2020.12.14

 12月14日(月)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館大会の一夜明け会見が行われた。

 昨日の第5試合では瓦田脩二が大沢文也とジムを超えた先輩後輩対決を制して判定勝ち。瓦田は絆がある間柄だからこそ「当日までいつも以上に追い込むことができました」と試合を振り返りつつ「文也くんとは何度もスパーリングしていますし、自分のことも見てくれている先輩なので、こっちが何か攻撃しようとしたらカウンターを合わせられるかもしれないなっていう緊張感がありました」と戦いの裏側を語る。

 そのうえで「昨日越えた山は本当に高い山だったと思うので、来年もっと自分がこの経験を活かして成長している姿を見せることができればいいなと思っています」とさらなる飛躍を誓った。

瓦田脩二
「応援ありがとうございました。昨日は尊敬する大好きな大沢選手と試合が決まって、色んな思いがあったんですけど、文也くんだったからこそ当日までいつも以上に追い込むことができましたし、昨日のような試合ができたかなと思っています。本当にありがとうございました。

(先輩を超えた心境は?)文也くんは自分がアマチュアの時から憧れている存在で、本当に自分よりもっともっと上の選手だと思っていました。そういう選手に勝てたことが本当に嬉しいと思っています。一番最後に文也くんと座って喋っている時は涙が出てきそうになりました。

(やりにくさはなかった?)もしかしたら遠慮しているみたいに思った人もいたかと思うんですけど、文也くんとは何度もスパーリングしていますし、自分のことも見てくれている先輩なので、こっちが何か攻撃しようとしたらカウンターを合わせられるかもしれないなっていう緊張感がありました。それで自分が手を出せなかったっていうのが正直なところです。気持ち的に開き直ってはいたんですけどカウンターを狙われているような気がして、1ラウンドは手を出せなかったです。

(この試合のためにどんな練習をしていた?)文也くんは自分が思っているより何倍も強いと思って練習してきて、文也くんは左フックが得意だし、左フックを出しづらいように動いて右ストレートを打ったところに左フックが飛んできて、そういうところを裏を突かれたと思いました。(大沢とは)昨日も今日も連絡していて、ご飯に行こうと言っていて、今調整している状況です(笑)。

(今後の目標は?)昨日越えた山は本当に高い山だったと思うので、来年もっと自分がこの経験を活かして成長している姿を見せることができればいいなと思っています。今年1年応援ありがとうございました。来年もっと強い自分を見せれるよう応援よろしくお願いします」

 

選手登録