2021.03.29

 3月29日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2」の一夜明け会見が行われた。

 第8試合で三輪裕樹とK-1スーパー・フェザー級スーパーファイトを戦った島野浩太朗は、パンチを主体に攻め立て、3-0で判定勝利。昨年の12.13K-1両国国技館大会で、約3年ぶりのK-1出場を果たしたものの芦澤竜誠にKO負けしていたが、連続参戦となった「K’FESTA.4」の大舞台で、プロ40戦目となる節目の試合を白星で飾ることができた。

「昨日の試合は対戦相手の三輪選手の覚悟、気持ちっていうものを凄く強く感じた試合でした」と、対戦相手の三輪を讃えた島野。自分の試合映像はまだ見ておらず、その理由も「試合で感じた感覚をそのまま持ってこようと思って、まだ試合は見ていないです」という独特のもの。

「相手の三輪選手もそういう覚悟できているのは伝わりましたし、自分もそう感じて試合をしたので、それを失いたくなくて、そのまま来たかったですね」と、あくまで対戦相手へのリスペクトを忘れない侍精神をのぞかせた。

 今後については、「次の一戦に向けて、1%でも強くなれる自分を作っていけるように精進していきたいです」と具体的な目標を語ることはなかったものの、求道者の如く、さらなる高みを目指していくようだ。

「昨日の試合は対戦相手の三輪選手の覚悟、気持ちっていうものを凄く強く感じた試合でした。自分としては節目の40戦目なので、勝利という結果を本当に嬉しく思います。

(一夜明けての心境は?)試合で感じた感覚をそのまま持ってこようと思って、まだ試合は見ていないです。(今後の目標は?)次の一戦に向けて、1%でも強くなれる自分を作っていけるように精進していきたいです。

(試合で感じた感覚をそのまま持ってこようというのは、どういう感覚?)昨日の試合をして、自分が実際に感じた感覚というのは、試合を1回画面越しに見ちゃうと、その感覚が薄れるわけじゃないんですけど、ちょっと考えが入ったりとか、違う見方が生まれたりすると思ったんで、自分が感じたままこの会見まで来ようと思って、試合を見ずに来ました。相手の三輪選手もそういう覚悟できているのは伝わりましたし、自分もそう感じて試合をしたので、それを失いたくなくて、そのまま来たかったですね。

(ゴーゴーカレーでのゴーゴーリカバリーをすると前日の会見で言っていたが、計量の後に本当に食べたのか?)ゴーゴーカツカレーです(笑)。リカバリーも験も両方担いで、最高の状態にリカバリーすることができました。(普通はお粥とか胃に優しい物を食べるが、カレーのような刺激物を入れても問題ない?)あれはですね、10年前、Krushでデビュー戦をした時から、会長に付き添いで計量に来ていただいているんですけど、その時からルーティンでゴーゴーカツカレーを試合前日に食べてます」

 

選手登録