2021.04.19

 4月19日(月)都内にて、5月23日(日)に東京・大田区総合体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の第二弾カード発表記者会見が行なわれた。

 島野浩太朗が3月28日の「K’FESTA.4 Day.2」に続き連続出場。K-1本戦初参戦となる若きテクニシャン・佐野天馬と激突する。

 島野はK-1やKrushのスーパー・フェザー級戦線で長く活躍するファイターで、誰が相手でも真っ向勝負を挑む激闘派としてその名を轟かせる。昨年12月13日のK-1両国大会では芦澤竜誠の復帰戦の相手を務め、KO負けを喫するも会場を沸かせる名勝負を披露。3月28日「K’FESTA.4 Day.2」では三輪裕樹を撃破し、40戦目の節目を勝利で飾った。

 一方の佐野は新生K-1旗揚げ年である2014年のK-1甲子園で準優勝。プロ転向後は元K-1スーパー・バンタム級王者・武居由樹撃破を含む9連勝をマークした。長らくKrushを主戦場としてきた中、このK-1大田区体育館大会で満を持してのK-1本戦初出場を果たす。

 昨年12月の両国大会、前回3月K’FESTA.4 Day.2に続く3連続出場となった島野。「実力者との一戦が決まりました。必ず破って一歩先をつかみたいと思います」とシンプルな言葉で勝利を誓う。本戦初出場となる佐野を「技術の高い天才肌」と評価。さらには「自分は不器用」と自己分析をするが、その上で「天才はこうして破るというのを結果として見せたい」と、勝利を譲るつもりはない。

 前回の「K’FESTA.4 Day.2」において、節目となる40戦目を迎えた島野。「あの一戦で自分が伝えられた気持ちの価値を絶対に落としたくない。あの一戦が大切だったとこれから胸を張っていくためにも、絶対に落とせない戦いだと思います」と、鋭い眼光を見せながら負けられない理由を語った。

 対する佐野は今回のK-1本戦初参戦に対し「戦うところはどこでもよかった」と、こだわりは見せない。その一方で「応援してくれる人や友だちから『K-1いつ出るの?』と言われていたので(今回の参戦は)素直にうれしかったです」と喜びの表情を見せた。

 島野の印象を問われた佐野は「元Krushチャンピオンで、気持ちで戦ってくる選手」と回答。島野最大の武器である精神力に対し「飲まれないように僕も気持ちで向かいたいと思います」と、こちらも真っ向からぶつかる姿勢を見せた。

 スーパー・フェザー級においては、3月の「K’FESTA.4 Day.2」において武尊vsレオナ・ペタス戦が歴史的な名勝負となった。この一戦に対する感想を聞かれた両者。島野は「一番は試合に対する覚悟がずば抜けていた」と、武尊とレオナの覚悟に感銘を受けたとのこと。「一選手として、そこを準備することから逃げずにこの一戦に臨みたい」と、自らも決死の覚悟で戦う姿勢を見せた。対する佐野もまた「僕も選手ですけど、あんな試合が出来たらいいなと思う」と、島野との一戦への覚悟を垣間見せた。

島野浩太朗
「前回武道館大会に続き、実力者との一戦が決まりました。必ず破って一歩先をつかみたいと思います。(3戦連続のK-1出場について)前回で節目の40戦をやらせていただきました。前回前々回の試合は自分のキャリアの中でも濃い、忘れることのできない試合になりました。(佐野の印象)印象はすごく技術の高い、天才肌の選手だと思います。(佐野の武器は?)どの試合でも、自分100\%で3Rを戦いきる強さを持っている選手だと思います。

(武尊vsレオナ・ペタスの感想)先日のタイトルマッチを見たときに、誰もがすごいなと思ったと思います。そのすごいなというのは技術だったり駆け引きだったりいろいろあると思いますが、一番は試合に対する覚悟がずば抜けて、他にはないものだったからああいう試合になったと思います。一選手としてそこを準備することから逃げずにこの一戦に臨みたいと思います。(どんな勝ち方をしたいか)自分は決して器用なタイプではないですが、天才はこうして破るというのを結果として証明したいと思います。

(40戦を迎えて何が見えてきたか)あの一戦で、自分の伝えられた気持ちの価値を絶対に落としたくない。あの一戦が大切だったとこれから胸を張って言うためにも、絶対に落とすことのできない戦いだと思います。(今回のテーマ)自分は不器用ですけど、天才というものにリングではこうして勝つというのを証明する、そういう試合だと覚悟しています」

佐野天馬
「2014年11月の旗揚げ戦以来のK-1なので、熱い試合ができるようにがんばります。(出場が決まったときの心境)僕は戦うところはどこでもよかったんですが、応援してくれる人や友だちから『K-1いつでるの?』と言われていたので、素直にうれしかったです。(どんなところを見て欲しいか)この間の武尊君とレオナ・ペタス選手の試合を見て、自分も人に何かを伝えられる試合をしたいと思ったので、そんな試合を見せたいと思っています。

(島野の印象)元Krushチャンピオンで、気持ちで戦ってくるような選手。飲まれないように僕も気持ちで向かいたいと思います。(島野の武器)気持ちが一番の武器だと思います。(武尊vsレオナ・ペタスの感想)本当にすごかった。僕も選手ですけど、あんな試合が出来たらいいなと思いました。(島野の気持ちを折る自信は?)自信はあります」

 

選手登録