2021.03.29

 3月29日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 Day.2~」日本武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 第12試合に登場したKrushスーパー・バンタム級王者の玖村将史は、-56kg契約で初参戦となるダウサコン・モータッサナイと対戦。試合前から「圧倒的に勝つ」と公言していた将史は、終始自分のペースでダウサコンを攻め立て、2Rに左フックからの右ストレートで殴り倒し、見事なKO勝利を飾った。

「相手に何もさせないというのはできたかなと思うんですけど、もっと圧倒できたかなというのもあったんで、課題も見つかったし、いい試合になったかなと思います」と試合の感想を語った将史。

 大舞台でド派手な勝利を飾りながらも、「これから玖村将史の強さを証明していけたらなと思います」と、その視線はさらなる高みへと向いているようだ。

「自分がK-1で一番強い」ということに自信を持っている将史は、昨年の「K’FESTA.3」で退けた金子晃大がリベンジマッチを表明しても、「今やっても早いんやないですか? まあ、やってもいいですけど、結果は変わんないですね」と素っ気ないもの。メインイベントでレオナ・ペタスをKOした武尊を見ても、「あの試合は凄かったと思いますけど、それで自分より強いなとは思わないですね」と、強さへの自信は揺るぎないものがある。

 それを手っ取り早く証明できるのがK-1王座の獲得となるが、現在空位となっているK-1スーパー・バンタム級王座も当然、将史の視野に入っている。「ワンマッチになるのか、トーナメントになるのかわからないですけど、どっちでも絶対に獲れるんで、用意された試合をやっていこうかなと思っています」と、王座奪取に自信を見せていた。

「昨日はとりあえず2RでKOできて良かったかなと思っています。(一夜明けての心境は?)とりあえず勝てて良かったかなと思っていますけど、次に向けて行こうかなという感じです。(映像で見て振り返ってみて、どんな試合だったと思う?)相手に何もさせないというのはできたかなと思うんですけど、もっと圧倒できたかなというのもあったんで、課題も見つかったし、いい試合になったかなと思います。

(今後の目標は?)ベルトを獲ることも目標なんですけど、これから玖村将史の強さを証明していけたらなと思います。(金子選手ともう一度戦う可能性もあるが、昨日の試合の印象は?)見てないんですけど、まだ。今やっても早いんやないですか? まあ、やってもいいですけど、結果は変わんないですね。

(空位になっているベルトに関して、外国人選手が来られるのを待つのか? それとも日本人対決でもいいからやりたい?)それは一番強いチャンピオンとして認められる試合やったら、どういう形でやってもいいかなと思っています。それがワンマッチになるのか、トーナメントになるのかわからないですけど、どっちでも絶対に獲れるんで、用意された試合をやっていこうかなと思っています。

(公開練習で自分がK-1で一番強いと言っていたが、昨日の武尊選手の試合を見てもその自信は揺るがない?)そうですね。あの試合は凄かったと思いますけど、それで自分より強いなとは思わないですね」

 

選手登録