2020.12.13

 12月13日(日)東京・両国国技館にて「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1冬の大一番~」が開催された。

 今大会のメインイベントではライト級タイトルマッチとして王者・林健太と挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレックが激突。両者は3年前に対戦しており、その時はゴンナパーがKO勝利を収めた。リベンジと王座防衛を狙った林は得意のパンチで前に出るが、ゴンナパーも強烈な左ミドルと左ローで応戦。3Rフルに打ち合った試合は判定2-0でゴンナパーに軍配が上がり、同門の兄貴分ゲーオに続く、タイ人K-1王者となった。

 セミファイナルでは木村“フィリップ”ミノルがK-1スーパー・ウェルター級王者としての初戦で、HEATミドル級王者のアビラル・ヒマラヤン・チーターと対戦。185㎝の長身を誇るアビラルの右ストレートで先制ダウンを奪われた木村だが、そこからダウンを奪い返し、最後はアビラルの出血および負傷によりTKO勝ち。これで10連続KO勝利となった。

 試合後、木村は「日本で一番パンチが強いのは僕だと思うので、メイウェザーが試合をやるなら僕と見たくないですか?」とボクシング世界5階級王者フロイド・メイウェザーとの対戦に興味を示した。

 第8試合では芦澤竜誠が昨年6月以来、1年6ヵ月ぶりに復帰。島野浩太朗を激しい打ち合いの末に2RでKOし、今後の活躍を期待させる結果となった。

 今大会はプレリミナリーファイト全5試合がKO決着になるなど、K-1らしい倒し合いが続出。第7試合では朝久泰央がタフな蓮實光を3RでKOし、ライト級王座への挑戦をアピール。第1試合では2連敗中の不可思が鈴木勇人から逆転KO勝利を収め、復活の狼煙をあげた。

☆全試合結果・写真・レポート


 

選手登録