2020.12.14

 12月14日(月)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館大会の一夜明け会見が行われた。

 元プロボクサーにして元Krushバンタム級王者の佐々木洵樹と璃明武による無敗対決は、1Rに左フックでダウンを奪った佐々木が制判定勝ちを収めた。

 結果として無敗記録を更新した佐々木だったが「よかったのは最初にダウンを奪った左のオーバーハンドフックぐらい」と試合内容を反省。「自分が持っているものはこんなもんじゃないと思っているし、古川会長もそう言ってくれるので、自分が持っている10のうち10出せるような試合をしたいです」と今後の課題を口にした。

 また昨日の大会でボクシングへの転向を表明した元同門の武居由樹に「世界チャンピオンに本当になれると思っている」とエールを送り「由樹くんが抜けてみんな寂しい気持ちがある中で、自分がPOWER OF DREAMの日本人選手の最年長ということで、行動でみんなを引っ張っていけるよう頑張りたい」とジムを引っ張る存在になりたいと語った。

佐々木洵樹
「璃明武選手、自分と戦って頂いてどうもありがとうございました。ファンのみなさま応援ありがとうございました。(あまり持ち味が出せなかった試合だが)よかったのは最初にダウンを奪った左のオーバーハンドフックぐらいですかね、。あとは上手くいかなかったです(苦笑)。(後ろ回し蹴りを出したのは?)あんまり記憶がないんですけど、やっぱり璃明武選手の顔を見て思い出したところがあったのかなって。帰って見返します。

(憧れていたアンディ・フグのカカト落としは?)それも全く練習していなかったんですけど、直前でマネージャーか誰かに『今日はカカト落としはやらないのか?』って言われて、ふと思い出して集中力が切れたところはありました…。今年は1年で2試合やらせてもらったんですけど、成長した部分もあったし、自分で持っているものを出し切れていないというのがあって、昨日の試合でも自分への失望と会長への申し訳なさが1番です。(ここからどう自分を修正したい?)自分が持っているものはこんなもんじゃないと思っているし、古川会長もそう言ってくれるので、自分が持っている10のうち10出せるような試合をしたいですね。

(今後の目標は?)(武居)由樹くんに試合が終わった後も『ほんと頼みますよ!』みたいな感じで言われたんですけど、これからは由樹くんが返上をしたベルトを狙いに行きます。ただ昨日の内容では、なかなかまだ(ベルトとは)言えないし、ジムの雰囲気としては由樹くんが大黒柱だったので、由樹くんが抜けてみんな寂しい気持ちがある中で、自分が日本人選手の最年長ということで、行動でみんなを引っ張っていけるよう頑張りたいです。

(武居のボクシング転向について)2年前は自分がボクシングから転向して、由樹くんから『頑張りましょう』って言われていたのが、今後は由樹くんがボクシングに行って自分がK-1に出ている今の状況を見て、本当に人生って分からないもんだなって改めて思いました。自分はもう由樹くんのいちファンだし、由樹くんだったらボクシングの世界チャンピオンになれると思っているし、頑張ってほしいです。これからも関係は続いていくと思っているので、みなさん楽しみにしていてほしいと思います。

(ここまでのキャリアは順調?)もちろん無敗対決で勝ったっていうことは、勝つと負けるとでは全然違うと思うんですけど、自分が思い描いている戦い方と会長が描いている戦い方と全然比例していないので、結果だけ見れば上手く行っていると思います。なのでさらに上を目指さないとなっていう、いま危機感を持っています」

 

選手登録