれしく思ってます。

(勝因は?)パンチの練習はすごくしていて、前手のジャブ、ストレートはしっかり使えたのと、得意なヒザ蹴りはしっかり出たなと思います。(今後の目標と戦いたい選手は?)Krushフェザー級のベルトを狙ってるんで、来月タイトルマッチがあると思うんですけど、今年中に挑戦したいなと目標にしてるんで、そこを目標に頑張ります」

 

選手登録