2019.08.30

 8月30日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、8月31日(土)後楽園ホール「K-1 KRUSH FIGHT.104」の前日計量・会見が行われた。

 第7試合ではヨセフィン・ノットソンvs壽美の女子-52kg契約の一戦が組まれた。ヨセフィンは昨年11月のK-1初参戦こそKANAに判定負けを喫したが、今年3月の「K'FESTA.2」ではKANAを完封して雪辱を果たし、K-1女子での地位を確立した。対する壽美はK-1 JAPAN GROUPで3連勝中で、今年はフランス遠征も経験するなど波に乗った状態で大番狂わせを狙う。

 以前、ヨセフィンを理想のファイトスタイルだと語っていた壽美は「自分の恩師のグレイシャア(亜紀)さんとも試行錯誤して、理想を超える練習を100%してきたので勝つと言えます」とヨセフィン超えを宣言。

 ヨセフィンも「私は全ての試合が世界大会の決勝を戦うという気持ちでやっていうる。壽美にも自信を持ってリングに上がってもらわないと盛り上がる試合ができない」と壽美のファイティングスピリットを称え「明日は会場を暖められるような激しい試合をお見せしたい」とファンに激闘を約束した。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/rBAtl-mHvVw

壽美
「今回もとにかくやり切りました。倒すとか倒さないとか一切考えてなくて、ただもう本当に勝ちに行く試合をしようと思っています。(ヨセフィンのことを理想のファイトスタイルだと言っていたが、その理想に勝つイメージは出来上がっている?)理想を超えるために色んな練習をしてきました。自分の恩師のグレイシャア(亜紀)さんとも試行錯誤して、理想を超える練習は100%してきたので勝つと言えます。

(タイトルマッチ前の試合ということで期待値の高い一戦だと思うが?)自分の良さは結局変わらなくて気持ちの強さだと思っています。そこを全面に出して行こうと思っているので見てほしいです。(心境的は落ち着いている?)緊張はあるんですけど、緊張が70%、ワクワクが30%って感じですね。今ままでの試合前よりも心も身体も一番良いかなって自分では思っています。

(それだけ自信がある?)そうですね。今回自分の中でどういう練習をしたら勝てるかって凄い考えて、自分から男の選手と練習してもらったりとか、練習内容とかも凄い考えて自分でやったので自信はありますね。

(対戦カード発表の記者会見では『今まで自分は気持ちだけだったので技術も磨く』と話をしていたが)結局やっぱり自分は気持ちだなって最終的に思ったんですけど、技術的な面では受け返しとかそういう基礎的な練習も多くしてきたので大丈夫です。でも…最後は気持ちで行きます(笑)。

(今回はK-1の女子トーナメント実現に向けた試合にもなると思うが?)もしトーナメントが開催されれば、自分も出たいという気持ちは凄い強いんですけど、そこはもう今は一切考えないで目の前の試合のことを100%考えてます。(ファンの皆さんへメッセージは?)もうやることは全てやったのであとは全部明日リングで全て出します」

ヨセフィン・ノットソン
「私は今身体も気持ちも非常に充実していて、明日の試合に向けて準備万端です。私もこの試合に向けてハードなトレーニングを積んできました。毎回相手が誰であろうと自分の持てるものを全て出すために練習していますので、明日も同じような試合を皆さんにお見せしたいと思います。(壽美の『ヨセフィンを超えるための練習をしてきた』という発言に対して)私にとっては全ての試合が世界大会の決勝を戦うという気持ちで試合に臨んでいます。そういう意味では壽美も自信を持ってリングに上がってもらわないと盛り上がる試合ができないと思うので、私自身もこの試合に向けて準備はできています。

(タイトルマッチ前の試合ということで期待値の高い一戦だと思うが、その中でどんな試合を見せたい?)明日のタイトルマッチの試合前に会場を温められるような激しい試合をお見せしたいと思っています。(自分のポジションを奪いにくる選手を迎え撃つ気持ちは?)自分にとって今いるポジションというのは理想としていたものです。みんなから追われる立場になったので、とても良い状況になったと思っています。自分はこの階級でトップファイターになるので、そのためには強い選手と戦っていかなければいけないと思っています。追われる立場になれば自然と強い選手と戦っていくことになるので自分にとっても凄く良いことだと思っているわ。

(今回はK-1の女子トーナメント実現に向けた試合にもなると思うが?)もちろんトーナメントのことは考えたいけど、まず今回は壽美との試合のために日本に来ているのでこの試合に集中しています。この試合で自分のベストを尽くして勝ちを掴み、その勝ちの先にトーナメントが実現して、そこに参戦することができれば、自分にとって一番嬉しいことだと思う。

(ファンの皆さんへメッセージは?)ファンの皆さんいつもたくさんの応援ありがとうございます。日本、そして地元のスウェーデンのファンの応援のおかげで凄く力をもらっていることを自分自身も感じています。今回の試合では自分の持てるものを全て出して応援してくださるファンの皆さんが楽しんでいただけるような試合をしたいと思います。会場で皆さんに会えるのを楽しみにしているわ」

 

選手登録