2019.09.01

 9月1日(日)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「K-1 KRUSH FIGHT.104」の一夜明け会見が行われた。

 3月の「K'FESTA.2」でKANAとの再戦に勝利し、今回がKRUSH初参戦となったヨセフィン・ノットソン。今大会はK-1 JAPAN GROUP無敗の壽美との対戦だったが、止まらない手数とステップワークで壽美を翻弄して完勝を収めた。一夜明け会見でヨセフィンは昨日の試合で本来の動きやKOが見せられなかったことを悔やむ一方、改めて世界トーナメントの開催を熱望。戦いたい相手としてKANA、元KRUSH女子王者のメロニー・ヘウヘスの名前を挙げた。

 会見に同席した中村拓己K-1プロデューサーは「KANA選手がK-1に出場してから女子のトーナメントをやりたいとアピールしていて、ヨセフィン選手からもアピールがありました。女子も選手が集まって来て、盛り上がりを感じているので、いずれはトーナメントを開催したい」とK-1での女子トーナメント開催に前向きな姿勢を見せた。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/mKUpGicPvLA

ヨセフィン・ノットソン
「自分の全てを出し切れた試合ではなかったけれど、勝てたことは非常に嬉しいです。試合内容は自分の動きが雑な感じでまとまってない動きが多くなってしまった。相手の壽美選手も前には来るけど雑なファイトスタイルだったので、そういう意味では同じような戦い方になってしまったと思う。次回はもっと良い試合をできるようにします。

(KOを狙って力んでしまった部分があった?)もちろんKOは狙っていて、振り返ると試合中に何回かKOできるチャンスがあったのではないかと思う。ただ距離が近づきすぎてクリンチになるタイミングもあったり、そこは雑な試合運びにつながってしまったと思う。次回はもっと集中してKOできるような試合をしていきたい。

(試合後にKANAとは何か言葉を交わした?)KANAは試合後だけでなく試合前にも控え室に来てくれて『頑張って』と声をかけてくれた。私からも彼女が大阪で勝ったことに対して『おめでとう』と伝えて、試合後にKANAからは『おめでとう』という声をかけてくれた。(世界トーナメントが実現したら戦ってみたい相手は?)私の階級には世界に色々な素晴らしい選手がいるけれど、1勝1敗のKANAとは決着をつけるという意味でも戦いたい。またKRUSHでKANAと戦っているメロニー・ヘウヘスも非常にタフな相手なので戦ってみたいと思う。

(今後の目標は?)やはり第一はこの階級で自分が一番だと証明すること。そういう意味でも今までトーナメントにこだわったコメントをしてきて、ベストの選手が集まるトーナメントで優勝してK-1のベルトを巻いて。自分が一番だというのを皆さんに証明したい。(ファンの皆さんにメッセージは?)皆さんいつも本当に応援ありがとうございます。試合前・試合後に皆さんからいただく応援がはるばるスウェーデンから来る自分にとって非常に力になっています。また近い将来皆さんの前に戻ってきて試合ができることを楽しみにしています」

 

選手登録