2020.12.14

 12月14日(月)都内にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」両国国技館会の一夜明け会見が行われた。

 第1試合でスーパーファイトで鈴木勇人と対戦した不可思。大会の火付け役として第1試合を任された両者は、その期待に違わぬ激闘を展開。2Rに激しいダウンの応酬を繰り広げ、2度のダウンを奪われてKO寸前に追い込まれた不可思だったが、猛連打で逆襲すると、最後は右ストレートでKO勝利を飾った。

 連敗脱出に成功した不可思は「一番は勝って、いい結果が出せてよかった。あと、第1試合として大会に火をつける試合ができた」。かねてより自身が口にしていた“K-1に向けたスタイル”に関して問われると「9月の大阪とは違う戦い方をして、前回よりはだいぶよかったと思う」と分析。2021年の展望として「来年の終わりくらいにはタイトルに絡めるようにしたい」と語った。

不可思
「昨日の試合はやっぱり一番は勝って、いい結果が出せたっていうのがよかったなという感じです。あと、第1試合を任せてもらえたっていうので燃えていたので。第1試合として大会に火をつける試合ができたので、それはよかったと思います。(戦ってる最中の心境は?)火をつけようっていうのは、試合前は気持ちではありましたけど、戦ってるときは火をつけるとかそういうのじゃなくて、自分の出せるものを全力で出すっていう感じで、何も細かいことは考えてなかったです。おもいきりやろうという感じでやって、それは出せたかなという感じです。

(かねてから口にしていた“K-1に向けたスタイル”は何%くらい出せた?)K-1に向けたスタイルとしては、どうですかね。でも、9月の大阪のときの試合とは、またいろいろ違う戦いかたをしたんですけど、前回よりはだいぶよかったかなと思います。まだまだ、もっとよくしていく必要は、もちろんあると思うんですけど。

(ダウンの応酬については?)みんな、応援してくれる人とかハラハラさせちゃうんで、たまにはスマートにスカッと勝ちたいなと思いますけど。まあ、お客さんが盛り上がってくれるなら、それで結果自分が勝てればいいかっていう感じです。(2021年の展望は?)やっぱり、タイトルに絡んでいけるようになりたいです。そんな急にはもちろんできないと思うので、来年の終わりくらいには絡めるようにしていきたいなと思います。

(ファンにメッセージを)また、ここからK-1盛り上げていくので。今年最初と途中、いい結果を見せられなかったんですけど、ここから復活して盛り上げていくので、来年も楽しみにしてください」

 

選手登録