2021.06.01

 5月31日(月)、都内にて「Krush.125」の一夜明け会見が行われた。

 第3試合には宮城県仙台市出身の内田晶が登場。三井大揮とKrushスーパー・バンタム級ワンマッチを戦った。三井の対戦相手だった迦威斗の負傷欠場によりこの試合のチャンスを掴んだ内田は、3Rに2度のダウンを奪取。最後はラウンド終了となる3分ちょうどに右ストレートを叩き込み、3度目のダウンを奪って見事なKO勝利を飾った。

 現在も出身地である仙台市在住の内田。目指すは、「仙台大会もやれるように自分がドンドンアピールしてやっていきたいと思います」と仙台での大会実現だ。今回のKO勝利をきっかけに、悲願の仙台大会実現に向けて、リングの上からアピールを続けていく。

内田晶
「昨日は急遽ですけど、対戦を受けてくださった三井選手をはじめ、オファーをいただいたK-1関係者の皆様ありがとうございました。自分は昨日の試合が久々の勝利だったんですけど、勝利して嬉しい気持ちもあるんですけど、まだまだこれからなので気を引き締めて頑張りたいと思います。

(久々のKrushでの試合だったが、戦った感想は?)最近というか、1年ちょっとぶりの試合だったんですけど、試合が全然楽しめてくなくて、K-1の試合に出るようになってから自分らしさが出てなかったんですけど、やっと試合が楽しめて結果が出たので、これからもやっていきたいと思います。(終了直前のKO勝利だったが、倒した瞬間の感想は?)感覚はしっかりあったんですけど、時間も見えてたんで、ラストは気合いで頑張りました。
(これからの目標は?)自分は何回も言うんですけど、宮城県仙台市から来ているんですけど、仙台大会もやれるように自分がドンドンアピールしてやっていきたいと思います」

 

選手登録