2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第5試合で鷹大に判定勝利を収めた玖村修平は、KO決着率が高かった大会の中で倒せなかったことを反省。しかし新人時代にタイトルマッチをしている試合を見ていたという鷹大に勝てたことに自身の成長を感じ、またKrushでの王座決定トーナメントで新美貴士に敗れてからの再起戦だったこともあり、勝利に安堵したという。

 また、当初発表されていた才賀紀左衛門との同郷対決にも意欲を見せ、新美へのリベンジ、弟・将史とともにK-1王者になるというビジョンを語った。

「昨日は『K'FESTA.4』っていう大きなリングで勝てたのはすごくうれしかったんですけど、KOがすごく続いてる中で判定勝ちに終わって。倒せなかったというのは課題が残った試合でした。でもとりあえず一つ勝てて、ホッとしてます。

(一夜明けての心境は?)相手の鷹大選手は、僕がデビューしてまだ駆け出しの頃に、東京で僕のいた団体のメインイベントでタイトルマッチをしていた選手で、そんな選手と試合ができて勝てたっていうのは、『ここまでやって来たか』というか、すごく自信がつきました。

(自分の試合を振り返って?)ちょっと固かったですね。倒そうと急ぎすぎたというか。でも絶対勝たないといけない試合だったんで、いろんな課題はあるんですけど、よかったと思います。

(今後の目標は?)とりあえず今回は、はじめに決まってた才賀選手とは地元も同じで、すごく地元で盛り上がって注目してもらってたんで、やりたいなと思ってますし、Krushでも僕はトーナメントでチャンピオンに負けてるんで、そのチャンピオンにリベンジするためにも、一戦一戦倒して、最終的にK-1のチャンピオンにたどり着きたいと思います。

(昨日の試合で目指すスタイルは見えた?)そうですね。僕は蹴りがもともと得意で、K-1に来たらパンチが強い選手が多くて自分の得意な蹴りを生かせられなくて、中途半端にパンチに走ってしまったところがあったんですけど、蹴りも生かしながらパンチで攻めるっていう、自分の理想のスタイルに近づいてきたかなと思います。
(今後、『玖村兄弟の日』にするには?)弟がずば抜けてるというか、天才なんで、後を追ってる感じなんですけど、弟もK-1のベルトをすぐ獲ると思うんで、まず僕もKrushのベルトを獲って並んでから、いずれ玖村兄弟でK-1のチャンピオンとして並びたいと思います」

 

選手登録