2021.03.29

 3月29日(月)「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2」の一夜明け会見が行われた。

 第9試合で1年ぶりにリングに上がり、新鋭の鬼山桃太朗をKOして復活勝利を飾った金子晃大は、言葉少なにKOで勝利できたことを自己評価。

 テーマにしていた「穏やかさ」が、初めてリングチェックを行ったことで実現できたと語るとともに、1年前に敗れた玖村将史へのリベンジ、武居由樹の返上により空位となっているK-1スーパー・バンタム級王座の獲得へと意欲を見せた。

「昨日の試合は穏やかにやっていくっていうのは、そのままできたかなと思いますね。(一夜明けての心境は?)まあとりあえず最低限、倒して勝つっていうのはできたかなと思います。

(自分の試合を振り返って?)そんなちゃんと見てないんですけど、この後しっかり見てみようかなと思います。(今後の目標は?)今(スーパー・バンタム級王座が)空位なんで、自分がしっかりそこを獲っていけるような選手になりたいというか、そのチャンスをほしいなと思ってます。

(体が前より大きくなっていますが、フィジカルに力を入れた?)フィジカルというか、大きい選手とけっこうスパーをしてきたんで、それでですかね。

(自分が一番変わった部分は?)穏やかさですかね。(詳しく言うと?)穏やかな気持ちで入場して……自分、K-1でリングチェックをしたことがなくて、今回初めてやったんですよ。それで『こんな感じかな』と分かったので、そういう意味で穏やかにいけたかなって感じで。

(初黒星をつけられた玖村選手にリベンジしたい?)それはやっていこうと決めたんで、やっていきます」

 

選手登録